it-swarm-ja.com

Arch Linuxのカーネルパニックのログファイル

最近Arch Linuxマシンを更新しました。それ以来、あちこちでカーネルパニックが発生しています。 (画面がフリーズし、キーボードのステータスライトが点滅している)

YouTubeのビデオを10分くらい見た時に起こるようです。私はそれらを解決するために、これらのカーネルパニックの原因を見つけたいと思っています。

あらゆる種類の貴重な情報を含むログファイルを見つけることができません。

journalctlは有用な情報を提供せず、dmesgは現在実行中のカーネルに関する情報のみを表示します。/var/log /のほとんどのログファイルは空です。 systemdはロギングを処理し、そこにログを保存しないため、これは正常だと思います。

カーネルパニックに関する詳細情報はどこで入手できますか?完全なカーネルダンプは必要ありません。スタックトレースまたは障害のあるモジュール/サブシステムの名前で十分です。

7
Boris Bera
dmesg -w > yourlogfile &

上記のコマンドは、dmesgログを追跡し、ファイルに出力します。カーネルがパニックになるまで実行し、起動後にログを確認します

tail yourlogfile

それはあなたに喫煙銃を与えないかもしれませんが、それは出発点です。

1
dizzi90

システムが完全に停止している場合、エラーがディスクに書き込まれる保証はありません。

ただし、画面もロックされるため、エラーがX関連である可能性があります。 Xにはまだ独自のログファイルがあるため、クラッシュ後に/var/log/Xorg.0.log.old(または他の/var/log/Xorg.*ファイルの1つ)を調べることから始めます。

0
user3049102

パニックが発生するたびにvmcore(vmcoreはパニック発生時の実行中のカーネルのスナップショット)を取得できるように、マシンにkdumpを構成する必要があると思います。

以下の手順に従ってkdumpカーネルを設定してください:

kdumpの設定-Link1

kdumpの設定-Link2

生成されたコアファイルを確認するには、 クラッシュユーティリティ を使用する必要があります。

[更新]

一部のカーネルパラメーター(検索sysctlパラメーター)も構成する必要があります。

0
shubham