it-swarm-ja.com

エラーを認識して修正する際に「システムログ」を使用できますか?

お気づきかもしれませんが、私はまだLinuxに関してまったく新しく、10日前にUbuntu 16.04で旅を始め、Ubuntu 17.10に到達するまでアップグレードしました。いつかPCの電源を入れて、黒い画面が私を見つめ、ファイルやインターネットへの道をふさいでしまうのではないかと心配しているので、とても緊張しています。それで、私は、災害を防ぐために、できる限り自分自身を教育しようとしています。今日、それを開いたときに「システムログ」と呼ばれるものに遭遇しました。大量のメッセージ(エラーのように見えます)を見つけ、それらのいくつかは重要としてリストされています。私の質問:問題を検出して解決するためにこれを使用する方法はありますか?ありがとう。

追伸:ヨーヨーのように振る舞うWi-Fi接続に問題があることは知っています。上に1分、下に1分。少なくともこれは私が知っている1つの問題です。

これは、「dmesg」コマンドから得られるものです。

[15990.659912] iwlwifi 0000:02:00.0: Microcode SW error detected.  Restarting 0x2000000.
[15990.660059] iwlwifi 0000:02:00.0: Start IWL Error Log Dump:
[15990.660064] iwlwifi 0000:02:00.0: Status: 0x00000200, count: 6
[15990.660067] iwlwifi 0000:02:00.0: Loaded firmware version: 29.541020.0
[15990.660072] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x000019C2 | ADVANCED_SYSASSERT          
[15990.660075] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x000002A0 | trm_hw_status0
[15990.660078] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00000000 | trm_hw_status1
[15990.660081] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00043D58 | branchlink2
[15990.660084] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x0004B016 | interruptlink1
[15990.660087] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00000000 | interruptlink2
[15990.660091] iwlwifi 0000:02:00.0: 0xDEADBEEF | data1
[15990.660093] iwlwifi 0000:02:00.0: 0xDEADBEEF | data2
[15990.660096] iwlwifi 0000:02:00.0: 0xDEADBEEF | data3
[15990.660100] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x488000F3 | beacon time
[15990.660102] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x1703DD11 | tsf low
[15990.660105] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00000005 | tsf hi
[15990.660108] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00000000 | time gp1
[15990.660112] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x0259E583 | time gp2
[15990.660115] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00000001 | uCode revision type
[15990.660118] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x0000001D | uCode version major
[15990.660121] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x0008415C | uCode version minor
[15990.660124] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00000210 | hw version
[15990.660127] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00C89200 | board version
[15990.660130] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x0000001C | hcmd
[15990.660133] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x24022000 | isr0
[15990.660136] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00881800 | isr1
[15990.660139] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x0000000A | isr2
[15990.660142] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x40415CC0 | isr3
[15990.660144] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00000000 | isr4
[15990.660148] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x0A9E001C | last cmd Id
[15990.660151] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00000000 | wait_event
[15990.660154] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x000000D4 | l2p_control
[15990.660157] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00018020 | l2p_duration
[15990.660160] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00000007 | l2p_mhvalid
[15990.660163] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00000081 | l2p_addr_match
[15990.660166] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00000005 | lmpm_pmg_sel
[15990.660169] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x15061956 | timestamp
[15990.660172] iwlwifi 0000:02:00.0: 0x00006878 | flow_handler
[15990.660178] ieee80211 phy1: Hardware restart was requested
2
Nermeen Hussein

こんにちは、Linuxの世界へようこそ!

はい、それがシステムログの目的です。

  • 通常の動作を記録する
  • 問題に関する警告
  • (発生した場合)ソフトウェア/ハードウェアエラーを出力します。

スタートアップロギングからの通常の正常な出力の例:

[   15.176458] e1000: eth1 NIC Link is Up 100 Mbps Full Duplex, Flow Control: RX
[   15.176779] ADDRCONF(NETDEV_UP): eth1: link is not ready
[   15.177032] ADDRCONF(NETDEV_CHANGE): eth1: link becomes ready

ディスク上の不良セクタに関する例( https://serverfault.com/questions/407007/what-do-these-disk-errors-in-syslog-mean から取得):

sd 0:0:0:0:[sda]追加。センス:回復不能な読み取りエラー-自動再割り当てに失敗しました

これらの例は両方とも dmesg からのものです。

$ dmesg

Bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/linux/+bug/1710390に記載されているように、問題に対する推奨される解決策は、次のことを行うことです。

ターミナルで、NetworkManager.confを開きます

$ nano /etc/NetworkManager/NetworkManager.conf <-- nano is a text-editor for novices.

以下を追加します、

[device] wifi.scan-Rand-mac-address=no.

ファイルを保存し、おそらくネットワークマネージャーを再起動します。

$ Sudo service network-manager restart 
1
mattias