it-swarm-ja.com

VirtualBoxを使用してフラッシュドライブOSから起動する方法

私は2つのフラッシュドライブを持っています。1つはSlaxがインストールされており、もう1つはAndroid x86 Liveがインストールされている)ですが、私のラップトップでは起動しません(私の仕事では完全に起動します)。

VirtualBoxを使用して一部のライブCD/DVDまたはそのISOファイルから起動できますが、ライブフラッシュドライブでは実行できません-フラッシュドライブを配置し、仮想HDなしでVirtualBoxを起動しますが、VirtualBoxはそれらを起動オプションとして認識しません。 CD/DVDの場合と同様です。

何か案は? VirtualBoxがサポートしていない場合の代替手段はありますか?

Edit1:私はWindows(Windows 7)を使用していますが、Linux(Ubuntuなど)でそれを実行する方法も知りたいです。

34
kokbira

Windowsの場合は、この記事を参照してください: VirtualBoxでUSBドライブを起動
Linuxの場合、同じアプローチが以下で説明されています: buntuのvirtualboxでUSBから起動する方法

このアプローチでは、VirtualBoxにバンドルされているVBoxManageコマンドラインツールを使用して、物理ドライブを仮想マシンに接続します。その後、接続された物理ドライブから仮想マシンを起動できます。

または、Windowsの場合のみ Linux Live USB Creator (旧称uSbuntu)は、Linuxで起動可能なLive USBキーを作成できるWindows用の無料ソフトウェアです。ポータブルなVirtualBoxを使用した自動仮想化のオプションを提供し、構成やインストールなしでWindowsでLinuxを直接実行します。

27
harrymc

これは、私が独自に発見したWindows linkharrymc によって提供されるWindowsの簡単な要約です。

  1. Windows 7では、管理者権限でcmdプロンプトを開きます。
  2. cdからC:\Program Files\Oracle\VirtualBox

  3. 次のコマンドを実行します。

    VBoxManage internalcommands createrawvmdk ^
      -filename "C:\usb.vmdk" -rawdisk \\.\PhysicalDrive#
    

    #コンピューター管理のディスク管理からのディスク番号(下の画像のディスク1)。

    Disk number shown by Disk Management

  4. 最後に、VirtualBox内に新しく作成したvmdkを既存のハードドライブイメージとして接続します。

7
user124171

私はこの質問が古いことを知っていますが、何かを投入したいと思います。他の回答と同様に、VBoxManageコマンドをお勧めします。

ただし、コマンドを簡略化し、快適ではないユーザーに役立つチュートリアルを提供するUbuntu用のbashスクリプトを作成しました。 USBマウントが機能するために必要な変更(グループメンバーシップの追加など)に役立ちます。上級ユーザーはフラグを使用してウォークスルーを回避できます。

ここで確認してください: =でブート可能なUSBドライブを使用VM-VBブート可能なUSBマウンター

3
japzone

はい、Windows Vista、7、8では、これを機能させるために、管理者としてコマンドプロンプトとvirtualboxプログラムを起動する必要があります。 Oracle VirtualBoxの起動可能なUSBから仮想マシンを起動する方法については、最新のガイド を確認してください。

2
Dinesh

harrymcの source によれば、GUIでUSBから起動するように設定することはできませんただしを作成できます物理的なUSBペンドライブにのみ「リダイレクト」し、それを接続する特別な仮想ディスク。これがWindowsの方法です(Linuxのリンクも含まれています)。

windowsホスト

  • 物理USBペンドライブをホストコンピュータに接続します

  • diskmgmt.mscを開いて実行し、物理ペンドライブ用にWindowsが選択したdisk番号を確認します。

例: example disk 1

  • 次に、これをcmd.exeで行います。
cd c:\Program Files\Oracle\VirtualBox

VBoxManage internalcommands createrawvmdk ^
-filename <path\to\usb.vmdk> ^
-rawdisk \\.\PhysicalDrive<n>
  • <path\to\usb.vmdk>を、「リダイレクト」ディスクファイル用の選択したパスに置き換えます。例:e:\my_redirect_for_usb.vmdk

  • <n>\\.\PhysicalDrive<n>を物理ドライブの番号に置き換えます。例:\\.\PhysicalDrive1ドライブ番号が1の場合(上記のdiskmgmt.mscから取得!)

  • 余談ですが、^cmdの「行継続」のみを意味することに注意してください。これは読みやすくするためだけに行ったものです。代わりに、すべてを1行で記述できます。^は省略してください。

  • これで、他のhdd画像と同じように、Virtualboxでvmdk(例:e:\my_redirect_for_usb.vmdk)をアタッチできます

  • 私は2014年にこの方法で起動できました:)(-ソース記事は2009年のものです)

1
n611x007