it-swarm-ja.com

Webサイトコンテンツのデフォルトの場所

私は MediaWiki を実動サーバーにインストールしようとしています(開発サーバーでテストを行った後)。 MediaWikiファイルのデフォルトの場所が/var/lib/mediawikiである理由を本当に理解できませんでした。 /var/wwwはもっと意味があると思っていただろう。

私はいくつかの調査を行い、buntu Policy Manual、Chapter 11-Customized Programs、11.5 Web servers and applicationsと言います。

Webドキュメントルート

Webアプリケーションは、Webドキュメントルートにファイルを保存しないようにする必要があります。代わりに、ドキュメントには/ usr/share/doc/packageディレクトリを使用し、doc-baseパッケージを介してWebアプリケーションを登録する必要があります。 Webドキュメントルートへのアクセスが避けられない場合>

/var/www

どうしてこれなの?

6
user8155

カスタムコンテンツは実際に/var/wwwに移動します-ファイルの編集、移動などができます。

ただし、パッケージリポジトリのPHP(およびその他の)アプリケーションは、他の(Web以外の)アプリケーションとの適合性を高めるために、内部ライブラリを/usr/share/packagenameおよび/var/lib/packagenameにインストールできます。 MediaWikiパッケージのコンテンツのこのリストを参照

また、パッケージは、ローカルWebサーバーを実行している場合、ローカルWebサーバーで HTML (およびその他の)ドキュメントを公開する場合があります。 UbuntuでのApache 2のデフォルト設定では、/docディレクトリの下のローカルホストからシステムドキュメントにアクセスできます。ただし、これは別のトピックです。

2
Florian Heinle

このポリシーを継承する Debianのようです。このポリシーで見つけられると思われる最も近い議論は、2003年の discussion からです。

しかし、私は 新しいドラフトポリシー (セクション3.1をご覧ください)を見つけました。これはあなたの質問を解決するのに役立つかもしれない、より詳細な情報を持っているようです。具体的には Filesystem Hierarchy Standard に言及しています。それによると、/usr/share/docには「アーキテクチャに依存しない(共有)データ」が含まれます。これには、ユーザーが変更できないWebページが含まれます。

Mediawikiはユーザーが編集可能であるため、FHSが/var/lib/mediawikiが「状態情報の場所であると言っているので、/var/libが移動する場所になります。システムメタデータなど」とマニュアルに記載されています:

ユーザーがアップロードしたコンテンツ

/ var/lib/PACKAGEの一意のサブディレクトリ

マニュアルの残りのセクションでは、アーキテクチャに依存すること(PHPやPerlなど)について説明します。

ただし、この情報には下書きのマークが付いているため、Debianで強制されているのか保留中なのかわかりません。これが最終的なポリシーであれば、Debianから継承する可能性が高いと思います。

だから、部分的な答えは「FHSがそう言っており、Debianもそれに従っているのだ」と思う。私は(残念ながら)FHSがこの点でそうである理由/理由に関する情報を見つけることができません。おそらく、他の誰かがこの情報を見つけて答えを追加する方が幸運でしょう。

2
Jorge Castro