it-swarm-ja.com

実行可能ファイルは実行時に共有オブジェクトをどこで探しますか?

リンク/コンパイル時にインクルード共有オブジェクトを定義する方法を理解しています。ただし、実行時に実行可能ファイルが共有オブジェクト(*.soライブラリ)をどのように検索するのかはまだ疑問です。

たとえば、私のアプリa.outlib.soライブラリで定義された関数を呼び出します。コンパイル後、lib.so$HOMEの新しいディレクトリに移動します。

a.outにそこを探しに行くにはどうすればよいですか?

120
rahmu

共有ライブラリHOWTO は関連するメカニズムのほとんどを説明し、 ダイナミックローダーマニュアル はより詳細に説明します。それぞれのUNIXバリアントには独自の方法がありますが、ほとんどは同じ実行可能形式( [〜#〜] elf [〜#〜] )を使用し、同様の 動的リンカー ( Solaris)。以下では、Linuxに焦点を当てて一般的な動作を要約します。詳細については、システムのマニュアルを確認してください。

簡単に言えば、動的ライブラリ(.soファイル)を探すときに、リンカーは次のことを試みます。

  • LD_LIBRARY_PATH環境変数にリストされたディレクトリ(OSXではDYLD_LIBRARY_PATH)。
  • 実行可能ファイルにリストされているディレクトリ rpath ;
  • システム検索パス上のディレクトリ。これは(少なくともLinuxでは)/etc/ld.so.confに加えて/lib/usr/libのエントリで構成されます。

Rpathは実行可能ファイルに格納されます(これはDT_RPATHまたはDT_RUNPATH動的属性です)。絶対パスまたは$Originで始まるパスを含めて、実行可能ファイルの場所を基準とした相対パスを示すことができます(たとえば、実行可能ファイルが/opt/myapp/binにあり、そのrpathが$Origin/../lib:$Origin/../pluginsである場合、動的リンカーは/opt/myapp/libおよび/opt/myapp/pluginsを調べます)。 rpathは通常、_ld-rpathオプションを使用して実行可能ファイルをコンパイルするときに決定されますが、後で chrpath を使用して変更できます。

説明するシナリオで、あなたがアプリケーションの開発者またはパッケージャーであり、…/bin…/lib構造体にインストールされることを意図している場合は、-rpath='$Origin/../lib'とリンクします。ビルド済みのバイナリをシステムにインストールする場合は、ライブラリを検索パスのディレクトリ(システム管理者の場合は/usr/local/lib、それ以外の場合は$LD_LIBRARY_PATHに追加するディレクトリ)に置くか、chrpath

Linuxでは、動作はld(1)のmanページで明示されています

       The linker uses the following search paths to locate required
       shared libraries:

       1.  Any directories specified by -rpath-link options.

       2.  Any directories specified by -rpath options.  The difference
           between -rpath and -rpath-link is that directories specified by
           -rpath options are included in the executable and used at
           runtime, whereas the -rpath-link option is only effective at
           link time. Searching -rpath in this way is only supported by
           native linkers and cross linkers which have been configured
           with the --with-sysroot option.

       3.  On an ELF system, for native linkers, if the -rpath and
           -rpath-link options were not used, search the contents of the
           environment variable "LD_RUN_PATH".

       4.  On SunOS, if the -rpath option was not used, search any
           directories specified using -L options.

       5.  For a native linker, the search the contents of the environment
           variable "LD_LIBRARY_PATH".

       6.  For a native ELF linker, the directories in "DT_RUNPATH" or
           "DT_RPATH" of a shared library are searched for shared
           libraries needed by it. The "DT_RPATH" entries are ignored if
           "DT_RUNPATH" entries exist.

       7.  The default directories, normally /lib and /usr/lib.

       8.  For a native linker on an ELF system, if the file
           /etc/ld.so.conf exists, the list of directories found in that
           file.

       If the required shared library is not found, the linker will issue
       a warning and continue with the link.
16
enzotib

ここでの答えはldconfigだと思います。

ldconfigは、コマンドラインで指定されたディレクトリ、ファイル/etc/ld.so.conf、および信頼されたディレクトリ(/ libおよび/ usr/lib)にある最新の共有ライブラリへの必要なリンクとキャッシュを作成します。キャッシュは、実行時リンカーld.soまたはld-linux.soによって使用されます。 ldconfigは、リンクを更新する必要があるバージョンを決定するときに、ライブラリのヘッダーとファイル名を確認します。

http://linux.die.net/man/8/ldconfig

3
Sean C.

アプリケーションを実行するには、ファイル/proc/1234/mapsには、実際に動的にリンクされたすべてのライブラリが含まれています。

どこ 1234は実行中の実行可能ファイルのPIDです。

Gillesの回答で指摘されているように、LinuxはLD_LIBRARY_PATHおよびその他の変数に従います。

0
user138692