it-swarm-ja.com

AirMacユーティリティのIPv6オプションの違いは何ですか?

AirMacユーティリティでは、Time Capsuleの[手動設定]-> [詳細]-> [IPv6]に、オプションLink-local onlyHost、およびtunnelがあります。これらのオプションの違いは何ですか?また、どの状況でどのオプションを使用する必要がありますか?

22
waiwai933
  • リンクローカルのみ:StateLess Address AutoConfiguration(SLAAC)を介してリンクローカルfe80::/64アドレスのみを作成します。リンクローカルアドレスは公的にルーティング可能ではありません。これは、IPv4の169.254/16リンクローカルアドレスに相当するIPv6です。ベースステーションに直接接続されているデータリンクネットワーク(有線およびワイヤレスイーサネット)上の他のデバイスからのみ、ベースステーションにIPv6経由で到達できます。他のデバイスのIPv6ルーターまたはゲートウェイとしては機能しません。これは、AirMacベースステーションで「IPv6オフ」に到達できる最も近い場所です。AirMacユーティリティは、IPv4サブネットの不一致(IPv6リンク)がある場合でも、ローカルベースステーションに接続するための最後の手段としてリンクローカルに依存しているためです。 -localは、インターフェイススコープのリンクローカルアドレスの概念に基づいて設計されているため、すべてのデバイスのすべてのインターフェイスで常にアクティブになり、IPv4、さらにはIPv4リンクローカルでも、サブネットの不一致やその他の接続問題の影響を受けません。から)。
    このオプションは、ベースステーションにIPv6インターネットから到達できないようにする場合に使用します。

  • Host:ベースステーションは、IPv6プレフィックスをアドバタイズして、ネットワーク上でIPv6ルーターを見つけることを期待します。ベースステーションは、アドバタイズされたプレフィックス(およびルーターアドバタイズマルチキャストパケット内の他の情報)を使用し、SLAACを使用して、ベースステーションのパブリックにルーティング可能なIPv6アドレスを作成します。ベースステーションは、インターネット経由でIPv6を介して到達可能ですが、ネットワーク上の他のデバイスのIPv6ルーターまたはゲートウェイとしては機能しません。
    このオプションは、ネットワークにすでにIPv6ルーターがあり、ベースステーションにIPv6インターネットから到達可能にする場合に使用します。

  • ルーター:ベースステーションは、ネイティブのIPv6サービスがそのWANポートから出力されることを期待し、IPv6として機能しますLAN/WLANポートを備えたデバイス用ルーター(注:このモードは、2009年後半以降のAirPort ExtremeおよびTime Capsuleの新しいリビジョンでのみ使用できます)

    • Manual:ベースステーションは、提供された(通常はパブリックにルーティング可能な)IPv6静的構成情報を使用して、経由で接続されたデバイスのIPv6ルーターとして機能しますLAN/WLAN(LANとWLANはリンク層で一緒にブリッジされるため、これらは単一のネットワークです)。 LAN/WLAN側のIPv6プレフィックスは、指定したIPv6 LANアドレスから決定され、プレフィックス長は/64に固定されます(/64は、単一のLANで許可される最小のプレフィックス長です)。
      このオプションは、アップストリームネットワークがネイティブIPv6接続を提供し、LAN/WLANで使用するルーティング可能なパブリックIPv6プレフィックスを提供している場合に使用します。

    • 自動:ベースステーションは DHCPv6 Prefix Delegation(RFC 3633) を使用して、上流のDHCPv6-PDサーバーにパブリックにルーティング可能なIPv6プレフィックスを委任します。委任されたプレフィックスを取得し、ベースステーションのLAN/WLAN側のデバイスのIPv6ルーターとして機能します。
      アップストリームネットワークがネイティブIPv6接続を提供し、LAN/WLANで使用するベースステーションのパブリックルーティング可能なIPv6プレフィックスを委任するようにDHCPv6-PDサーバーが設定されている場合は、このオプションを使用します。

  • トンネル:ベースステーションは、IPv6内のIPv4トンネルを経由してIPv6インターネットへの接続を確立することを期待しますWANポート。LAN/ WLAN側クライアントのIPv6ルーターとして機能します。

    • Manual:ベースステーションは、提供された情報を取得し、一般的なトンネルインターフェースを確立しようとします (GIF)指定したトンネルブローカー/サーバーへのIPv6-in-IPv4トンネル。これは、指定したLAN IPv6アドレスからLAN/WLAN側のプレフィックスを決定し、LAN/WLAN側で/64プレフィックスをアドバタイズします。 LAN/WLAN側クライアントのIPv6ルーターとして機能します。
      ネイティブIPv6サービスがない場合、および tunnelbroker.net 、または SixXS でハリケーンエレクトリックのIPv6トンネルブローカーに接続している場合は、このオプションを使用します。 =、または手動でトンネリングされたIPv6サービスの場合と同様。

    • 自動:ベースステーションは6to4を使用して、6to4エニーキャストアドレス経由で到達できる6to4ゲートウェイへのIPv6-in-IPv4トンネルを自動的に作成します。ベースステーションは、LAN/WLAN側のクライアントに適切な6to4プレフィックスを通知し、それらのクライアントのIPv6ルーターとして機能します。
      このオプションは、IPv6インターネット接続の最後の手段として使用すると思います。アップストリームネットワークでネイティブIPv6サービスを利用できず、トンネルブローカーアカウントと手動で構成されたトンネルを設定する手間と学習曲線が不要な場合に使用します。 ISPまたはネットワーク管理者が6to4トンネルをブロックしていない限り、おそらく機能します。

32
Spiff