it-swarm-ja.com

GNOMEシェルでキーボードショートカットが機能しない

12.04にアップグレードした後、デスクトップスイッチング用のカスタムAlt + 1、Alt + 2などのウィンドウマネージャー(Metacity)のキーボードショートカットが、ウィンドウを最大化するためのデフォルトのAlt + F10もGnome Shellで機能しなくなりました。誰が原因および/または治療法を知っていますか?

11
Jakub

Gnome-ShellはMetacityウィンドウマネージャーではなく、新しい構成システムdconfを使用する新しいウィンドウマネージャーMutterを使用し、古いGNOMEとUbuntu Unityインターフェイスは古い構成システムgconfを使用します。このため、「システム設定」->キーボード->ショートカットは、GNOME3シェルを使用したUbuntuでは機能しません:(

1つの回避策

インストール dconf-toolsInstall dconf-tools

Dconf-editorを実行します

org.gnome.desktop.wm.keybindingsまたはorg.gnome.mutter.keybindingsを見てください

詳細と回避策については、Ubuntuのバグ #965921 を参照してください。

いくつかの有用な情報もここにあります: blog.sudobits.com/2011/10/12/top-10-gnome-Shell-keyboard-shortcuts/

13
Mantas Baltix

ubuntu 12.04でgnome-Shellキーバインドが変更され、WindowsKeyとCursorKeysがウィンドウの最大化と左右の分割を制御するようになり、アクティビティ(デスクトップ)間の移動はCtrl-AltとUp/Downキーで制御されるようになりました。

さらに便利な動作に戻すには、dconf-toolsをインストールし、シェルからこれらのdconfコマンドを実行します。

dconf write /org/gnome/desktop/wm/keybindings/toggle-maximized "['<Super>Return', '<Alt>F10']"
dconf write /org/gnome/desktop/wm/keybindings/switch-to-workspace-down "['<Super>Down']"
dconf write /org/gnome/desktop/wm/keybindings/switch-to-workspace-up "['<Super>Up']"
dconf write /org/gnome/desktop/wm/keybindings/move-to-workspace-down "['<Super><Shift>Down']"
dconf write /org/gnome/desktop/wm/keybindings/move-to-workspace-up "['<Super><Shift>Up']"

あなたが取得します:

<WindowsKey>Enter  : maximize Window
<WindowsKey>Left   : Align Window to left half of monitor
<WindowsKey>Right  : Align Window to right half of monitor
<WindowsKey>Up     : go to Activity/Desktop above
<WindowsKey>Down   : go to Activity/Desktop below

したがって、CtrlキーとAltキーは、アプリケーションの必要に応じて再び解放され、WindowsKeyのみがWindows /デスクトップ管理に使用されます。

2
xro