it-swarm-ja.com

CPUコア温度が高く、サイクリング、@ 100%CPU負荷Asus Z170 Deluxe、i7-6700K

更新:BIOSを1801にアップグレードしました-CPUが70-75℃高くなりました!!

BIOSでターボモードを無効にすると、サイクリング(BIOS 1702)CPU温度が約65〜69℃で停止しました。

すでにCPU(アップグレードされたデュアルファンクーラー付き)と別のヒートシンクコンパウンドを変更しました。 WindowsでのIntelテストに合格しますが、Ubuntuでstressまたはstress-ngを実行してもまだホットでサイクリングしています。

他の誰かがUbuntu16.04でそれを見たことがありますか?

私が2番目のあまり良くないCPUを手に入れたのでない限り...またはストレスまたはストレス-ngはCPUを過負荷にしますか(私の古いi7-3820にはありません)?

新しい2ファンCPUクーラーを取り付けた後も問題があり、オーバークロックではなく、BIOSですべてが自動化されていることを確認します。 Intel Diagnosticsに合格します(出力は最大値より約29〜45度低くなります!)が、100%のCPU負荷で62〜94度(最大98度)の間で循環します...

私の新しいビルドのUbuntuPCは、「stress -c 8」を使用してテストすると、高温サイクル(およびファン速度サイクル)があるようです-8スレッド/コアをロードします。ストレスは100%まで負荷がかかりますが、温度とファンは少しサイクリングを開始します...

psensor temp plot 5mins@1s resolution より高い時間分解能の1秒サンプル、全体で1分。 BIOSに100%設定されたCPUファンは、必ずしも適切なサイクルであるとは限りません: enter image description here

誰かが同様の特徴に気づきましたか?

これは問題を示していますか? -ヒートシンクの複合接続が不十分ですか?

それとも、私が視覚的に約75〜80度と推定する「平均」温度を見るべきですか?

BIOSでファンのしきい値を設定しようとしましたが、それでも同じことがわかります。

ありがとう

xc

補遺1-削除されました。他のi7では問題ありません。

補遺2-抽出されたヒートシンクとCPUの写真:ヒートシンクを取り外した後のCPU enter image description here

ヒートシンク - enter image description here

OKヒートシンクがCPUトップとうまく接触していなかったことをほぼ示していると思います....

補遺3:取り外し、洗浄、新しい/より多くのヒートシンクコンパウンドを適用...しかし、まだ葉巻はありません...

今回は8プロセス@ 100%注psensorはこの新しいi7 6700K @ 40%で非常に高いCPU負荷であるのに対し、私の古いi7では1.2%です(スピードステップか何か?) enter image description here psensorは温度3分水平スケール1秒の解像度を示しました(ファンも循環していました):ストレスプロセスを終了しました... enter image description here

補遺4:ヒートシンクを詳しく調べるために、すべてをもう一度開きました-鋼の定規とバックライト...

CPUにドームの兆候はありません...(ミラーでチェックして、レベルやさまざまな場所で真下を確認します): enter image description here ヒートパイプの方向に平行なドームまたはアルミニウム部分にはドームがありません(見やすくするために遮光されています)。 enter image description here しかし、横方向/垂直方向のヒートパイプには少しギャップがあります... enter image description here

補遺5-ヒートシンクを変更しました-ダブルファンハイパーD92まだ高温および温度サイクルを実行しています... enter image description here

それは「ストレス」の問題ですか?ロードを循環させますか?および「psensor」-Ubuntu16.04でCPU負荷が高い(40%)?

補遺6:これが私のi7 3820(130W CPU!)で、ストレス-c8を参考にしています。しばらくすると74度になります。 enter image description here

補遺8:新しくアップグレードされたCPUクーラーを手に入れました-温度のわずかな改善...しかしそれでもサイクリング。 enter image description here 私の設定:

補遺9-BIOS設定 enter image description hereenter image description hereenter image description hereenter image description hereenter image description here

  • まったく新しい、ほこりなし、周囲温度〜26-28度
  • i7 6700K-OCなし(どちらも計画なし)
  • Z170ボード
  • Cooler Master Hyper 103 CPUファン(グラフのように0ではなく約50-100%の速度で動作)
  • NewCooler Master HyperD92デュアルファンCPUクーラー
  • 2つの吸気ケースと1つの排気ケースファン

センサーは(〜6X度の数秒と〜8X度の数秒)を与えます:

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:        +27.8°C  (crit = +119.0°C)
temp2:        +29.8°C  (crit = +119.0°C)

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Physical id 0:  +65.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 0:         +65.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:         +64.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 2:         +63.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 3:         +62.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)

asus-isa-0000
Adapter: ISA adapter
cpu_fan:        0 RPM

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:        +27.8°C  (crit = +119.0°C)
temp2:        +29.8°C  (crit = +119.0°C)

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Physical id 0:  +86.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 0:         +86.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:         +81.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 2:         +81.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 3:         +80.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)

asus-isa-0000
Adapter: ISA adapter
cpu_fan:        0 RPM

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:        +27.8°C  (crit = +119.0°C)
temp2:        +29.8°C  (crit = +119.0°C)

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Physical id 0:  +86.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 0:         +86.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:         +81.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 2:         +81.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 3:         +80.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)

asus-isa-0000
Adapter: ISA adapter
cpu_fan:        0 RPM

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:        +27.8°C  (crit = +119.0°C)
temp2:        +29.8°C  (crit = +119.0°C)

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Physical id 0:  +87.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 0:         +87.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:         +83.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 2:         +81.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 3:         +80.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)

asus-isa-0000
Adapter: ISA adapter
cpu_fan:        0 RPM

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:        +27.8°C  (crit = +119.0°C)
temp2:        +29.8°C  (crit = +119.0°C)

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Physical id 0:  +87.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 0:         +87.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:         +83.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 2:         +81.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 3:         +80.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)

asus-isa-0000
Adapter: ISA adapter
cpu_fan:        0 RPM

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:        +27.8°C  (crit = +119.0°C)
temp2:        +29.8°C  (crit = +119.0°C)

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Physical id 0:  +66.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 0:         +66.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:         +64.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 2:         +64.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)
Core 3:         +64.0°C  (high = +80.0°C, crit = +100.0°C)

asus-isa-0000
Adapter: ISA adapter
cpu_fan:        0 RPM

---テストプロセッサ1 ---

--- IPDT64 - rev  2.20.0.0.L.MP ---


--- Start Time: 05/09/2016 00:28:00---


--- Skipping Config ---


 --- Reading CPU Manufacturer --- 

Expected --> GenuineIntel
Detected --> GenuineIntel
Found --- Genuine Intel Processor ---

 --- Temperature Test --- 

Temperature Test Passed!!!


Temperature = 63 degrees C below maximum.


 --- Reading Brand String --- 

Detected Brand String:
Intel Core i7-6700K   4.00GHz


Brand String Test Passed!!!


 --- Reading CPU Frequency --- 

Expected CPU Frequency is --> 4.00


Detected CPU Frequency is --> 5.43141

CPU Frequency Test Passed!!!

Expected frequency - The highest frequency at which the tested processor was manufactured to operate
Detected frequency - The frequency at which the tested processor is currently operating
Power management modes can create marginally higher or lower detected frequency
than expected frequency. Small variations in clock frequencies are common.

 --- FSB NOT Supported on this Processor --- 


 --- Running Base Clock test --- 


Detected Base Clock --> 135
Base Clock test Pass ---
..QPI rate Test not supported..
..Skipping QPI rate Test..

Skipping QPI rate Test


 --- Running Floating Point test --- 


Million Floating Points per Second, MFLOPS --> 547.2
Floating Point Test Pass ---

 --- Running Prime Number Generation Test --- 


Operation Per Second--> 8.63953e+06
Prime Number Generation Test Pass ---

 --- Reading Cache Size ---  

- Detected L1 Data Cache Size --> 4 x 32
- Detected L1 Inst Cache Size --> 4 x 32

- Detected L2 Cache Size --> 1024
- Detected L3 Cache Size --> 8192


 Cache Size Test Passed!!!


 --- Determining MMX - SSE capabilities --- 


         --- CPU FEATURES DETECTION FOR ---
                ---        MMX SSE       ---
MMX      - MMX Supported -->    Yes
SSE      - SSE Supported -->    Yes
SSE2         - SSE2 Supported -->   Yes
SSE3         - SSE3 Supported -->   Yes
SSSE3        - SSSE3 Supported -->  Yes
SSE4.1       - SSE4.1 Supported --> Yes
SSE4.2       - SSE4.2 Supported --> Yes
        --- MMX SSE - capabilities check complete ---

MMX Test Result --- PASS
SSE Test Result --- PASS
SSE2 Test Result --- PASS
SSE3 Test Result --- PASS
SSSE3 Test Result --- PASS
SSE4.1 Test Result --- PASS
SSE4.2 Test Result --- PASS
MMX SSE Testing Passed !! 

 --- Determining AVX AES PCLMULQDQ capabilities --- 


         --- CPU FEATURES DETECTION FOR ---
               --- AVX/AES/PCLMULQDQ ---
AVX      - Advanced Vector Extensions Supported --> Yes
AVX OS Support   - AVX Operating System Supported -->       Yes
AES      - Advanced Encryption Standard Supported -->   Yes
PCLMULQDQ    - Polys Carry-Less Multiply Supported -->  Yes
    --- AVX AES PCLMULQDQ capabilities check complete ---

AVX Compare Test Result --- PASS
AES Test Result --- PASS
PCLMULQDQ Test Result --- PASS
AVX AES PCLMULQDQ Testing Passed !! 

--- Reading Memory Size --- 


Detected Memory Size is --> 62.84GB


--- Integrated Memory Controller Stress Test --- 


--- Integrated Memory Controller Stress Test Pass!!! --- 


Integrated Memory Controller Test Pass!!!

..Platform Controller Hub Test not supported curent chipset..
..Skipping Platform Controller Hub Test..

Skipping Platform Controller Hub Test


..
..Query 3..
..
 --- Querying for Intel(R) Integrated Graphics Device (IGD) ---
..Intel(R) Integrated Graphics Device not supported on this processor..
..Skipping Intel(R) Integrated Graphics Device Presence Test..
..

 --- CPU Load --- 


 --- Load Level = 8


CPU Load Passed!!!


 --- Temperature Test --- 

Temperature Test Passed!!!


Temperature = 45 degrees C below maximum.


--- Test End Time: 05/09/2016 00:32:00---
2
d586

解決済み-一種の。 [〜#〜] update [〜#〜]アップグレードされたBIOS-熱くなりました。

I 無効化されたターボモード BIOSで-そしてすべてが安定し、100%のCPU負荷でより低い温度(65-69度)になりました。

[私はすでにCPUクーラーを取り付け直し、CPUクーラーをアップグレードし、元のCPUを返却し、解決せずに新しいCPUを入手しました]

enter image description here

ここでターボモードが再び有効になっていることを確認するには:

enter image description here

BIOSを1801にアップグレードしました:今ではさらに熱くなりそうです!:( enter image description here

ターボモード-デフォルト有効「このアイテムを使用すると、CPUコアが動作電力、電流、および温度の仕様制限を下回っている場合に、基本動作周波数よりも速く動作するように自動的に設定できます」-Asus Z170Deluxeユーザーガイドによると。

しかし、これはi7-6700Kであり、そのような悲しみなしにオーバークロック可能であるはずです!

0
d586

私は同じボード、CPU、BIOSバージョンを持っており、同じ非常識な80以上のコア温度を持っています。温度を大幅に下げるには、CPUコア/キャッシュ電圧をAutoからAdaptiveに変更し、新しいオプションをAutoのままにしてみてください。何らかの理由で、デフォルトの自動CPU電圧設定は多くの電圧を供給します。

アダプティブモードを使用すると、AIDA64安定性テストを実行して55〜65度の範囲で最高のコア温度を維持しながら、最大電圧は[email protected]でした。

お役に立てれば!

1