it-swarm-ja.com

Ubuntu 18.04で非常に遅いブートを診断/修正する方法

SSDが何もしない長い時間があります。

  • どうすれば障害を見つけて修正できますか?
  • 既にチェック済み/etc/fstab、スワップなし、または何か問題あり(32GBのRAM、スワップなし)
[    2.173492] usb 2-1.6: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
[    2.173497] usb 2-1.6: Product: DW375 Bluetooth Module
[    2.173501] usb 2-1.6: Manufacturer: Dell Computer Corp
[    2.173511] usb 2-1.6: SerialNumber: 7CE9D3C0713B
[    2.323728] ata4: SATA link down (SStatus 0 SControl 300)
[    2.441062] input: AlpsPS/2 ALPS GlidePoint as /devices/platform/i8042/serio1/input/input6
[    2.640309] ata5: SATA link down (SStatus 0 SControl 300)
[    2.954947] ata6: SATA link down (SStatus 0 SControl 300)
[    3.068090] clocksource: Switched to clocksource tsc
[   36.584826] EXT4-fs (sda1): mounted filesystem with ordered data mode. Opts: (null)
[   36.726117] ip_tables: (C) 2000-2006 Netfilter Core Team
[   36.732610] systemd[1]: systemd 237 running in system mode. (+PAM +AUDIT +SELINUX +IMA +APPARMOR +SMACK +SYSVINIT +UTMP +LIBCRYPTSETUP +GCRYPT +GNUTLS +AC
L +XZ +LZ4 +SECCOMP +BLKID +ELFUTILS +KMOD -IDN2 +IDN -PCRE2 default-hierarchy=hybrid)
[   36.751996] systemd[1]: Detected architecture x86-64.
[   36.753867] systemd[1]: Set hostname to <latitude-e5520>.
[   36.868561] systemd[1]: Started Forward Password Requests to Wall Directory Watch.
[   36.868594] systemd[1]: Reached target Remote File Systems.
[   36.868751] systemd[1]: Created slice User and Session Slice.
[   36.868869] systemd[1]: Created slice System Slice.
[   36.868948] systemd[1]: Listening on udev Control Socket.
[   36.868957] systemd[1]: Reached target Slices.
[   36.868996] systemd[1]: Listening on udev Kernel Socket.
[   36.895156] EXT4-fs (sda1): re-mounted. Opts: errors=remount-ro
[   36.898185] lp: driver loaded but no devices found
[   36.903941] ppdev: user-space parallel port driver
44
user105939

今日18.04にアップグレードしたところ、同じ問題が発生しました。 noresumeパラメーターを使用してカーネルをブートすることで修正できました。

あなたのように、私にはスワップスペースもありません。アップグレード中のある時点で、initramfs構成が変更され、存在しないスワップパーティションを指す行が追加されました。遅いブートは、このパーティションを探してから30秒後にタイムアウトするためです。

GRUBを更新して、ブート時にこのオプションをカーネルに自動的に渡すには:

  1. ファイル/etc/default/grubファイルを編集して、文字列noresumeGRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT行に含まれるようにします。次に例を示します。

    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash noresume"
    
  2. GRUBを更新するには、次のコマンドを実行します。

    Sudo update-grub
    
  3. コンピューターを再起動します

58
Clifforus
$ systemd-analyze blame

どのプロセスが起動プロセスの中で最も時間がかかっているかを確認します。

18
Manoj

私のために働いたのは、Sudo rm /etc/initramfs-tools/conf.d/resumeに続いてSudo update-initramfs -uを実行することでしたこれはアップグレードからの退行のようです( https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=861151 を参照)。

11
user7081858

16.04から18.04にアップグレードしました。起動時間は10分以上でした。
「カーネルへのスプラッシュ画面なし」から試して、起動に最も時間がかかっているプロセスを見つけました。

A start job is running for Raise network interfaces (1min 26s / 5min 24s)

そのため、ブート時間を節約するために、このプロセスの時間を短縮する必要があります。そうするために、

編集する必要があります

Sudo nano /etc/systemd/system/network-online.target.wants/networking.service

見つける

TimeoutStartSec=5min

への変更

TimeoutStartSec=5s

そして再起動

4
krige

ジョブの開始とジョブの停止のタイムアウトを設定できます。

昇格された特権で/etc/systemd/system.confを編集し、デフォルトで90秒から5(またはお好みの)にコメントされる2行を変更/追加し、コメント解除します。

から:

#DefaultTimeoutStartSec=90s
#DefaultTimeoutStopSec=90s 

に:

DefaultTimeoutStartSec=5s
DefaultTimeoutStopSec=5s

その後、次のコマンドでinitramfsを再構築して変更を適用します。

Sudo update-initramfs -u

別の方法を試してみましたが、うまくいきませんでした。その後、グラフィックスドライバーの問題であることがわかりました。追加のドライバーを使用して解決したのはNvidiaでした。

goto:ソフトウェアとアップデート->リストされたグラフィックスドライバーを選択->変更を適用

注:カーネルバージョン4.18.0-25-genericを使用しています

0
habibun