it-swarm-ja.com

Atom D525ボード上のDebianWheezyで1366x768の解像度を有効にする

何らかの理由で、Debian6.0.7またはUbuntu10.0.4から最新バージョンのLinuxにアップデートしようとすると、実行しようとしているパネルのネイティブ解像度を含め、利用可能な解像度のほとんどが失われます( 1366x768)。これは、GMA3150Intel統合グラフィックスを使用する組み込みのAtom D525ベースのボード上にあります(このCPU /チップセットは一部のネットブックでも使用されていると思います)。 .7またはUbuntu10.04。参考までに、Xorg.0.logファイルの関連セクションは、すべてのモードがLVDS1出力で検出されたことを示しています。

(II) intel(0): Printing probed modes for output LVDS1
(II) intel(0): Modeline "1366x768"x59.9   80.00  1366 1436 1577 1648  768 778 783 810 (48.5 kHz)
(II) intel(0): Modeline "1360x768"x59.8   84.75  1360 1432 1568 1776  768 771 781 798 -hsync +vsync (47.7 kHz)
(II) intel(0): Modeline "1360x768"x60.0   72.00  1360 1408 1440 1520  768 771 781 790 +hsync -vsync (47.4 kHz)
(II) intel(0): Modeline "1024x768"x85.0   94.50  1024 1072 1168 1376  768 769 772 808 +hsync +vsync (68.7 kHz)
(II) intel(0): Modeline "1024x768"x75.0   78.75  1024 1040 1136 1312  768 769 772 800 +hsync +vsync (60.0 kHz)
(II) intel(0): Modeline "1024x768"x70.1   75.00  1024 1048 1184 1328  768 771 777 806 -hsync -vsync (56.5 kHz)
(II) intel(0): Modeline "1024x768"x60.0   65.00  1024 1048 1184 1344  768 771 777 806 -hsync -vsync (48.4 kHz)
(II) intel(0): Modeline "1024x768"x87.0   44.90  1024 1032 1208 1264  768 768 776 817 interlace +hsync +vsync (35.5 kHz)
(II) intel(0): Modeline "832x624"x74.6   57.28  832 864 928 1152  624 625 628 667 -hsync -vsync (49.7 kHz)
(II) intel(0): Modeline "800x600"x85.1   56.30  800 832 896 1048  600 601 604 631 +hsync +vsync (53.7 kHz)
(II) intel(0): Modeline "800x600"x72.2   50.00  800 856 976 1040  600 637 643 666 +hsync +vsync (48.1 kHz)
(II) intel(0): Modeline "800x600"x75.0   49.50  800 816 896 1056  600 601 604 625 +hsync +vsync (46.9 kHz)
(II) intel(0): Modeline "800x600"x60.3   40.00  800 840 968 1056  600 601 605 628 +hsync +vsync (37.9 kHz)
(II) intel(0): Modeline "800x600"x56.2   36.00  800 824 896 1024  600 601 603 625 +hsync +vsync (35.2 kHz)
(II) intel(0): Modeline "640x480"x85.0   36.00  640 696 752 832  480 481 484 509 -hsync -vsync (43.3 kHz)
(II) intel(0): Modeline "640x480"x72.8   31.50  640 664 704 832  480 489 492 520 -hsync -vsync (37.9 kHz)
(II) intel(0): Modeline "640x480"x75.0   31.50  640 656 720 840  480 481 484 500 -hsync -vsync (37.5 kHz)
(II) intel(0): Modeline "640x480"x59.9   25.18  640 656 752 800  480 490 492 525 -hsync -vsync (31.5 kHz)
(II) intel(0): Modeline "720x400"x85.0   35.50  720 756 828 936  400 401 404 446 -hsync +vsync (37.9 kHz)
(II) intel(0): Modeline "640x400"x85.1   31.50  640 672 736 832  400 401 404 445 -hsync +vsync (37.9 kHz)
(II) intel(0): Modeline "640x350"x85.1   31.50  640 672 736 832  350 382 385 445 +hsync -vsync (37.9 kHz)

Debian 7.0.0(wheezy)にアップグレードした後、これらの解像度のほとんどを利用できなくなりました。起動時、モードのプロービングはXorg.0.logで次のようになります。

[    32.415] (II) intel(0): Printing probed modes for output LVDS1
[    32.415] (II) intel(0): Modeline "1024x768"x60.0   65.00  1024 1048 1184 1344  768 771 777 806 -hsync -vsync (48.4 kHz P)
[    32.415] (II) intel(0): Modeline "800x600"x60.3   40.00  800 840 968 1056  600 601 605 628 +hsync +vsync (37.9 kHz d)
[    32.415] (II) intel(0): Modeline "800x600"x56.2   36.00  800 824 896 1024  600 601 603 625 +hsync +vsync (35.2 kHz d)
[    32.415] (II) intel(0): Modeline "640x480"x59.9   25.18  640 656 752 800  480 490 492 525 -hsync -vsync (31.5 kHz d)

Ubuntu 10.04から12.04でもまったく同じことが起こるため、これはDebianの問題だけではありません。 Debian 6.0.7にはバージョン2.13.0のIntelグラフィックドライバが含まれていますが、7.0.0にはバージョン2.19.0が含まれています。これらのモードが検出されない原因となるドライバーのバグがある可能性はありますか?その場合、古いドライバーを実行するだけで実行できますか、それともすべてが壊れますか?または、他の誰かが同様の問題を経験し、回避策を見つけましたか? Debian 7で1366x768のモードラインを手動で設定しようとすると、次のようなエラーメッセージが表示されます。

xrandr --newmode "1366x768_60" 80.0 1366 1436 1577 1648  768 778 783 810
xrandr --addmode LVDS1 1366x768_60
X Error of failed request:  BadMatch (invalid parameter attributes)
   Major opcode of failed request:  140 (RANDR)
   Minor opcode of failed request:  18 (RRAddOutputMode)
   Serial number of failed request: 27
   Current serial number in output stream:  28
6
ScottG

職場のコンピューターでも同じ問題が発生しました。問題は、IntelレガシードライバーとチップセットのLinuxKMSとの互換性にあります。

Intelによると チップセットのサポート Intel®GraphicsMediaAccelerator500を搭載したIntel®Atom™プロセッサZ500シリーズはLinuxではサポートされなくなりました。問題は、KMS(カーネルモード設定)がグラフィックチップで機能しないことです。そのため、これらの高解像度は使用できなくなりました。

ソリューション種類:

  • GRUB2を編集する必要があり、起動時にKMSを無効にする Debian命令
  • XOrgのツールであるxrandr(コマンドラインのみ)または私の好みのツールARandR(グラフィカル)を使用します。 (申し訳ありませんが、投稿できるリンクは2つだけなので、ツールにリンクを追加することはできません)
  • 利用可能な最高の解像度を確認してください
  • 最高の解像度は、KMS以外の設定によって異なります。作業用マシンでできる最善のことは、GRUB2が設定された1280x1028です。
  • GRUB2を編集して、KMSを無効にしてその解像度で起動します。

私が試したこと:

  1. WindowsからEDIDを抽出しました
  2. カスタムEDIDを作成しました
  3. KMSについてすべてを理解し、それを機能させるためにカスタムハックを手動で作成する方法があるかどうかを確認しようとしました。
  4. インテルレガシードライバーのコンパイル

  5. 頭を壁にぶつける

1
mtelesha

解決がサポートされていることがわかっている場合は、次のようにコマンドの前に#記号を付けることで、コマンドで解決を強制できます。>

your_account$ # xrandr --addmode LVDS1 1366x768_60
0
Dwayne Tauzin