it-swarm-ja.com

RHEL5.5をCentOSリポジトリに切り替えますか?

RHEL5.5マシンに対してVM)が与えられましたが、RHNサブスクリプションがありません。yumを使用すると次の警告が表示されます。

bash-3.2$ Sudo yum update
[Sudo] password for streamsadmin: 
Loaded plugins: rhnplugin, security
This system is not registered with RHN.
RHN support will be disabled.
Skipping security plugin, no data
Setting up Update Process
No Packages marked for Update

代わりにCentOSリポジトリの使用に切り替えることはできますか?

4
Janik Zikovsky

あなたは確かにこの切り替えを行うことができます。基本的に、あなたは多かれ少なかれ、インストールをCentOSリポジトリに向けて、楽しい道を進みます。ただし、すべてのCentOSリポジトリにリリース5.9の5.xパッケージがあるように見えるという大きな問題が1つあります。一見すると、5.5固有のリポジ​​トリはもう存在しないように見えます。

私はこれを数年前(約RHEL/CentOS 5.3時代)にWebファームで実行しましたが、それ以降は実行していません。すべての変換と同様に、システムの現在のバックアップがあることを確認してください。困難が生じた場合。これを行ったとき、同じCentOS/RHELバージョンにクロスグレードすることができました。クロスグレーディングとアップグレードを同時に行うことの意味がわかりません。おそらく混乱しているので、注意して進めてください。

1)yumのキャッシュをクリーンアップします。

yum clean all

2)CentOSキーをダウンロードします(CentOSミラーの1つを選択しました。好きな人なら誰でも使用できます http://mirrors.centos.org

wget http://mirrors.cat.pdx.edu/centos/5/os/x86_64/RPM-GPG-KEY-CentOS-5 

3)...リリースrpmと注意事項:

wget http://mirrors.cat.pdx.edu/centos/5/os/x86_64/CentOS/centos-release-5-9.el5.centos.1.x86_64.rpm  
wget http://mirrors.cat.pdx.edu/centos/5/os/x86_64/CentOS/centos-release-notes-5.9-0.x86_64.rpm

4)...ヤム

wget http://mirrors.cat.pdx.edu/centos/5/os/x86_64/CentOS/yum-3.2.22-40.el5.centos.noarch.rpm  
wget http://mirrors.cat.pdx.edu/centos/5/os/x86_64/CentOS/yum-updatesd-0.9-5.el5.noarch.rpm

5)新しいキーをインポートします。

rpm --import RPM-GPG-KEY-CentOS-5

6)RedHatリリースを削除します

rpm -e --nodeps redhat-release

7)...およびRedhatNetworkプラグイン

rpm -e yum-rhn-plugin

8)ダウンロードしたばかりのRPMをインストールします(最初に現在のディレクトリに他のRPMがないことを確認してください)

rpm -Uvh -force yum*.rpm centos*.rpm

9)新しいリポジトリからのパッケージでシステムをアップグレードします。

yum upgrade

10)再起動します。

私はこれを数年前に繰り返しましたが、当時宣伝されていたとおりに機能しました。しかし、それは大きいですが、それはRHELとCentOSの同じバージョンのリリースの間でした。

RHELとCentOSはかなり安定しているので、これはおそらくまだ機能します。他の非エンタープライズリリースがあった場合は、ためらうことなく、再インストールすることをお勧めします。ただし、そのままでは....うまくいくかもしれません。

6
SuperMagic