it-swarm-ja.com

MS-DOS 6.22を実行する起動可能なフラッシュドライブを作成するにはどうすればよいですか?

MS-DOS 6.22用の起動可能なUSBを作成しようとしています。私は、FreeDOSや他のバージョンのDOSを使用するリスクを負うことはできません。なぜなら、問題が発生した場合に高価なものを壊す可能性がある非常にニッチなユーティリティを使用しているからです。

私は AllBootDisksにあるMS-DOS 6.22のISO を使用しています。

これまでに、このISOをいくつかのバージョンの Rufus と最新バージョンの Netbootin で試しました。

私は this link から以下のバージョンのRufusをテストしました:

  • V1.3.0ベータ(FreeDOSなし)
  • V1.2.0(FreeDOSなし)
  • V1.2.0.183(FreeDOSなし)
  • V1.1.7(FreeDOSなし)

... ISOを選択すると、すべて次のエラーが発生します。

このバージョンのRufusは、「bootmgr/WinPE」または「isolinux」に基づく起動可能なISOのみをサポートします。このISOイメージはどちらも使用していないようです。

メインのRufusページ から、私はバージョンをテストしました:

  • V2.15
  • V2.14

... ISOを選択すると、どちらも次のエラーを生成します。

このイメージは、起動不可能であるか、Rufusでサポートされていない起動または圧縮方法を使用しています。

によると このリンクへ 、特定のバージョンのMS-DOS用の起動可能なUSBを作成するためにRufusを使用することはまったく不可能です。

対照的に、UNetbootinは起動可能なUSBを作成するときにISOを受け入れるようですが、起動すると、起動ループ ここで説明 が発生します。

AllBootDisksのISOに問題がある可能性はありますか? ISOでない場合、MS-DOS 6.22用の起動可能なフラッシュドライブを他にどのように作成できますか?

9
Hashim

Windows 98が主流だった頃、ブート可能なMS-DOS CDおよびUSBドライブは、実際のブートターゲットとして1.44MBフロッピーディスクイメージを使用していました。 CD/USBドライブは、フロッピーイメージをファイルシステムに表示するか、パーティションの外に表示し、コンピュータを仮想A:\ドライブから起動します。ブート後にCD/USBドライブへのアクセスが必要な場合は、適切なドライバーがフロッピーイメージに存在し、ロードされている必要があります。

少なくとも場合によっては、フロッピーイメージから起動するには、BIOSに実装されている機能が必要です。 (最新の32MB USBドライブでレスキューディスクを作成しようとしたことを覚えています。USB-FDD、USB-Zip、USB-HDDなどをサポートするBIOSにはさまざまな手順があります。)

期間に応じた適切なドキュメントやツールを探したくない場合は、MS-DOSフロッピーイメージとmemdisk機能をサポートする最新のブートローダーの組み合わせが最適です。 syslinux/isolinuxGRUB4DOSが思い浮かびます。

ルーファスの著者はこちら。

説明したように here 、RufusはアプリケーションにどのバージョンのMS-DOSも組み込みません。そのため、使用するRufusのバージョンは関係ありません。魔法のように特定のバージョンを取得しますが、Windows Windowsが提供するMillennium DOSバージョン(つまり、Windows 8.1まで。Windows10で完全に削除されたため、Windows 10以降で実行している場合、RufusにはMS-DOS作成オプションはありません)。

現在、Rufusが独自のバージョン(ISOまたはその他)を提供している場合、MS-DOSで起動可能なUSBを作成できることが期待されています。 これはそうではありません。 Windows 8.1以前を実行している場合、Rufusを使用してWindows Millennium以外のMS-DOS起動可能USBドライブを作成することはできません。また、そのような機能の需要は非常に小さいため(この段階では、 FreeDOSにMS-DOSの使用を強制する本物の欠陥を発見したと主張することができた人々の数は現在正確にzero、FreeDOSで発生する「問題」のほとんどは、少し異なるAUTOEXEC.BAT/CONFIG.SYSまたはメニュー(簡単に対処でき、DOSの非互換性を構成しません)。FreeDOSは常にMS-DOSの代わりに使用できると100%確信しているので、その機能を追加する予定はありません。

この機能の追加を検討する唯一の方法は、次の条件が満たされている場合です。

  • FreeDOSとMS-DOSの間に実際の非互換性が見つかったことを実証できます(FreeDOSメーリングリストに登録してから何年も経っていますが、まだ存在していないという「信念」ではありません)。
  • FreeDOS開発者は、彼らがこの非互換性に対処することを望まないことを示しています。

これらの2つの条件が満たされない場合は、FreeDOS(互換性の点でMS-DOSと比較して失敗することはまだありません)またはRufus以外のユーティリティを使用するようにお願いします。

15
Akeo

古いIBM Thinkpadで動作しました。これが私が取ったステップです:

  1. すでに行ったように、Dos6.22 IMGファイルを here から取得します。
  2. RMPrepUSB(v.2.1.739を使用しています)では、[ファイル]-> [ドライブ]を選択します。
  3. プロンプトに従って、ISOからのすべてのファイルをUSBスティックに書き込みます。
  4. USBスティック上のすべてのファイルをハードドライブのどこかにコピーします(これらはフォルダー内の唯一のファイルでなければなりません)。
  5. 「ここからOSファイルをコピーする」セクションに、USBスティックからすべてのファイルをコピーしたフォルダーを配置します。
  6. Sec.3で、MS-DOSブート可能を選択します。
  7. セクション4で、左側のFAT16を選択し、「Boot as HDD」と「Use 64hd」**
  8. (「5 OSファイルをコピーする」の横のチェックボックスがオンになっていることを確認してください)
  9. 「6 Prepare Drive」を選択し、プロンプトに従います。パーティション化、フォーマット、MBR、ブートセクター、USBスティックへのファイルのコピーを行います。
  10. 9.が完了したら、ドライブを取り出し、USBスティックを取り外します。

それでおしまい!それがあなたのために働くかどうか私に知らせてください。

注:[ファイル]-> [ドライブ]を実行するだけの問題は、USBスティックの適切な場所にファイルが配置されないことです。ファイル自体を準備してコピーすると、すべてが適切な場所と順序に配置されます。

**このセクションのチェックボックスをオンにする必要がある場合があります。私のラップトップは、それがBIOSにリストされているとき、「ハードドライブ」セクションの下にUSBブートを配置します。お使いのコンピュータでは、リムーバブルストレージまたはFDDと見なされる場合があります。

2
Steve N