it-swarm-ja.com

Wifiを接続または切断できないのはなぜですか?

Wifi接続が自発的にドロップするか、単に接続できません。 Ubuntu 10.04および11.04のユーザーは、問題の発生を報告しています。

dmesgを実行すると、次のように表示されます。

[210749.637705] wlan0: deauthenticating from 00:23:89:48:3b:b0 by local choice (reason=3)
[210778.632244] wlan0: deauthenticating from 00:23:89:48:3b:b0 by local choice (reason=3)
[210784.456359] wlan0: deauthenticating from 00:23:89:82:75:70 by local choice (reason=3)

これはかなり不可解です。

私は試しました:kill -9 wpa_supplicant、しかしwpa_supplicantは毎回再起動し続けます。

また、これは電源管理を有効にしたことが原因であると示唆する人もいます。ただし、電源管理が無効になっている状況で問題が発生したため、これは真実ではない可能性があります。

11
Tianyang Li

このバグレポートによると、 https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/linux/+bug/548992

この問題は、Ubuntuだけよりも大きいですが、Linuxディストリビューションにも影響を及ぼします。

RedHatのバグでは、問題を引き起こしているのはIPv6である可能性が高いことを示唆しています。 WiFiネットワークでIPv6を使用していない場合は、ネットワークマネージャーの設定をIPv6 Ingore(オランダ語版ではNegeren)に変更します

[ネットワークがIPv6に移行したら、この設定を再びオンに戻すことができます http://en.wikipedia.org/wiki/IPv6 ]

RedHatのバグはこちら: https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=590202

buntu Bug に参加するためにこの問題を抱えている場合は、wpa-supplicantに関する調査結果などの役立つ情報を追加し、Affects Meボタンをクリックして、誰がそれを報告するか、より優先順位が高くなります。 Ubuntuを私たち全員にとってより良いものにしてくれてありがとう。

NetworkManager Wifi to IPv6 ignore

4
Kat Amsterdam

レノボS12(Intel atom)ラップトップで11.04を使用すると、この問題が発生しました。

私にとっての解決策は、Network Managerを削除してWicdをインストールすることでした。

Wicdは使いやすく、非常に信頼性が高いことがわかりましたが、サポートされなくなりました。

Chrisのブログには、私にとって有効な答えがありました

また、ラップトップのAcer_wmiバグを回避する必要がありました。

ネットワークマネージャーを置き換えるには、次のコマンドを使用します…

Sudo apt-get install wicd && Sudo apt-get remove network-manager*

それ以来、11.04を11.10に置き換えましたが、wicdを必要としませんでした。 Network Managerにはいくつかの優れた改善があったようです。

注:Network Managerに対する私の信念は時期尚早だったようです。動作を停止し、Wicdに切り替えました。

幸運を!