it-swarm-ja.com

このpreseedスニペットを変更して、ハードドライブをパーティション分割するにはどうすればよいですか?

私は最初のUbuntu Server 10.04-4 LTS x64 preseedファイルを作成しようとしていますが、ハードドライブのパーティション分割の側面がわからないのではないかと心配しています。

次のように構成する必要がある2TBのハードディスクがあります(このシステムにはハードウェアRAIDが既に構成されているため、OSインストールでは1つの大きなハードドライブのみが表示されます)。

パーティション:

  • /-40 GB(ext4、ブート可能である必要があります)
  • / swap-32 GB
  • / local-残りのすべての空き領域(ext4)

ファイルシステムはext4(もちろんスワップを除く)である必要があり、/はブート可能でなければなりません。また、LVMではなく通常のパーティションを使用する必要があります。また、現在ディスク上にあるデータについては気にしません。私はこのページの例を通して何かを調理しようとしていませんでした:

http://www.tylerlesmann.com/2008/jul/06/fun-preseed/

私はちょうどこの例を見つけましたが、私の正確なニーズに基づいてそれを修正する方法が不確かです(このフォーラムはすべてのコメント行を太字にしているため、#コメント記号をすべて&記号に置き換えなければなりませんでした):

# If not, you can put an entire recipe into the preconfiguration file in one 
# (logical) line. This example creates a small /boot partition, suitable 
# swap, and uses the rest of the space for the root partition: 
# d-i partman-auto/expert_recipe string \
# boot-root :: \
# 40 50 100 ext3 \
# $primary{ } $bootable{ } \
# method{ format } format{ } \
# use_filesystem{ } filesystem{ ext3 } \
# mountpoint{ /boot } \
#. \
# 500 10000 1000000000 ext3 \
# method{ format } format{ } \
# use_filesystem{ } filesystem{ ext3 } \
# mountpoint{ / } \
# . \
# 64 512 300% linux-swap \
# method{ swap } format{ } \
#.

どんな助けでも大歓迎です(* nixが信じられないほど新しいので、注意して取り扱ってください)! =)

2
Sniperm4n

LinuxQuestions.orgのTobiSGDは、これを解決してくれました。解決策は次のとおりです。

「最初に、d-i partman-auto/choose_recipe select atomicを設定した場合、インストーラーはレシピを使用しないため、コメントアウトします。

希望のサイズに修正された実際のレシピは次のとおりです。

d-i partman-auto/disk string /dev/sda
d-i partman-auto/method string regular
d-i partman-lvm/purge_lvm_from_device boolean true
d-i partman-lvm/device_remove_lvm boolean true
d-i partman-md/device_remove_md boolean true
d-i partman-lvm/confirm boolean true
#d-i partman-auto/choose_recipe select atomic
d-i partman-auto/expert_recipe string \
boot-root :: \
   40000 50 41000 ext4 \
   $primary{ } $bootable{ } \
   method{ format } format{ } \
   use_filesystem{ } filesystem{ ext4 } \
   mountpoint{ / } \
. \
500 10000 1000000000 ext4 \
   method{ format } format{ } \
   use_filesystem{ } filesystem{ ext4 } \
   mountpoint{ /local } \
. \
   32000 512 33000 linux-swap \
   method{ swap } format{ } \
.

d-i partman/confirm_write_new_label boolean true
d-i partman/choose_partition select finish
d-i partman/confirm boolean true
d-i partman/confirm_nooverwrite boolean true

マウントポイントとパーティションのサイズを変更しました。 preseedでインストーラーに正確なサイズを与えることはできないので、/-partitionは40000MBから41000MBの間に設定され、swapは32000MBから33000MBの間に設定されることに注意してください。ディスクの残りの部分はパーティション化され、/ localとしてマウントされます。」

2
Sniperm4n