it-swarm-ja.com

空のSSDにArch Linuxをインストールしようとするとamd-vi完了待ちループとその他のエラー/メッセージが表示される

Update 2019-05-21 19:37 EST:私のマザーボードは利用可能な最新のBIOS上にあります 2019-03-06がリリースされました =、ただし、以下に説明するインストールの問題がまだあります。

更新:Arch ISOをCDに焼き付けてから、UEFIとレガシーの両方でブートを試みました。同じタイプの結果:

enter image description hereenter image description hereenter image description hereenter image description here

元の質問:USBにddを使用して this Arch ISO (バージョン2019.05.02)を入れましたスティック、それから私のデスクトップコンピュータでそれから起動しようとしました。 Archメニューが表示されたら、「Boot Arch Linux(x86_64)」を選択します。しかし、その後に続くのは一連のエラーメッセージで、プロセスはそこでハングし、何もしません。ここに写真があります: enter image description here

メッセージは「AMD-Vi:Completion-Wait loop timed out」として始まります

メッセージには「カーネルパニック」が含まれます。

私のマザーボードはRyzen 5 2600 CPUを搭載したMSI B450トマホークです。 UEFIとレガシー経由でブートを試みましたが、同じ結果が得られました。

Arch Linuxをインストールするには?

6
Username

MSI B450を使用したLinuxカーネル

この場合、iommu機能がサポートされているため、カーネルは失敗します。特定のカーネル調整(パラメーター)を使用して、起動の問題を修正できます このビデオ カーネルパラメーターを編集/適用する方法を示します。ここにいくつかの可能な解決策があります。提案されているさまざまなパラメーターを試して、ニーズに最適なパラメーターを選択してください。また、BIOSでSVEをオフにすることもできます。

可能なソリューション:カーネルパラメータ

  • iommu=off
  • iommu=offおよびAMD_iommu=fullflush
  • AMD_iommu=off
  • mem_encrypt=off
  • amdgpu.runpm=0
  • pci=noats

関連するテクノロジーの定義

カーネルパラメータ: (別名ブートオプション)カーネルコマンドラインパラメータは、ブートプロセス中にカーネルに渡して、その機能を調整するパラメータです。

IOMMU: は、基本的にパフォーマンスとセキュリティを向上させるメモリ管理ユニットです。詳細はこちら こちら

IOMMU状態: オン、オフ、またはフルフラッシュ(リンクされた記事の詳細)

mem_encrypt: Secure Memory Encryption(SME)のサポートを追加します。さらに、後続のパッチでページを暗号化済みとしてマークするために使用されるメモリ暗号化マスクを定義します。

amdgpu.runpm = 0:Linuxカーネルのグラフィカルな電源管理を無効にします(ハードウェア/ファームウェア/ BIOSレベルで処理されます)。

pci = noats: disable PCIアドレス変換サービス

  • インストール後、カーネルの更新に非常に注意する必要があります

  • 上級技術ユーザーは this または that パッチを使用して独自のカーネルを構築できます

Arch Boot Disk:

パラメータをブートディスクに適用するには、ブートメニューで「タブ」を押してブートコマンドを編集し、スペースを押して(スペースを追加)、たとえば引用符なしで「iommu = off」などのパラメータを書き込み、Enterキーを押してブートします。

出典:

launchpadfreedesktopfreedesktopfreedesktopaskubuntwikipediaartofcodearchlinuxlinuxfoundationfcloseyoutube 、- youtube

5
intika

起動中にacpi=offまたはiommu=softを追加します。どちらにも欠点があります。

iommu=soft

Linuxはすべてを適切に(すべてのコアで)検出でき、クラッシュはゼロでした。唯一の問題は、一部のPCIデバイスのすべてのデータをサブ4G領域にコピーする必要があるため、パフォーマンスが低下する可能性のあるソフトウェアIOMMUを使用していることです。

acpi=off

あるいは、カーネルオプション「acpi = off」で起動しますが、単一のコア/スレッドのみを検出します。

リソース: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/linux/+bug/174746

これらのオプションの1つを追加するには、Press [Tab] to edit optionsと表示された画面でTabキーを押し、initrd=を含む行の最後に追加します。

リソース: https://www.reddit.com/r/archlinux/comments/9bv2vj/how_to_add_kernel_parameters_to_boot_from/

それでも問題が解決しない場合は、BIOSやArch ISOのアップデートが利用可能かどうかを確認してください。 ArchのイメージにLinuxカーネル5が含まれている場合に、Archが機能する可能性が高くなります。

リソース: https://askubuntu.com/a/1091191

3
S.S. Anne