it-swarm-ja.com

Ubuntu 16.04にiPhone 6をマウントするにはどうすればよいですか?

私はUbuntuが初めてで、iPhoneをマウントする方法がわかりません。

ITunesをダウンロードしたいのですが、USBが機能しないことがわかりましたが、PCからiPhoneにAPPを転送するため、すべてのファイルとAPPにアクセスする必要があります。

30
Rizio A.

明らかに、UbuntuにiPhoneをマウントできることは間違っていました。 yakketyで次の手順を使用してこれを実行できます。この方法でデバイスにアプリをロードするには、デバイスをジェイルブレイクする必要がありますが、デバイスからメディアを取得するにはこの方法で十分です。

オプション1:スクリプトを使用する

少し時間を節約したい場合は、スクリプト here をダウンロードして、プロセスのほとんどの作業を実行できます。

ダウンロードしたら、スクリプトを実行できるように権限を変更する必要があります。デフォルトの名前iphone_setup.shcdでファイルをダウンロードしたディレクトリにダウンロードして、

chmod u+x iphone_setup.sh

実行してWindowsの行末を変換します

ex -bsc '%!awk "{sub(/\r/,\"\")}1"' -cx iphone_setup.sh

次に、次を使用してroot権限でスクリプトを実行します

Sudo ./iphone_setup.sh

これにより、手動セットアップのすべてのステップ1ステップ3およびステップ4。次に、マニュアルのステップ2およびステップ5を行う必要があります。スクリプトの実行が完了した後のセットアップ。

オプション2:手動で行う

ステップ1:ツールのインストール

IPhoneを接続する前に、いくつかのプログラムをインストールして、iPhoneをマウントできるようにする必要があります。

ステップ1.1:apt-getを使用していくつかの重要なツールをインストールする

ターミナルで次の手順を実行して、iOSのすべてのバージョンに必要ないくつかのパッケージをインストールします。

Sudo apt-get install ideviceinstaller python-imobiledevice libimobiledevice-utils python-plist usbmuxd

iOS 9より前のiOSバージョンでiPhoneを接続している場合、ステップ1の残りのサブステップをスキップして、代わりに次の操作を行うことができます:

Sudo apt-get install libimobiledevice6 libplist3 ifuse

ステップ1.2:構築用ツールのインストール

apt-getを使用して、次の手順でプログラムをビルドするために必要ないくつかのプログラムをインストールします

Sudo apt-get install libtool autoconf automake

ステップ1.3:libplistのインストール

最初に、libplistを構築するために必要な依存関係をインストールします。これを行うには、次を実行します。

Sudo apt-get install libxml2-dev python-dev

次に、GitHubから 最新バージョン of libplistをダウンロードし、Zipファイルの内容を何らかのディレクトリに抽出します。たとえば、libplist Zipファイルをダウンロードしたディレクトリにいる場合は、unzip libplist-master.Zipを実行します。

これで、libplist Zipファイルを抽出したディレクトリに「libplist-master」というディレクトリが作成されます。 cdターミナルからこのディレクトリに移動し、実行します

./autogen.sh

./autogen.shスクリプトの実行が完了したら、実行します

make

そして、最後に、実行

Sudo make install

ステップ1.4:libusbmuxdのインストール

このステップは、libusbmuxdの代わりにlibplistをインストールすることを除いて、前のステップと似ています。

まず、GitHubからlibusbmuxdの-​​ 最新バージョン をダウンロードします。再度、内容をディレクトリに抽出し、cdをディレクトリlibusbmuxd-masterに抽出します。次に、次を実行します。

./autogen.sh

これが終了したら、実行します

make

に続く

Sudo make install

ステップ1.5:libimobiledeviceのインストール

まず、以下を実行してビルドの依存関係をインストールします。

Sudo apt-get install libssl-dev

次に、GitHubからlibimobiledeviceの-​​ 最新バージョン をダウンロードします。前の2つのステップのように抽出します。 libimobiledevice-masterという名前の、抽出したディレクトリ内のディレクトリを取得する必要があります。 cdをこのディレクトリに入れ、再び実行します

./autogen.sh

これが終了したら、実行します

make

に続く

Sudo make install

ステップ1.6:より良いバージョンのusbmuxdのインストール

最初に、以下を実行してusbmuxdの古いバージョンをアンインストールします

Sudo apt-get remove usbmuxd

次に、ビルドの依存関係をインストールします

Sudo apt-get install libimobiledevice-dev libplist-dev libusb-dev libusb-1.0.0-dev libtool-bin libtool

次に、GitHubから 最新バージョン of usbmuxdをダウンロードします。 cdを抽出してusbmuxd-masterディレクトリに配置します。繰り返しますが、実行します

./autogen.sh

これが終了したら、実行します

make

に続く

Sudo make install

ステップ1.7:ifuseのインストール

これが最後にインストールする必要があるものです!

最初のインストール、ビルド依存関係

Sudo apt-get install libfuse-dev

GitHubからifuseの-​​ 最新バージョン をダウンロードします。それをいくつかのディレクトリに抽出し、cdをディレクトリifuse-masterに、cdをそのディレクトリに抽出します。

今回は、プログラムの構築に追加のステップがあります。行う

./autogen.sh

いつものように、しかしその後

./configure

同じように。その後、通常に進みます

make

そして

Sudo make install

ステップ2:usbmuxdを実行してiPhoneを接続する

この手順は簡単です。ターミナルでusbmuxdを実行してから、iPhoneを接続します。

次に、以下を実行して、デバイスが正しく認識されたかどうかを確認します

dmesg | grep ipheth

何も表示されない場合は、iPhoneの接続を解除し、usbmuxdをもう一度実行してから、もう一度接続してください。その後、もう一度確認してください。

ステップ3:iPhoneのマウントポイントを作成する

手動でiPhoneのマウントポイントを作成できます

Sudo mkdir /media/iPhone

その後、マウントポイントのアクセス許可を変更する必要があります。行う

Sudo chmod 777 /media/iPhone

ステップ4:ifuse構成ファイルの編集

RootにならずにiPhoneにアクセスする場合は、ifuse構成ファイル/etc/Fuse.confを編集する必要があります。

Geditなどのお気に入りのエディターを使用して構成ファイルを編集します

Sudo gedit /etc/Fuse.conf

ファイルで、次の2行が# Allow non-root users to specify the allow_other or allow_root mount optionsと書かれている行の下にあることを確認します。

op$
user_allow_other

ファイルを保存し、エディターを終了します。

ステップ5:iPhoneのペアリング

idevicepairを使用してiPhoneをペアリングするには、次の行を実行します。

idevicepair pair

ステップ6:ifuseによるマウント

次の行を実行して、以前に指定したマウントポイントにデバイスをマウントします。

ifuse /media/iPhone

NOTE:この時点で、代わりに次の行を実行することで電話機がジェイルブレイクされている場合、ルートファイルシステムをマウントできます。

ifuse /media/iPhone/ --root

これで、ファイルブラウザを介して/media/iPhoneでiPhoneにアクセスできるようになります。

アンマウントする場合は、次の2行を実行します

fusermount -u /media/iPhone/
idevicepair unpair

これらの手順は dedoimedoのこのチュートリアル からのxenialに適合しており、iOS 9以降のデバイスに合わせてさらに変更されています。

36
fakedad

16.04および18.04のiPhone 4Sでテスト済み。 6以降のバージョンで異なると信じる理由はありません

[編集:以下を参照してください。iPhone7までずっと機能します]。

かなりシンプルなルート:

➊インストール:

Sudo apt install ideviceinstaller python-imobiledevice libimobiledevice-utils python-plist usbmuxd libimobiledevice6 libplist3 ifuse

あなたもこれをする必要があるかもしれません:

Sudo mkdir /var/lib/lockdown
Sudo chmod 777 /var/lib/lockdown

Terminalターミナルでiphoneアドレスを確認します。

 lsusb -v 2> /dev/null | grep -e "Apple Inc" -A 2

次のように表示されます。

iManufacturer 1 Apple Inc.
iProduct 2 iPhone
iSerial 3 ca00d62380d42746b8ff8280 .... d1fd7b7119ca

Na Nautilusを開く

上記からiSerialを入力します。

afc://ca00d62380d4274....f8280a91ed1fd7b7119ca/

今、あなたのファイルが表示されます。

em装飾として、VLC MobileをApp Storeから無料でインストールできます。もちろん、iTunesでFlac Wavpackなどを処理できない形式を再生できます。

ページの左側のiPhone上のドキュメントiPhoneの横にある音楽ファイルを表示/配置します[これはLXDEにあります。他のデスクトップ環境でも似ている必要があります]

5
shantiq

IOS 10.2では、Appleが再び壊れたようです。修正するには:

  1. GitHubの最新バージョンからダウンロード:libplistlibusbmuxdlibimobiledeviceifuseusbmuxd

  2. 好きなフォルダにZipファイルを抽出し、各ディレクトリに入力して、対応するライブラリのコンパイルを開始します(方法がわからない場合は、各lib内のreadmeファイル内の指示に従い、opensslの開発バージョンを覚えておいてください。必要に応じてlibssl-devと呼ばれます)。最後のコマンド「Sudo make install」では、コンパイル済みライブラリを/usr/local/libに配置する必要があることに注意してください。

  3. 環境変数が、公式パッケージに含まれている古いバージョンではなく、この新しいバージョンを指していることを確認してください。

    Sudo LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib usbmuxd    
    export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib
    
  4. IOS 10.2デバイスをコンピューターに接続しました:

    idevicepair pair
    
  5. 「このコンピューターを信頼しますか?」という警告に対して「信頼」を選択します。デバイスで:

    idevicepair pair
    
  6. IOSファイルシステムをマウントします

    ifuse Mountpoint_Directory/
    

Ubuntu 10.04およびiOS 10.2を搭載したiPhone 7でテスト済み

3
bytepan

/ usr/local/libの下にlibplist、libusbmuxd、libimobiledevice、ifuse、およびusbmuxdの新しいバージョンを作成した後、それらのバージョンは、古いライブラリバージョンを使用する代わりに、iPhoneを接続するコマンドを呼び出すときに使用する必要がありますデフォルトで行われます)。だから私はbash-Shellで次のことをしました(各アクションの前にiPhoneのロックを解除する(コードを入力するか指紋を使用する)ことを確認してください):

Sudo LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib usbmuxd
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib
idevicepair pair
ifuse /media/iPhone

(コメントは ser639768 から発信され、質問として投稿されましたが、その後削除されました。)

2
Thomas Ward