it-swarm-ja.com

youtube-dl:OpusオーディオまたはAACオーディオをダウンロードしますか?

いいえ、これは この質問 の複製ではありません

YouTubeからミュージックビデオをダウンロードするためにyoutube-dlを使用しています。私はデフォルトのままにしておくと、youtube-dlはbestvideo+bestaudioを使用し、最近の動画ではbestaudioの場合、ほぼ常にOpusトラックをダウンロードします。

ソースからエンコードされたOpusトラックは通常、同じビットレートのAACトラックよりも品質が高いことを知っています。

ただし、OpusオーディオはMP4コンテナーでサポートされていないことも知っています。YouTubeへのアップロードは(まだ)MKVをサポートしていないため、元のアップロードはAACを使用します。つまり、OpusオーディオトラックはAACからの不可逆トランスコードとなり、品質が低下する可能性があります

(FI、MPC-HC + K-Liteメガコーデックを使用して再多重化されたビデオ+オーディオを再生しても問題ありません。また、ffmpeg -c:a copyを使用してオーディオを抽出し、Foobar2000を使用して再生しても問題ありません)

だから、私の質問は、私はOpusトラックの代わりにAACトラックをダウンロードする必要があると思いますか、それともyoutube-dlにその機能を実行させるべきですか? AACトラックをダウンロードする場合と比較して、Opusトラックをダウンロードするとどのようなメリットがありますか?

10
pepoluan

ソースオーディオがAACであることをそれほど心配する必要はありません。YouTubeがMP4コンテナと同様にそれを使用することを推奨していますが、MKVコンテナとPCMやFLACなどのロスレスコーデックは実際にサポートされています(私はMKVを使用しています) + YouTubeで数年間FLAC)。

それでも、ユーザーが実際にAACでオーディオをアップロードした場合でも、YouTubeは実際にAACエンコード用にトランスコードします。 YouTubeでは48KHzでのアップロードも推奨していますが、そのOpusエンコードのみが48KHzです。YouTubeはAACとVorbisの両方に44.1KHzを使用しているため、これらのエンコードの両方もダウンサンプリングされている可能性があります。

最後に、オーパスはまだより高い品質でなければなりません。

6

youtube-dlにコメントするのではなく、Opusオーディオ関連の質問に答えようとします。

ffcvt が示唆するように、「the Opusaudio codec は、オーディオを圧縮するためにこれまでで最高のものになりつつあります- 64K Opuオーディオストリームは、128Kから256Kの帯域幅のmp3ファイルに相当します。

興味がある場合は、 Opusに関するいくつかの包括的な情報については、こちらをご覧ください 、これには サウンドの例 へのリンクが含まれています。自分でテストできます。

品質が低下する可能性があるため、AACと比較して非可逆トランスコードについて心配していることは承知していますが、ほとんどの人は、サウンドの専門家を含め、違いに気付かないでしょう。もちろん、あなたの経験は異なります。だから、これらのサウンドの例を自分でテストして、それぞれからどのように異なるかを確認し、快適なレベルを見つけてください。帯域幅パラメーターを微調整する場合は、 ffcvt が役立ちます。

全体として、Opusは新しいオーディオコーデックであり、Web上のオーディオの新しい標準になります。機能は次のとおりです。

  • Mp3/ogg/aacよりも優れた圧縮。
  • 音楽と話し言葉の両方に適しています。
  • 動的に調整可能なビットレート、オーディオ帯域幅、およびコーディング遅延。
  • リアルタイムおよび事前に記録されたアプリケーションに適しています。
6
xpt

AACはわずかに優れている可能性があります。ただし、YouTubeのビットレートでは大きな違いはないため、互換性などの他の要件に基づいてフォーマットを選択する必要があります。

Youtubeのすべてのビデオとオーディオがトランスコードされることは事実ですが、現在の回答で示されているように、Opusはこれから利点を得ません。同じコーデックを使用してトランスコードを繰り返しても、通常のトランスコードから期待されるほど品質は低下しません。エンコーダーはどのデータを破棄するかについて同じまたは同様の決定を行う傾向があるため、2回目のパスでは最初のパス中に保持された同じデータを実際に保持する傾向があり、トランスコードの繰り返しの違いが少なくなります。

これはこの現象を示す1つのテストです :AACトランスコードを100パスした後の結果は驚くほど高品質です。さらに、特定のコーデックのIIRCでは、同じ設定で繰り返しトランスコードすると、品質が驚くほど特定のしきい値を下回らず、ビットレートに依存する漸近線に到達します。

ほとんどのビデオソフトウェアはオーディオトラックをAACとしてエンコードするため、YouTubeが提供するAACトラックはAAC-> AACトランスコードであり、AAC-> Opusトランスコードよりも優れています。

さらに、Opusは常に音楽に最適なオプションではありません。Opusはさまざまなオーディオに非常に優れていますが、他のすべての不可逆コーデックに勝るとは限りません。すべての場合に。 Opusはもともと、テレフォニーアプリケーション用の低ビットレート、低レイテンシの音声コーデックとして設計されました。さらに、より多くの種類のオーディオに対応できるように、多くの段階的な改善が行われましたが、その初期の設計決定の結果として、いくつかの領域に弱点が残っています。

たとえば、Opusにはアキレス腱があり、音色の音楽は著しく悪い場合があります。 64kbpsリスニングテスト では、ハープシコードサンプル(#2)でAACに対して無惨に失敗しました。 96kbpsリスニングテスト では、ギターサンプル(take_your_finger_from_my_hair)で再び失敗し、MP3でさえビートされました! Opusはもともと低遅延のための短いMDCTウィンドウで設計されていたため、AACがそうでない場所で奇妙な問題を時々示します。短いウィンドウは低周波数の解像度を作成しますが、トーンサウンドの品質を高めるためにビットレートを上げることによって補正する必要があります 調性推定を使用してエンコーダーに実装されています

1
goweon

さて、私がやったことを共有したいと思います:

  • 5m未満の短いクリップの場合、デフォルトの動作を使用します
  • 長すぎるクリップの場合、5mを超える場合は、-f bestを使用します

その理由は、かなりの数のダウンロードの中で、デフォルトの動作でいくつかの失敗(主にオーディオのカット)が発生したためです。 AACからのYouTubeのOpusトランスコーディングはバグがあるようです。

短いファイルを使用すると、問題を監視して聞き取り、必要に応じて-f bestを使用して再ダウンロードできます。

ただし、長いファイルは適切に視聴+聴くことが困難です(疲労を聞き、+それほど重要ではない時間を確保する必要があります)。だから私は-f bestを使って安全な方法をとります。

0
pepoluan