it-swarm-ja.com

起動時にワイヤレスを無効にする

Ubuntu 10.04を使用していますが、起動するたびにワイヤレス接続が有効になります。

デフォルトで無効にしますが、後で有効または無効にすることができます。

ワイヤレスアダプタを無効にする方法を知りたい。 WindowsではFn + ...のようなものですが、Windowsでは最後の状態を記憶しています。 Ubuntuでは、起動時にワイヤレスアダプターが常に有効になります。

私が押すと Fn+F2 これらのダイオードとワイヤレス+ Bluetoothを無効にします。

14
Eugene

カードを無効にする方法はたくさんあります。私が言う最も簡単なことは、置くことです:

Sudo ifdown wlan0 

/etc/rc.localの上のexit 0で。これにより、ワイヤレスカードが無効になります(wlan0をワイヤレスインターフェイスカードに置き換えてください)

キーボードの押下で有効/無効にする場合、 buntu Forumsのこのスレッド は、キーボードイベントをスクリプトにリンクする方法を説明しています。キーを押すときにトグルを切り替えたい場合は、スクリプトにロジックを追加する必要があります。最も簡単な方法は、有効にするキーと無効にするキーを用意することです。

ダウンスクリプト

    #!/bin/bash
    IFACE=wlan0
    ifconfig ${IFACE} down

スクリプト

    #!/bin/bash
    IFACE=wlan0
    ifconfig ${IFACE} up
11
Hellola

特定の接続への接続を非常に簡単に自動的に停止できます。

  1. Network Manager通知アプレットを右クリックします
  2. [接続の編集...]をクリックします。
  3. [ワイヤレス]タブで、デフォルトで無効にする接続の[編集]をクリックし、[編集]をクリックします。
  4. [自動的に接続]のチェックを外します
  5. [適用]をクリックし、ウィンドウを閉じて、すすいで繰り返します。

接続する場合は、アプレットを左クリックしてアクセスポイントを選択します。

注:これは、wifiカードの電源をオフにすることはなく、ワイヤレスアクセスポイントを引き続き検索します。これはあなたが探しているものではないかもしれません。しかし、もしそうなら、素晴らしい!

注2:接続が切断された場合、自動的に再接続されません。

2
Oli

次のような起動アプリケーションでセッションを作成します。

設定>>環境設定>>スタートアップアプリケーション

追加してから塗りつぶしコマンド:

dbus-send --system --type=method_call --dest=org.freedesktop.NetworkManager /org/freedesktop/NetworkManager org.freedesktop.DBus.Properties.Set string:org.freedesktop.NetworkManager string:WirelessEnabled variant:boolean:false

falseはオフを意味しますが、有効にすることもできます fn+F2 または、他の何か。

2
iKings94

ワイヤレスは、rfkillツールを使用して有効または無効にできます。これに基づくソリューションは、システムの起動時に状態を保存して復元できるようにします。

ステップ00:WiFi状態を保存するファイルの作成

cd /usr/local/etc
Sudo touch .wifistate
Sudo chmod 666 .wifistate

ステップ01:スクリプト

    #!/bin/bash
    IFACE="wlan1"
    STATE_FILE="/usr/local/etc/.wifistate"

    STATE="$(iwconfig $IFACE | grep Tx | cut -d '=' -f2 | grep off)"
    if [ "$STATE" ]
    then
       rfkill unblock wifi &&
       echo 1 > "$STATE_FILE" &&
       echo "Wireless enabled"
    else
       rfkill block wifi &&
       echo 0 > "$STATE_FILE" &&
       echo "Wireless disabled"
    fi
    exit 0;

ステップ10:スクリプトを実行可能にする

chmod +x <script name>

ステップ11:Ubuntu起動スクリプトを変更する

任意のテキストエディタで/etc/rc.localを開き(ルートとして編集する必要があります)、次のコードを追加します
exit 0;行の前:

    FILE="/usr/local/etc/.wifistate"
    if [ -r "$FILE" ]
    then
       if [ $(cat $FILE) -eq 0 ]
       then
          rfkill block wifi
       fi
    else
       rfkill block wifi
    fi

これで、ステップ01のスクリプトがキーボードイベントにリンクされるようになりました。最初の使用後、.wifistateファイルに0または1を書き込み、システム起動時にrc.localスクリプトがこの値を読み取ろうとします。0の場合、wifiを無効にします。
。wifistateファイルが存在しない場合、デフォルトでwifiは起動時に無効になります。

1
lunarphantasm

NetworkManagerの代わりにwicdを使用します。再起動/次回の起動後、wi-fi状態を記憶します。方法はわかりませんが、知っています。 :)

一部のNM機能が必要ない場合は、wicdを使用してください。使用と制御が簡単です。

1
PocketSam

FN + F2がUbuntuで動作しない場合(私の場合はAsus EeePCネットブックで動作するはずです)、 Jupiter を使用して本当にお勧めします。その甘い、よく磨かれた通知領域アプレット。

これを使用すると、BluetoothとWiFiを個別に有効化および無効化できます。また、ノートブックおよびネットブック用の他のNiceコントロールも有効化および無効化できます。再起動後の状態を記憶し、電源ごとに状態を記憶します(電源を接続すると常にWiFiをオンにでき、自動的にオンにできるバッテリーを使用しているときはオフ)。また、すべてのアクションをキーストロークにバインドできます。

ニースのレビューといくつかのスクリーンショット: http://www.webupd8.org/2010/06/jupiter-take-advantage-of-asus-super.html

公式プロジェクトページ: http://www.jupiterapplet.org/

PPA(APT/Synaptic/Software Centerの自動更新の場合: https://launchpad.net/~webupd8team/+archive/jupiter

Wiki(すばらしい技術文書): http://sourceforge.net/apps/mediawiki/jupiter/index.php?title=Main_Page

1
MestreLion

sysv-rc-confをインストールしてからルートとして実行し、wpa-ifupdownのランレベルS 0 1 2にXがあることを確認するか、インストール後にSudo sysv-rc-conf --level S012 wpa-ifupdown onと入力します。

0
keyboardsurfer

Sudo iwconfig wlan0 txpower offを試してください

wlan0をeth2またはご使用のwifiインターフェイスに置き換えます。

これにより、wifiアンテナが無効になり、電力が節約されますが、Network Managerが接続しようとするのを防ぐことはできないため、Oliの説明に従ってNetwork managerのwifi自動接続設定を無効にすることもできます。

0
ithkuil

Bruteforceは、wifi-kernelモジュールのブラックリストに登録されます。

  1. dmesg | grep atheros(またはPCの任意のもの)またはlsmod
  2. /lib/modules//kernel/drivers/wireless/...でそのドライバー/モジュールを探します
  3. を含むブラックリストファイル「no-wireless.conf」を/etc/modules.dに作成します。

    # blacklist wifi
    blacklist [a blacklist line for each name of your wifi modules eg. ath...]
    blacklist rfcomm
    blacklist mac80211

-

ただし、modprobe.bからこのファイルを削除して再起動する以外は、起動後にwifiを有効にすることはできません。

PS:システムを何らかの方法でバックアップする前に忘れないでください(たとえば、ubuntuのライブなど)

(申し訳ありませんがその下の記事を読んでいません)

0
8ohmh

[システム]> [設定]> [ネットワーク接続]> [ワイヤレス]を探して、リストされているwifiスポットが自動接続に設定されていないことを確認してください。これにより、ワイヤレスの起動は停止しませんが、接続ができなくなります。

0
Duncan

Sudo lshw -c networkを実行し、ワイヤレスカードのドライバーの名前を探します。 lsmod | grep DRIVERNAMEを実行して、ドライバーの正確な名前を表示します。次に、/etc/modprobe.d/blacklist.confに、ブラックリストEXACTDRIVERNAMEを示す行を追加します。これにより、起動時にwifiモジュールがロードされなくなります。 Sudo modprobe EXACTDRIVERNAMEをいつでも実行して、wifiを再起動します。

これは非常に効果的に機能しますが、最善の解決策ではありません。ワイヤレスカードは無効になりません。 OSがそれを使用するのを防ぐだけですが、まだオンになっていて、バッテリー電力を消費しています。

0
daithib8

あなたがそれを無効にしようとしている理由が何であれ、それがすべてのラップトップで機能するかどうかはわかりませんが、私にとってはうまくいきました:UbuntuはWi-Fiを無視するため、LANケーブルを接続すると、ソートすることができますシステムをロードする前に「オフにする」。

0
Nikita Volkov