it-swarm-ja.com

エラーメッセージ「このサーバーにアクセスする権限がありません」

私は自分でApacheを設定し、仮想ホストに phpMyAdmin をロードしようとしましたが、私は次のことを受け取りました。

403禁止このサーバーへのアクセス権限はありません

私のhttpd.conf

#
# This is the main Apache HTTP server configuration file.  It contains the
# configuration directives that give the server its instructions.
# See <URL:http://httpd.Apache.org/docs/2.2> for detailed information.
# In particular, see 
# <URL:http://httpd.Apache.org/docs/2.2/mod/directives.html>
# for a discussion of each configuration directive.
#
# Do NOT simply read the instructions in here without understanding
# what they do.  They're here only as hints or reminders.  If you are unsure
# consult the online docs. You have been warned.  
#
# Configuration and logfile names: If the filenames you specify for many
# of the server's control files begin with "/" (or "drive:/" for Win32), the
# server will use that explicit path.  If the filenames do *not* begin
# with "/", the value of ServerRoot is prepended -- so "logs/foo.log"
# with ServerRoot set to "C:/Program Files (x86)/Apache Software Foundation/Apache2.2" will be interpreted by the
# server as "C:/Program Files (x86)/Apache Software Foundation/Apache2.2/logs/foo.log".
#
# NOTE: Where filenames are specified, you must use forward slashes
# instead of backslashes (e.g., "c:/Apache" instead of "c:\Apache").
# If a drive letter is omitted, the drive on which httpd.exe is located
# will be used by default.  It is recommended that you always supply
# an explicit drive letter in absolute paths to avoid confusion.

#
# ServerRoot: The top of the directory tree under which the server's
# configuration, error, and log files are kept.
#
# Do not add a slash at the end of the directory path.  If you point
# ServerRoot at a non-local disk, be sure to point the LockFile directive
# at a local disk.  If you wish to share the same ServerRoot for multiple
# httpd daemons, you will need to change at least LockFile and PidFile.
#
ServerRoot "C:/Program Files (x86)/Apache Software Foundation/Apache2.2"

#
# Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
# ports, instead of the default. See also the <VirtualHost>
# directive.
#
# Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to 
# prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses.
#
#Listen 12.34.56.78:80
Listen 127.0.0.1:80

Include conf/vhosts.conf

#
# Dynamic Shared Object (DSO) Support
#
# To be able to use the functionality of a module which was built as a DSO you
# have to place corresponding `LoadModule' lines at this location so the
# directives contained in it are actually available _before_ they are used.
# Statically compiled modules (those listed by `httpd -l') do not need
# to be loaded here.
#
# Example:
# LoadModule foo_module modules/mod_foo.so
#
LoadModule actions_module modules/mod_actions.so
LoadModule alias_module modules/mod_alias.so
LoadModule asis_module modules/mod_asis.so
LoadModule auth_basic_module modules/mod_auth_basic.so
#LoadModule auth_digest_module modules/mod_auth_digest.so
#LoadModule authn_alias_module modules/mod_authn_alias.so
#LoadModule authn_anon_module modules/mod_authn_anon.so
#LoadModule authn_dbd_module modules/mod_authn_dbd.so
#LoadModule authn_dbm_module modules/mod_authn_dbm.so
LoadModule authn_default_module modules/mod_authn_default.so
LoadModule authn_file_module modules/mod_authn_file.so
#LoadModule authnz_ldap_module modules/mod_authnz_ldap.so
#LoadModule authz_dbm_module modules/mod_authz_dbm.so
LoadModule authz_default_module modules/mod_authz_default.so
LoadModule authz_groupfile_module modules/mod_authz_groupfile.so
LoadModule authz_Host_module modules/mod_authz_Host.so
#LoadModule authz_owner_module modules/mod_authz_owner.so
LoadModule authz_user_module modules/mod_authz_user.so
LoadModule autoindex_module modules/mod_autoindex.so
#LoadModule cache_module modules/mod_cache.so
#LoadModule cern_meta_module modules/mod_cern_meta.so
LoadModule cgi_module modules/mod_cgi.so
#LoadModule charset_lite_module modules/mod_charset_lite.so
#LoadModule dav_module modules/mod_dav.so
#LoadModule dav_fs_module modules/mod_dav_fs.so
#LoadModule dav_lock_module modules/mod_dav_lock.so
#LoadModule dbd_module modules/mod_dbd.so
#LoadModule deflate_module modules/mod_deflate.so
LoadModule dir_module modules/mod_dir.so
#LoadModule disk_cache_module modules/mod_disk_cache.so
#LoadModule dumpio_module modules/mod_dumpio.so
LoadModule env_module modules/mod_env.so
#LoadModule expires_module modules/mod_expires.so
#LoadModule ext_filter_module modules/mod_ext_filter.so
#LoadModule file_cache_module modules/mod_file_cache.so
#LoadModule filter_module modules/mod_filter.so
#LoadModule headers_module modules/mod_headers.so
#LoadModule ident_module modules/mod_ident.so
#LoadModule imagemap_module modules/mod_imagemap.so
LoadModule include_module modules/mod_include.so
#LoadModule info_module modules/mod_info.so
LoadModule isapi_module modules/mod_isapi.so
#LoadModule ldap_module modules/mod_ldap.so
#LoadModule logio_module modules/mod_logio.so
LoadModule log_config_module modules/mod_log_config.so
#LoadModule log_forensic_module modules/mod_log_forensic.so
#LoadModule mem_cache_module modules/mod_mem_cache.so
LoadModule mime_module modules/mod_mime.so
#LoadModule mime_magic_module modules/mod_mime_magic.so
LoadModule negotiation_module modules/mod_negotiation.so
#LoadModule proxy_module modules/mod_proxy.so
#LoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so
#LoadModule proxy_balancer_module modules/mod_proxy_balancer.so
#LoadModule proxy_connect_module modules/mod_proxy_connect.so
#LoadModule proxy_ftp_module modules/mod_proxy_ftp.so
#LoadModule proxy_http_module modules/mod_proxy_http.so
#LoadModule proxy_scgi_module modules/mod_proxy_scgi.so
#LoadModule reqtimeout_module modules/mod_reqtimeout.so
#LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so
LoadModule setenvif_module modules/mod_setenvif.so
#LoadModule speling_module modules/mod_speling.so
#LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so
#LoadModule status_module modules/mod_status.so
#LoadModule substitute_module modules/mod_substitute.so
#LoadModule unique_id_module modules/mod_unique_id.so
#LoadModule userdir_module modules/mod_userdir.so
#LoadModule usertrack_module modules/mod_usertrack.so
#LoadModule version_module modules/mod_version.so
#LoadModule vhost_alias_module modules/mod_vhost_alias.so
LoadModule php5_module "c:/Program Files/php/php5Apache2_2.dll" 

<IfModule !mpm_netware_module>
<IfModule !mpm_winnt_module>
#
# If you wish httpd to run as a different user or group, you must run
# httpd as root initially and it will switch.  
#
# User/Group: The name (or #number) of the user/group to run httpd as.
# It is usually good practice to create a dedicated user and group for
# running httpd, as with most system services.
#
User daemon
Group daemon

</IfModule>
</IfModule>

# 'Main' server configuration
#
# The directives in this section set up the values used by the 'main'
# server, which responds to any requests that aren't handled by a
# <VirtualHost> definition.  These values also provide defaults for
# any <VirtualHost> containers you may define later in the file.
#
# All of these directives may appear inside <VirtualHost> containers,
# in which case these default settings will be overridden for the
# virtual Host being defined.
#

#
# ServerAdmin: Your address, where problems with the server should be
# e-mailed.  This address appears on some server-generated pages, such
# as error documents.  e.g. [email protected]
#
ServerAdmin [email protected]

#
# ServerName gives the name and port that the server uses to identify itself.
# This can often be determined automatically, but we recommend you specify
# it explicitly to prevent problems during startup.
#
# If your Host doesn't have a registered DNS name, enter its IP address here.
#
#ServerName www.somenet.com:80

#
# DocumentRoot: The directory out of which you will serve your
# documents. By default, all requests are taken from this directory, but
# symbolic links and aliases may be used to point to other locations.
#
DocumentRoot "C:/Program Files (x86)/Apache Software Foundation/Apache2.2/htdocs"

#
# Each directory to which Apache has access can be configured with respect
# to which services and features are allowed and/or disabled in that
# directory (and its subdirectories). 
#
# First, we configure the "default" to be a very restrictive set of 
# features.  
#
<Directory />
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride None
    Order deny,allow
    Deny from all
</Directory>

#
# Note that from this point forward you must specifically allow
# particular features to be enabled - so if something's not working as
# you might expect, make sure that you have specifically enabled it
# below.
#

#
# This should be changed to whatever you set DocumentRoot to.
#
<Directory "C:/Program Files (x86)/Apache Software Foundation/Apache2.2/htdocs">
    #
    # Possible values for the Options directive are "None", "All",
    # or any combination of:
    #   Indexes Includes FollowSymLinks SymLinksifOwnerMatch ExecCGI MultiViews
    #
    # Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All"
    # doesn't give it to you.
    #
    # The Options directive is both complicated and important.  Please see
    # http://httpd.Apache.org/docs/2.2/mod/core.html#options
    # for more information.
    #
    Options Indexes FollowSymLinks

    #
    # AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files.
    # It can be "All", "None", or any combination of the keywords:
    #   Options FileInfo AuthConfig Limit
    #
    AllowOverride None

    #
    # Controls who can get stuff from this server.
    #
    Order allow,deny
    Allow from all

</Directory>

#
# DirectoryIndex: sets the file that Apache will serve if a directory
# is requested.
#
<IfModule dir_module>
    DirectoryIndex index.html index.php
</IfModule>

#
# The following lines prevent .htaccess and .htpasswd files from being 
# viewed by Web clients. 
#
<FilesMatch "^\.ht">
    Order allow,deny
    Deny from all
    Satisfy All
</FilesMatch>

#
# ErrorLog: The location of the error log file.
# If you do not specify an ErrorLog directive within a <VirtualHost>
# container, error messages relating to that virtual Host will be
# logged here.  If you *do* define an error logfile for a <VirtualHost>
# container, that Host's errors will be logged there and not here.
#
ErrorLog "logs/error.log"

#
# LogLevel: Control the number of messages logged to the error_log.
# Possible values include: debug, info, notice, warn, error, crit,
# alert, emerg.
#
LogLevel warn

<IfModule log_config_module>
    #
    # The following directives define some format nicknames for use with
    # a CustomLog directive (see below).
    #
    LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
    LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b" common

    <IfModule logio_module>
      # You need to enable mod_logio.c to use %I and %O
      LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\" %I %O" combinedio
    </IfModule>

    #
    # The location and format of the access logfile (Common Logfile Format).
    # If you do not define any access logfiles within a <VirtualHost>
    # container, they will be logged here.  Contrariwise, if you *do*
    # define per-<VirtualHost> access logfiles, transactions will be
    # logged therein and *not* in this file.
    #
    CustomLog "logs/access.log" common

    #
    # If you prefer a logfile with access, agent, and referer information
    # (Combined Logfile Format) you can use the following directive.
    #
    #CustomLog "logs/access.log" combined
</IfModule>

<IfModule alias_module>
    #
    # Redirect: Allows you to tell clients about documents that used to 
    # exist in your server's namespace, but do not anymore. The client 
    # will make a new request for the document at its new location.
    # Example:
    # Redirect permanent /foo http://www.somenet.com/bar

    #
    # Alias: Maps web paths into filesystem paths and is used to
    # access content that does not live under the DocumentRoot.
    # Example:
    # Alias /webpath /full/filesystem/path
    #
    # If you include a trailing / on /webpath then the server will
    # require it to be present in the URL.  You will also likely
    # need to provide a <Directory> section to allow access to
    # the filesystem path.

    #
    # ScriptAlias: This controls which directories contain server scripts. 
    # ScriptAliases are essentially the same as Aliases, except that
    # documents in the target directory are treated as applications and
    # run by the server when requested rather than as documents sent to the
    # client.  The same rules about trailing "/" apply to ScriptAlias
    # directives as to Alias.
    #
    ScriptAlias /cgi-bin/ "C:/Program Files (x86)/Apache Software Foundation/Apache2.2/cgi-bin/"

</IfModule>

<IfModule cgid_module>
    #
    # ScriptSock: On threaded servers, designate the path to the UNIX
    # socket used to communicate with the CGI daemon of mod_cgid.
    #
    #Scriptsock logs/cgisock
</IfModule>

#
# "C:/Program Files (x86)/Apache Software Foundation/Apache2.2/cgi-bin" should be changed to whatever your ScriptAliased
# CGI directory exists, if you have that configured.
#
<Directory "C:/Program Files (x86)/Apache Software Foundation/Apache2.2/cgi-bin">
    AllowOverride None
    Options None
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>

#
# DefaultType: the default MIME type the server will use for a document
# if it cannot otherwise determine one, such as from filename extensions.
# If your server contains mostly text or HTML documents, "text/plain" is
# a good value.  If most of your content is binary, such as applications
# or images, you may want to use "application/octet-stream" instead to
# keep browsers from trying to display binary files as though they are
# text.
#
DefaultType text/plain

<IfModule mime_module>
    #
    # TypesConfig points to the file containing the list of mappings from
    # filename extension to MIME-type.
    #
    TypesConfig conf/mime.types

    #
    # AddType allows you to add to or override the MIME configuration
    # file specified in TypesConfig for specific file types.
    #
    #AddType application/x-gzip .tgz
    #
    # AddEncoding allows you to have certain browsers uncompress
    # information on the fly. Note: Not all browsers support this.
    #
    #AddEncoding x-compress .Z
    #AddEncoding x-gzip .gz .tgz
    #
    # If the AddEncoding directives above are commented-out, then you
    # probably should define those extensions to indicate media types:
    #
    AddType application/x-compress .Z
    AddType application/x-gzip .gz .tgz

    #
    # AddHandler allows you to map certain file extensions to "handlers":
    # actions unrelated to filetype. These can be either built into the server
    # or added with the Action directive (see below)
    #
    # To use CGI scripts outside of ScriptAliased directories:
    # (You will also need to add "ExecCGI" to the "Options" directive.)
    #
    #AddHandler cgi-script .cgi

    # For type maps (negotiated resources):
    #AddHandler type-map var

    #
    # Filters allow you to process content before it is sent to the client.
    #
    # To parse .shtml files for server-side includes (SSI):
    # (You will also need to add "Includes" to the "Options" directive.)
    #
    #AddType text/html .shtml
    #AddOutputFilter INCLUDES .shtml

    AddType application/x-httpd-php .php 
</IfModule>

#
# The mod_mime_magic module allows the server to use various hints from the
# contents of the file itself to determine its type.  The MIMEMagicFile
# directive tells the module where the hint definitions are located.
#
#MIMEMagicFile conf/magic

#
# Customizable error responses come in three flavors:
# 1) plain text 2) local redirects 3) external redirects
#
# Some examples:
#ErrorDocument 500 "The server made a boo boo."
#ErrorDocument 404 /missing.html
#ErrorDocument 404 "/cgi-bin/missing_handler.pl"
#ErrorDocument 402 http://www.somenet.com/subscription_info.html
#

#
# MaxRanges: Maximum number of Ranges in a request before
# returning the entire resource, or one of the special
# values 'default', 'none' or 'unlimited'.
# Default setting is to accept 200 Ranges.
#MaxRanges unlimited

#
# EnableMMAP and EnableSendfile: On systems that support it, 
# memory-mapping or the sendfile syscall is used to deliver
# files.  This usually improves server performance, but must
# be turned off when serving from networked-mounted 
# filesystems or if support for these functions is otherwise
# broken on your system.
#
#EnableMMAP off
#EnableSendfile off

# Supplemental configuration
#
# The configuration files in the conf/extra/ directory can be 
# included to add extra features or to modify the default configuration of 
# the server, or you may simply copy their contents here and change as 
# necessary.

# Server-pool management (MPM specific)
#Include conf/extra/httpd-mpm.conf

# Multi-language error messages
#Include conf/extra/httpd-multilang-errordoc.conf

# Fancy directory listings
#Include conf/extra/httpd-autoindex.conf

# Language settings
#Include conf/extra/httpd-languages.conf

# User home directories
#Include conf/extra/httpd-userdir.conf

# Real-time info on requests and configuration
#Include conf/extra/httpd-info.conf

# Virtual hosts
#Include conf/extra/httpd-vhosts.conf

# Local access to the Apache HTTP Server Manual
#Include conf/extra/httpd-manual.conf

# Distributed authoring and versioning (WebDAV)
#Include conf/extra/httpd-dav.conf

# Various default settings
#Include conf/extra/httpd-default.conf

# Secure (SSL/TLS) connections
#Include conf/extra/httpd-ssl.conf
#
# Note: The following must must be present to support
#       starting without SSL on platforms with no /dev/random equivalent
#       but a statically compiled-in mod_ssl.
#
<IfModule ssl_module>
SSLRandomSeed startup builtin
SSLRandomSeed connect builtin
</IfModule>

PHPIniDir "c:/Program Files/php" 

そしてvhosts.conf:

NameVirtualHost 127.0.0.1:80

<VirtualHost 127.0.0.1:80>
    DocumentRoot i:/projects/webserver/__tools/phpmyadmin/
    ServerName dbadmin.tools
</VirtualHost>
495

2016年10月に更新

4年前、この回答は多くの人が参考にしていたので、この間セキュリティの観点から多くのことを学びましたが、いくつかの重要な注意点を明確にする責任があると感じます。

元の答えは正しいですが、実稼働環境によっては安全ではありません。さらに、環境のセットアップ中に発生する可能性がある問題についても説明します。

簡単な解決策を探していて、セキュリティIS問題ではない、すなわち開発環境を探している場合、代わりに元の答えをスキップして読んでください

多くのシナリオで 403禁止 になることがあります。


A.ディレクトリインデックス(mod_autoindex.cから)

ディレクトリにアクセスしたときに、このディレクトリにデフォルトのファイルが見つからなかった場合 _および_ Apache Options Indexesは、このディレクトリに対して有効になっていません。

A.1。 DirectoryIndexオプションの例

DirectoryIndex index.html default.php welcome.php

A.2 Options Indexesオプション

設定されている場合、デフォルトのファイルが見つからない場合、Apacheはディレクトリの内容を一覧表示します(上記の????????オプションから)。

上記の条件がどれも満たされない場合

あなたは 403禁じられた を受け取るでしょう

おすすめ

  • _本当に_ が必要でない限り、ディレクトリの一覧表示を許可しないでください。
  • デフォルトのインデックスDirectoryIndexを最小値に制限します。
  • 変更したい場合は、変更を必要なディレクトリのみに制限します。たとえば、.htaccessファイルを使用するか、<Directory /my/directory>ディレクティブ内に変更を入れます

B. deny,allowディレクティブ(Apache 2.2)

@Radu、@Simon A. Eugsterによってコメントに記載されています これらのディレクティブによって、要求が拒否、ブラックリストに追加、またはホワイトリストに登録されました。

私は完全な説明を掲載しませんが、いくつかの例があなたが理解するのを助けるかもしれないと思う、要するにこの規則を覚えています:

両方と一致した場合、最後の指示IS勝つもの

Order allow,deny

両方のディレクティブが一致した場合、Denyは勝ちます(たとえallowディレクティブがconf内のdenyの後に書かれていても)

Order deny,allow

両方のディレクティブが一致すればallowは勝つでしょう

例1

Order allow,deny
Allow from localhost mydomain.com

Localhostと* .mydomain.comだけがこれにアクセスでき、他のすべてのホストは拒否されます。

例2

Order allow,deny
Deny from evil.com
Allow from safe.evil.com # <-- has no effect since this will be evaluated first

すべての要求は拒否され、最後の行はあなたをだましてしまうかもしれませんが、書かれているのと同じように、最後の勝利規則(ここではDenyが最後です)の両方と一致する場合

Order allow,deny
Allow from safe.evil.com
Deny from evil.com # <-- will override the previous one 

実施例4

Order deny,allow
Allow from site.com
Deny from untrusted.site.com # <-- has no effect since this will be matched by the above `Allow` directive

リクエストはすべてのホストから受け付けられます

例4:一般公開サイトで一般的(ブラックリストに掲載されていない限り許可)

Order allow,deny
Allow from all
Deny from hacker1.com
Deny from hacker2.com

例5:イントラネットサイトとセキュリティで保護されたサイトで一般的(ホワイトリストに登録されていない限り拒否)

Order deny,allow
Deny from all
Allow from mypc.localdomain
Allow from managment.localdomain

C. Requireディレクティブ(Apache 2.4)

Apache 2.4はmod_authz_Hostと呼ばれる新しいモジュールを使います

Require all granted =>すべてのリクエストを許可する

Require all denied =>全てのリクエストを拒否する

Require Host safe.com => safe.comからのみ許可されています


D.ファイル許可

ほとんどの人が間違っていることの1つは、ファイルのパーミッションを設定することです。

GOLDEN RULEは

権限なしで起動し、必要に応じて追加する

Linuxでは:

  • ディレクトリはExecuteパーミッションを持つべきです

  • ファイルはReadパーミッションを持つべきです

  • はい、あなたは正しいですExecuteアクセス許可をファイルに追加しないでください

たとえば、このスクリプトを使用してフォルダのアクセス許可を設定します。

# setting permissions for /var/www/mysite.com

# read permission ONLY for the owner 
chmod -R /var/www/mysite.com 400 

# add execute for folders only
find /var/www/mysite.com -type d -exec chmod -R u+x {} \;

# allow file uploads 
chmod -R /var/www/mysite.com/public/uploads u+w

# allow log writing to this folder
chmod -R /var/www/mysite.com/logs/ 

私は例としてこのコードを投稿しました、セットアップは他の状況で変わるかもしれません



元の答え

同じ問題に直面しましたが、 httpd.conf のグローバルディレクトリ設定または httpd-vhosts.conf の特定のディレクトリブロックに options ディレクティブを設定することで解決しました。 :

Options Indexes FollowSymLinks Includes ExecCGI

デフォルトでは、グローバルディレクトリ設定は(httpd.conf line ~188)です。

<Directory />
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride All
    Order deny,allow
    Allow from all
</Directory>

オプションを次のように設定します。Options Indexes FollowSymLinks Includes ExecCGI

最後に、それは次のようになります。

<Directory />
    #Options FollowSymLinks
    Options Indexes FollowSymLinks Includes ExecCGI
    AllowOverride All
    Order deny,allow
    Allow from all
</Directory>

Order deny,allowAllow from allの行をRequire all grantedで変更してみてください。

付録

Directory Indexesのソースコード(簡潔にするため一部のコードは削除されています)

if (allow_opts & OPT_INDEXES) {
     return index_directory(r, d);
} else {
        const char *index_names = apr_table_get(r->notes, "dir-index-names");

        ap_log_rerror(APLOG_MARK, APLOG_ERR, 0, r, APLOGNO(01276)
                      "Cannot serve directory %s: No matching DirectoryIndex (%s) found, and "
                      "server-generated directory index forbidden by "
                      "Options directive",
                       r->filename,
                       index_names ? index_names : "none");
        return HTTP_FORBIDDEN;
    }
636
amd

私はこの問題が解決されたことを理解していますが、私は自分自身でこの同じ問題を解決したのです。

の原因

このサーバーにアクセスする権限がありません

実際にはhttpd.conf内のApacheディレクトリのデフォルト設定です。

#
# Each directory to which Apache has access can be configured with respect
# to which services and features are allowed and/or disabled in that
# directory (and its subdirectories). 
#
# First, we configure the "default" to be a very restrictive set of 
# features.  
#
<Directory "/">
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride None
    Order deny,allow
    Deny from all          # the cause of permission denied
</Directory>

Deny from allAllow from allに変更するだけで、パーミッションの問題が解決するはずです。

あるいは、より良い方法は、仮想ホスト構成で個々のディレクトリー許可を指定することです。

<VirtualHost *:80>
    ....

    # Set access permission
    <Directory "/path/to/docroot">
        Allow from all
    </Directory>

    ....
</VirtualHost>

Apache-2.4 以降、アクセス制御は新しいモジュールmod_authz_Hostを使って行われます( 2.2から2.4へのアップグレード )。したがって、新しいRequireディレクティブを使用する必要があります。

<VirtualHost *:80>
    ....

    # Set access permission
    <Directory "/path/to/docroot">
        Require all granted
    </Directory>

    ....
</VirtualHost>
186
Czar Pino

デフォルトの/ var/www /以外でホストされているディレクトリに関する一般的な問題は、Apacheユーザーが、サイトがホストされているディレクトリおよびサブディレクトリへのアクセス許可だけを必要としないことです。 Apacheは、サイトがホストされているファイルシステムのルートまでのすべてのディレクトリへのアクセス許可を必要とします。 Apacheはインストール時に自動的に/ var/www /に割り当てられたパーミッションを取得するので、あなたのHostディレクトリがその直下にあるなら、これはあなたには当てはまりません。編集:Daybreakerは彼のApacheがデフォルトディレクトリへの正しいアクセス許可なしでインストールされたと報告しました。

たとえば、開発用のマシンがあり、サイトのディレクトリは次のとおりです。

/username/home/Dropbox/myamazingsite/

あなたはあなたが逃げることができると思うかもしれません:

chgrp -R www-data /username/home/Dropbox/myamazingsite/
chmod -R 2750 /username/home/Dropbox/myamazingsite/

これはあなたのサイトのディレクトリにアクセスするためのApacheパーミッションを与えるのですか?まあそれは正しいですがそれは十分ではありません。 Apacheはディレクトリツリーの至るところでパーミッションを必要としています。

chgrp -R www-data /username/
chmod -R 2750 /username/

明らかに、本番サーバー上のApacheへのアクセスを、そのディレクトリ構造の内容を分析せずに完全なディレクトリ構造にすることはお勧めしません。実運用では、デフォルトのディレクトリ、またはWebアセットを保持するためだけの別のディレクトリ構造を維持するのが最善です。

Edit2:u/chimerahaが指摘したように、あなたが許可を使って何をしているのかわからない場合は、あなたのホームディレクトリからあなた自身をロックするのを避けるためにあなたのホームディレクトリからあなたのサイトのディレクトリを移動するのが最善です。

129
Giles Roberts

Apache 2.4ではいくつかの設定パラメータが変更されました。 Zend Framework 2 アプリケーションを設定しているときにも、同様の問題がありました。いくつかの調査の後、これが解決策です。

正しくない設定

<VirtualHost *:80>
    ServerName zf2-tutorial.localhost
    DocumentRoot /path/to/zf2-tutorial/public
    SetEnv APPLICATION_ENV "development"
    <Directory /path/to/zf2-tutorial/public>
        DirectoryIndex index.php
        AllowOverride All
        Order allow,deny #<-- 2.2 config
        Allow from all #<-- 2.2 config
    </Directory>
</VirtualHost>

正しい構成

<VirtualHost *:80>
    ServerName zf2-tutorial.localhost
    DocumentRoot /path/to/zf2-tutorial/public
    SetEnv APPLICATION_ENV "development"
    <Directory /path/to/zf2-tutorial/public>
        DirectoryIndex index.php
        AllowOverride All
        Require all granted #<-- 2.4 New configuration
    </Directory>
</VirtualHost>

あなたがApache 2.2から2.4へ移行することを計画しているなら、これは良い参考文献です: http://httpd.Apache.org/docs/2.4/upgrading.html

58
hmoyat

Apache 2.2

Order Deny,Allow
Allow from all

Apache 2.4の場合

Require all granted

http://httpd.Apache.org/docs/2.4/en/upgrading.html から

40
mpgn

On Ubuntu 14.04 using Apache 2.4 では、次のようにしました。

ファイルに Apache2.conf /etc/Apache2の下)を追加します。

<Directory /home/rocky/code/documentroot/>
  Options Indexes FollowSymLinks
  AllowOverride None
  Require all granted
</Directory>

サーバーをリロードします。

Sudo service Apache2 reload

編集:これはまた、Apache 2.4を搭載したOS X Yosemiteでも動作します。最も重要な行は

すべて許可する

24
Rocky Inde

_ wamp _ / serverを使用している場合は、これを試してください。

  • タスクバーのWAMPサーバーアイコンをシングルクリック

  • オプションを選択してください オンラインにする

  • サーバーは自動的に再起動します

  • それからあなたのlocalwebsiteにアクセスしてみてください

22
Sonu

私は自分のユーザーをhttpd.confに追加することで問題を解決しました。

# User/Group: The name (or #number) of the user/group to run httpd as.
# It is usually good practice to create a dedicated user and group for
# running httpd, as with most system services.
#
#User daemon
User my_username
Group daemon
16
jose.marke01

CentOSを SELinux と組み合わせて使用​​している場合:

Sudo restorecon -r /var/www/html

もっと見る: https://www.centos.org/forums/viewtopic.php?t=6834#p31548

15
Do Nhu Vy

この記事 Apache 2.2で仮想ホストを作成する は、トップの仮想ホストディレクトリへのアクセス許可(9)を手助けしてくれます。

この行をvhosts.confファイルに追加するだけです。

<Directory I:/projects/webserver>
    Order Deny,Allow
    Allow from all
</Directory>
14

私は同じエラーを受けていたし、年齢のための問題を把握することができませんでした。 CentOS などの SELinux を含むLinuxディストリビューションを使用している場合は、ドキュメントルートファイルに対してSELinuxのアクセス権が正しく設定されていることを確認する必要があります。これは標準のファイルシステムのパーミッションとはまったく異なるパーミッションのセットです。

私はたまたまチュートリアルApacheとSELinuxを使っていましたが、何を探すべきか知っていればたくさんあるようです。

10
Dominic

MAMP Proを使用している場合、これを修正する方法はIndexes - Hostsタブの下のExtendedチェックボックスをチェックすることです。

MAMP Pro v3.0.3では、これは次のようになります。 enter image description here

6
Dan

この問題を解決する別の方法があります。 /var/www/html/subphpに存在するディレクトリ "subphp"にアクセスしたいとし、127.0.0.1/subphpを使用してそれにアクセスしたいとしましょう。

このサーバーの/ subphp /にアクセスする権限がありません。

次に、ディレクトリのアクセス権を "なし"から "ファイルへのアクセス"に変更します。コマンドラインユーザーは、 chmod コマンドを使用して権限を変更できます。

5
WASIM ASHRAF

私はMac OS Xを使用しています。私の場合は、Apacheでphpを有効にすることを忘れています。必要なことは/etc/Apache2/httpd.confから1行コメントを外すことです。

LoadModule php5_module libexec/Apache2/libphp5.so

ref これ 詳しくは記事。

3
shellbye

(WindowsおよびApache 2.2.xの場合)

「禁止」エラーは、仮想ホストが定義されていないことも原因です。

Julienが述べたように、仮想hosts.confを使うつもりなら、httpdファイルに行き、次の行のコメントを外してください。

#Include conf/extra/httpd-vhosts.conf

それから仮想ホストの定義をconf/extra/httpd-vhosts.confに追加してApacheを再起動してください。

2
oabarca

私はこの問題に遭遇しました、そして私の解決策はwww-dataが適切なフォルダを所有していなかったということでした、そして代わりにそれを所有するためにユーザの1人のためにそれを設定しました。 (私はちょっとした空想をやろうとしていましたが、ftpをうまく再生させるための誤ったトリックです。)

実行後:

chown -R www-data:www-data /var/www/html

マシンはデータの提供を再開しました。あなたは現在誰がフォルダを所有しているかを見ることができます。

ls -l /var/www/html
2
Adam Hollock

私は同じ問題を抱えていましたが、私はApache上のパスをvar/wwwの外のフォルダに変更したため、問題にぶつかり始めました。

私はvar/www/html> home/dev/projectにシンボリックリンクを作成することでそれを修正しました。

2
IonicBurger

この解決策は、すべての人に許可するものではありません

私はちょうど私のパブリックディレクトリwwwを変更し、私のPCからアクセスし、そしてWifiで接続されたモバイルにしたいです。 Ubuntu 16.04です。

  1. それで、最初に、私は修正しました /etc/Apache2/sites-enabled/000-default.conf そして私は私の新しいパブリックディレクトリDocumentRoot "/ media/data/XAMPP/htdocs"のために行DocumentRoot/var/www/htmlを変更しました

  2. それから/etc/Apache2/Apache2.confを修正し、localhostと私の携帯にパーミッションを設定しました。今回はIPアドレスを使用しましたが、それは完全に安全ではないことを知っていますが、私の目的では問題ありません。

    <Directory/>
        Options FollowSymLinks
        AllowOverride None
        Order deny,allow
        Deny from all
        Allow from localhost 10.42.0.11
    </Directory>
    

これを試して、何もOrder allow,denyなどを追加しないでください。

AddHandler cgi-script .cgi .py 
ScriptAlias /cgi-bin/ /usr/lib/cgi-bin/
<Directory "/usr/lib/cgi-bin">
    AllowOverride None
    Options +ExecCGI -MultiViews +SymLinksIfOwnerMatch
    Require all granted
    Allow from all
</Directory>

Sudo a2enmod cgi
Sudo service Apache2 restart
1
dastan
    I changed 
    Order Deny,Allow
    Deny From All      in .htaccess to   " Require all denied "    and restarted Apache but it did not help.

UbuntuのApache2.confのパスは/etc/Apache2/Apache.confです。

それから私はApache2.confに次の行を追加し、それから私のフォルダはうまく働いています

    <Directory /path of required folder>
            Options Indexes FollowSymLinks
            AllowOverride All
            Require all granted
       </Directory>

   and run  " Sudo service Apache2 restart " 
1
Lakshmi

RiggsFollyが私のためにこれ以外の場所で答えた、単に:

あなたのApacheのconfフォルダ内で編集ファイル: httpd-vhost.conf

ディレクトリネストの内側にこの小さな行を追加します。

Require ip 192.168.1

サーバーを再起動します。ApacheまたはWamp、あるいはあなたが持っているものは何でもです。

それはそれで、今あなたのすべてのHOME機器(IP範囲192.168.1.xxx内)はあなたのPCサーバーを見ることができます。あなたが唯一のip番号の最初の3つの部分を追加することに注意してください)。

問題がある場合は、ファイアウォールを終了してテストしてください。

あなたのネットワーク機器のIP番号を見るには、PC用またはAndroid用の "IP Scanner"ソフトウェア(かなり無料のもの)をPlayストアからダウンロードしてください。

0
washere

Modsecを有効にして、サイトのエラーログでmodsec IDを確認してから、バーチャルホスト内のファイルのロケーションマッチを入力します(または、.htaccessと思います)。

 <LocationMatch "/yourlocation/index.php">
    <IfModule security2_module>
        SecRuleRemoveById XXXXXXX
    </IfModule>
</LocationMatch>
0
wuxmedia

権限エラー

私のような何人かの非常に新しいユーザーはページに不正確な許可が設定されているときにこの問題に直面します(特に、 "他の"ユーザーは 読み取り許可を持っていない )。たとえば、index.htmlにアクセスしようとしたときに、上記のエラーが発生したとします。修正するには、次のように入力します。

chmod o+r index.html

その後、サーバーに再度アップロードしてください。エラーが消えます。

0
luchonacho

私がこの問題にも遭遇したときに、別の貢献をするためだけに

したくないVirtualHostを設定しました。私はバーチャルホストのためのインクルードが発生した行をコメントアウトして、それはうまくいきました。

0

これはかなりばかげていますが、私がダウンロードしようとしていたファイルがファイルシステム上になかったとき、私は403 Forbiddenを得ました。この場合、Apacheエラーはそれほど正確ではありません。ファイルを正しい場所に配置しただけで、すべてがうまくいきました。

0
Matthias

WORKINGメソッド(他に問題がない限り)

デフォルトでは、Apacheは IPv4 (共通の外部IPアドレス)からのアクセスを制限していません。

制限されているのは 'httpd.conf'で与えられたコマンドです。

すべて交換

<Directory />
    AllowOverride none
    Require all denied
</Directory>

<Directory />
    AllowOverride none
    # Require all denied
</Directory>

それゆえApacheに与えられたすべての制限を取り除きます。

C:/ wamp/www /ディレクトリのRequire localRequire all grantedに置き換えます。

<Directory "c:/wamp/www/">
    Options Indexes FollowSymLinks
    AllowOverride all
    Require all granted
    # Require local
</Directory>
0
Jerin K. John

あなたがあなたのファイルを置いている場所を正確にチェックしなさい、Documentsフォルダの中にそれらを入れ子にしないでください。

例えば、私は自分のコードをDocumentsフォルダーに入れたのを間違えました。Documentsは明示的にあなたにしか利用できず、Apacheには利用できないからです。 1つ上のディレクトリに移動してみてください。そうしないと、この問題は発生しません。

からフォルダを移動します。

/ユーザー/自分の名前/ドキュメント/コード

ここへ:/ Users /あなたの名前/ code

0
James

この質問にはすでにいくつかの答えがあることは知っていますが、前述の答えでは十分に強調されていない、非常に微妙な側面があると思います。

Apacheの設定やファイルのパーミッションをチェックする前に、アクセスしたいファイルへのフルパスを構成しているディレクトリのeach(例えばあなたのドキュメントのルート)は、Webサーバーユーザーにとって読み取り可能なだけでなく実行可能でもあります。

たとえば、ドキュメントルートへのパスが "/ var/www/html"であるとしましょう。あなたはすべての "var"、 "www"、そして "html"ディレクトリがWebサーバユーザによって実行可能(そして実行可能)であることを確認しなければなりません。私の場合(Ubuntu 16.04)、 "html"ディレクトリから "others"グループの "x"フラグを誤って削除していたので、パーミッションは次のようになりました。

drwxr-xr-- 15 root root 4096 Jun 11 16:40 html

ご覧のとおり、Webサーバーユーザー(この場合は "others"アクセス許可が適用されているユーザー)は "html"ディレクトリへの execute アクセス権を持っていませんでした。これがまさに問題の根本でした。を発行した後:

chmod o+x html

コマンド、問題は修正されました!

この問題を解決する前に、このスレッドで他のすべての提案を文字通り試してみましたが、その提案はほとんど偶然に見つかったコメントに埋め込まれていたので、ここで強調して詳しく説明しておきます。

0
Sal Borrelli

この増加しているリストに別の潜在的な問題を追加するために、私の問題(CentOS 6.8を実行している)は別のサーバー上でうまく動く特定の仮想ホストにありました。

.htaccessでは、これにより403エラーが発生しました:<IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine On RewriteBase / </IfModule>

1行目に FollowSymLinks を追加して問題を修正しました:<IfModule mod_rewrite.c> Options +FollowSymLinks RewriteEngine On RewriteBase / </IfModule>

0
Dave

Docker buildを実行する前に、 _ sshfs _ を使用してローカルファイルシステムからVirtualBoxゲストのファイルをマウントすると、この問題が発生しました。結局、 "修正"はSSHFSマウントの内側からビルドするのではなく、すべてのファイルをVirtualBoxインスタンスにコピーしてからそこからビルドを実行することでした。

0
Programster

この場合に設定する正しいファイルは、phpMyAdminエイリアスのhttpd.confではなくbin/Apache/your_version/conf/httpd.confです。

次の行を探します。

DocumentRoot "c:/wamp/www/"

#
# Each directory to which Apache has access can be configured with respect
# to which services and features are allowed and/or disabled in that
# directory (and its subdirectories).
#
# First, we configure the "default" to be a very restrictive set of
# features.
#
<Directory />
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride None
    Order deny,allow
    Allow from all
</Directory>

Allow from all...に設定されていることを確認してください。

そうでなければ、phpMyAdminは動作するかもしれませんが、あなたのルートとその下の他のフォルダは動作しません。また、WAMPを再起動してからオンラインにしてください。

これは私の頭痛を解決しました。

0
Ekene

設定ファイルを変更したら、Restart All Servicesを忘れないでください。

私はそれに私の時間の3時間を無駄にしました。

0

私は特定のコントローラだけに同じ問題を抱えていました - それは本当に奇妙でした。アクセスしようとしていたコントローラと同じ名前のフォルダがCIフォルダのルートにありました。そのため、CIはコントローラ自体ではなくこのディレクトリに要求を送信していました。

このフォルダを削除した後(これは少し間違っていました)、すべてうまくいきました。

より明確にするために、これは次のようになりました。

/ci/controller/register.php

/ci/register/

/ci/register/を削除しなければなりませんでした。

0
Antony P.

このコードのようにyouralias.confファイルを変更することができます:

Alias /Quiz/ "h:/MyServer/Quiz/" 
 <Directory "h:/MyServer/Quiz/">
   Options Indexes FollowSymLinks
   AllowOverride all
   <IfDefine Apache24>
     Require local
   </IfDefine>
   <IfDefine !Apache24>
    Order Deny,Allow
    Deny from all
    Allow from localhost ::1 127.0.0.1
   </IfDefine>
 </Directory>
0
Iman Marashi