it-swarm-ja.com

リアルタイムカーネルをインストールするにはどうすればよいですか?

私は同様の質問で多くのスレッドを読みましたが、答えを読んだ後、私は非常に混乱しています。私はそれらのリポジトリで多くのURLを見つけましたが、ubuntuの1つまたは2つのバージョン用にどのリポジトリが作成されているかについて議論していますが、11.10バージョンについては何も見つかりませんでした。それを求めるには早すぎますか? ubuntuをダウングレードして、リアルタイムカーネルにする必要がありますか?

26
George

RTカーネルプロジェクトの長期的な目標は、標準カーネルでRT機能をすべて使用すること、そして これは順調に進んでいます です。 RTパッチは過去に不規則なリリースがあり、2011年8月にkernel.orgがハッキングされたため、3.0バージョンは数か月間アクセスできませんでしたが、今は見栄えが良くなっています。 3.2(Ubuntu 11.10および12.04のカーネルバージョンと一致)、および3.4​​の別のバージョンについては、 here を参照してください。

Preciseを使用している場合、 Alessio BoganiのRealtime PPA を使用できます。これは、RTパッチが適用されたバニラカーネルを親切にパッケージ化し、バージョン番号との同期を維持しています。正確。

RTカーネルを手動でビルドする場合は、最初に必要なソフトウェアパッケージをインストールします。

Sudo apt-get install kernel-package fakeroot build-essential libncurses5-dev

次に、 Vanilla kernel および RT patch を取得します(バージョン番号はやや古く、必要に応じて調整します):

mkdir -p ~/tmp/linux-rt
cd ~/tmp/linux-rt
wget http://www.kernel.org/pub/linux/kernel/v3.x/linux-3.4.tar.bz2
# Alternatively, try http://mirror.be.gbxs.net/pub/linux/kernel/projects/rt/3.4/patch-3.4-rt7.patch.bz2
# if the following is not available:
wget http://www.kernel.org/pub/linux/kernel/projects/rt/3.4/patch-3.4-rt7.patch.bz2
tar xjvf linux-3.4.tar.bz2
cd linux-3.4
patch -p1 < <(bunzip2 -c ../patch-3.4-rt7.patch.bz2)

次に、次を使用してカーネルを構成します。

cp /boot/config-$(uname -r) .config && make oldconfig

プロンプトが表示されたら「フルプリエンプション」(オプション5)を選択し、プロンプトごとにEnterキーを押して他のすべてをデフォルト値のままにしてください。 -lowlatencyカーネルからの構成は、-genericカーネルの構成よりも良い開始点になる可能性があります。

次に、次を使用してカーネルをビルドします。

sed -rie 's/echo "\+"/#echo "\+"/' scripts/setlocalversion
make-kpkg clean
CONCURRENCY_LEVEL=$(getconf _NPROCESSORS_ONLN) fakeroot make-kpkg --initrd --revision=0 kernel_image kernel_headers

最後に、次を使用して新しいカーネルをインストールします。

Sudo dpkg -i ../linux-{headers,image}-3.4.0-rt7_0_*.deb

この時点で、RTカーネルを再起動できるはずです。カーネルの起動に失敗した場合は、起動パラメーターを再確認し、ブートローダーで適宜編集してください。たとえば、ACPI関数はリアルタイムシステムに影響する場合があります(rt.wiki.kernel.orgに記載されているとおり)。そのような場合は、acpi = offを追加することで解決できる場合があります。

ただし、RTパッチはNvidiaバイナリドライバーと互換性がないことに注意してください(ただし、以下のユーザー「rt-kernel」による投稿および回避策については この質問 を参照してください)。 Ubuntuカーネルパッチは存在しないため、以前にはなかったハードウェアの問題が発生する可能性があります。これは、PPAパッケージとコンパイルされたカーネルの両方に当てはまります。もちろん、-genericカーネルを起動して、トラブルが発生した場合はリアルタイムカーネルパッケージをアンインストールできます。

27
pablomme

別のオプションは、KXStudioのリポジトリからRTKernelをインストールすることです。彼は、オーディオと音楽の制作を目的とした一連のパッケージを保持しており、リアルタイムと低遅延のパッケージを持っています。

http://kxstudio.sourceforge.net/Main_Page https://launchpad.net/~kxstudio-team/+archive/kernel

3
Rafael Vega

私の知る限り、リアルタイムカーネルの開発はUbuntuのリリースサイクルに追いついていません。リアルタイムカーネルを実行する必要がある場合は、おそらく古いバージョンを実行する必要があります。

詳細については、 https://help.ubuntu.com/community/UbuntuStudio/RealTimeKernel を参照してください。

低遅延カーネルには、少なくともいくつかの現在の作業があるように見えることに注意してください: https://launchpad.net/~abogani/+archive/ppa?field.series_filter=oneiric .

2
belacqua

Nvidiaバイナリドライバーの使用に依存している場合は、このパッチで元のドライバーにパッチを適用できます(rt-patchesの3.4+カーネルのみ)。このパッチには保証も保証もありません。自己責任で使用してください。->

Index: kernel/conftest.sh
===================================================================
--- kernel/conftest.sh.orig
+++ kernel/conftest.sh
@@ -95,7 +95,7 @@
         fi
     fi

-    CFLAGS="$CFLAGS $OUTPUT_CFLAGS -I$HEADERS $AUTOCONF_CFLAGS"
+    CFLAGS="$CFLAGS $OUTPUT_CFLAGS -I$HEADERS -I$OUTPUT/Arch/x86/include/generated $AUTOCONF_CFLAGS"

     test_xen

@@ -126,7 +126,7 @@
     CFLAGS="$BASE_CFLAGS $MACH_CFLAGS $OUTPUT_CFLAGS -I$HEADERS $AUTOCONF_CFLAGS"

     if [ "$Arch" = "i386" -o "$Arch" = "x86_64" ]; then
-        CFLAGS="$CFLAGS -I$SOURCES/Arch/x86/include -I$SOURCES/Arch/x86/include/generated"
+        CFLAGS="$CFLAGS -I$SOURCES/Arch/x86/include -I$OUTPUT/Arch/x86/include/generated"
 Elif [ "$Arch" = "ARMv7" ]; then
     CFLAGS="$CFLAGS -I$SOURCES/Arch/arm/include -I$SOURCES/Arch/arm/include/generated"
     fi
@@ -512,7 +512,12 @@
             # and if it as an 'event' member.
             #
             echo "$CONFTEST_PREAMBLE
-            #include <asm/system.h>
+            #include <linux/version.h>
+       #if LINUX_VERSION_CODE > KERNEL_VERSION(3, 3, 0)
+         #include <asm/switch_to.h>
+       #else
+         #include <asm/system.h>
+       #endif
             #include <linux/pm.h>
             void conftest_pm_message_t(pm_message_t state) {
                 pm_message_t *p = &state;
@@ -965,11 +970,12 @@
             #
             echo "$CONFTEST_PREAMBLE
             #include <linux/acpi.h>
+            #include <acpi/acpixf.h>
             void conftest_acpi_walk_namespace(void) {
                 acpi_walk_namespace();
             }" > conftest$$.c

-            $CC $CFLAGS -c conftest$$.c > /dev/null 2>&1
+            #CC $CFLAGS -c conftest$$.c > /dev/null 2>&1
             rm -f conftest$$.c

             if [ -f conftest$$.o ]; then
@@ -980,6 +986,7 @@

             echo "$CONFTEST_PREAMBLE
             #include <linux/acpi.h>
+       #include <acpi/acpixf.h>
             void conftest_acpi_walk_namespace(void) {
                 acpi_walk_namespace(0, NULL, 0, NULL, NULL, NULL, NULL);
             }" > conftest$$.c
@@ -996,6 +1003,7 @@

             echo "$CONFTEST_PREAMBLE
             #include <linux/acpi.h>
+            #include <acpi/acpixf.h>
             void conftest_acpi_walk_namespace(void) {
                 acpi_walk_namespace(0, NULL, 0, NULL, NULL, NULL);
             }" > conftest$$.c
@@ -1603,6 +1611,9 @@
                 fi
             fi
         fi
+
+   RET=0
+   SELECTED_MAKEFILE=Makefile.kbuild

         if [ "$RET" = "0" ]; then
             ln -s $SELECTED_MAKEFILE Makefile
Index: kernel/nv-linux.h
===================================================================
--- kernel/nv-linux.h.orig
+++ kernel/nv-linux.h
@@ -111,7 +111,11 @@
 #include <linux/timer.h>

 #include <asm/div64.h>              /* do_div()                         */
+#if LINUX_VERSION_CODE > KERNEL_VERSION(3, 3, 0)
+#include <asm/switch_to.h>
+#else
 #include <asm/system.h>             /* cli, sli, save_flags             */
+#endif
 #include <asm/io.h>                 /* ioremap, virt_to_phys            */
 #include <asm/uaccess.h>            /* access_ok                        */
 #include <asm/page.h>               /* PAGE_OFFSET                      */
@@ -291,17 +295,17 @@
 #endif
 #endif

-#if defined(CONFIG_PREEMPT_RT)
-typedef atomic_spinlock_t         nv_spinlock_t;
-#define NV_SPIN_LOCK_INIT(lock)   atomic_spin_lock_init(lock)
-#define NV_SPIN_LOCK_IRQ(lock)    atomic_spin_lock_irq(lock)
-#define NV_SPIN_UNLOCK_IRQ(lock)  atomic_spin_unlock_irq(lock)
-#define NV_SPIN_LOCK_IRQSAVE(lock,flags) atomic_spin_lock_irqsave(lock,flags)
+#if defined(CONFIG_PREEMPT_RT_FULL)
+typedef raw_spinlock_t            nv_spinlock_t;
+#define NV_SPIN_LOCK_INIT(lock)   raw_spin_lock_init(lock)
+#define NV_SPIN_LOCK_IRQ(lock)    raw_spin_lock_irq(lock)
+#define NV_SPIN_UNLOCK_IRQ(lock)  raw_spin_unlock_irq(lock)
+#define NV_SPIN_LOCK_IRQSAVE(lock,flags) raw_spin_lock_irqsave(lock,flags)
 #define NV_SPIN_UNLOCK_IRQRESTORE(lock,flags) \
-  atomic_spin_unlock_irqrestore(lock,flags)
-#define NV_SPIN_LOCK(lock)        atomic_spin_lock(lock)
-#define NV_SPIN_UNLOCK(lock)      atomic_spin_unlock(lock)
-#define NV_SPIN_UNLOCK_WAIT(lock) atomic_spin_unlock_wait(lock)
+  raw_spin_unlock_irqrestore(lock,flags)
+#define NV_SPIN_LOCK(lock)        raw_spin_lock(lock)
+#define NV_SPIN_UNLOCK(lock)      raw_spin_unlock(lock)
+#define NV_SPIN_UNLOCK_WAIT(lock) raw_spin_unlock_wait(lock)
 #else
 typedef spinlock_t                nv_spinlock_t;
 #define NV_SPIN_LOCK_INIT(lock)   spin_lock_init(lock)
@@ -956,8 +960,8 @@
     return ret;
 }

-#if defined(CONFIG_PREEMPT_RT)
-#define NV_INIT_MUTEX(mutex) semaphore_init(mutex)
+#if defined(CONFIG_PREEMPT_RT_FULL)
+#define NV_INIT_MUTEX(mutex) sema_init(mutex,1)
 #else
 #if !defined(__SEMAPHORE_INITIALIZER) && defined(__COMPAT_SEMAPHORE_INITIALIZER)
 #define __SEMAPHORE_INITIALIZER __COMPAT_SEMAPHORE_INITIALIZER

パッチを「nv295.33_for 3.3 + _rt.patch」として保存します。パッチを適用する->

sh NVIDIA-Linux-x86_64-295.33.run --apply-patch nv295.33_for 3.3+_rt.patch

これにより、「NVIDIA-Linux-x86_64-295.33-custom.run」という新しいnvidiaバイナリインストーラーが構築されます。

インストーラーを実行します

sh NVIDIA-Linux-x86_64-295.33-custom.run

このパッチには保証も保証もありません!自己責任で使用してください。

再起動して楽しんでください。

詳細については、nvフォーラムを参照してください。 295.40シリーズのソリューションもあります。

http://www.nvnews.net/vbulletin/showthread.php?p=2546508

2
rt-kernel