it-swarm-ja.com

カーネル4.18.0.11.12のトラブル:ビデオの黒い画面

Ubuntu 18.10 cosmicでのカーネルアップグレードにまでさかのぼるビデオエラーのコメディがありました。カーネル4.18.0.11.12は、考えられるあらゆる方法で問題を引き起こしますが、なぜそれが誰に対しても機能するのか、私にはよくわかりません。

さまざまなフェーズで「死の黒い画面」がある場合、私の提案は、ビデオまたはディスプレイマネージャーの設定をいじるというアドバイスに抵抗することです。代わりに、古いカーネルで起動して、問題が解決するかどうかを確認してください。ほとんどのユーザーにとって最も難しいのは、カーネルを選択するためにUbuntuにgrubメニューを表示させる方法を考え出すことです(彼らはそれをやっかいにしましたが、指示があります: https://wiki.ubuntu.com/RecoveryMode )。

問題の症状は、周りを中心に展開します

  1. PKSキーの拒否に関するメッセージが表示された死の黒い画面
  2. ディスプレイマネージャを起動できません(gdm3またはlightdm)
  3. (デスクトッププログラムまたはxrandrによって)認識されない外部モニター
  4. サスペンドからの再開時の死の黒い画面。

これは、NvidiaおよびIntelグラフィックスを搭載したDell Precision 5510ラップトップです。

    *-display
            description: 3D controller
            product: GM107GLM [Quadro M1000M]
            vendor: NVIDIA Corporation
            physical id: 0
            bus info: [email protected]:01:00.0
            version: a2
            width: 64 bits
            clock: 33MHz
            capabilities: bus_master cap_list rom
            configuration: driver=nouveau latency=0
            resources: irq:125 memory:dc000000-dcffffff 
  memory:b0000000-bfffffff memory:c0000000-c1ffffff ioport:e000

   *-display
         description: VGA compatible controller
         product: HD Graphics 530
         vendor: Intel Corporation
         physical id: 2
         bus info: [email protected]:00:02.0
         version: 06
         width: 64 bits
         clock: 33MHz
         capabilities: vga_controller bus_master cap_list rom
         configuration: driver=i915 latency=0
         resources: irq:126 memory:db000000-dbffffff  
memory:70000000-7fffffff ioport:f000(size=64) memory:c0000-dffff

カーネルの更新が問題の核心であることに気づきませんでした。ディスプレイマネージャーとしてgdm3またはlightdmを使用し、次にNvidiaドライバー、次にモード設定として使用することを指摘する多くの症状を追いましたが、最終的にはこの特定のカーネルは私が解決できない問題を引き起こすと結論づけます。 4.18.10を実行しています

私が最初に見た症状は、起動の失敗でした。 grubフェーズの後、メッセージが表示されて黒い画面がフリーズした

PKCS#7 signature not signed with a trusted key

システムはAlt-Ctl-F2などに応答しませんでした。VTは使用できませんでした。このフォーラムでのコメントは、Nvidiaドライバーを指さしました。振り返ってみると、これはNvidiaではなくgdm3の欠陥である可能性があります( 信頼されたキーで署名されていないPKCS#7署名でブートがハングするbutnu 18.04-アップグレード後-Display/PKCS #7署名エラー )。解決しなかった。

Nvidiaドライバーを削除し、xorg.confを邪魔にならないようにするために、回復ログインを使用しました。私はインテルのドライバーで走りました。

その後、gdm3がディスプレイマネージャだったときに、画面の左上に「_」が1つだけ表示される黒い画面になりました。 1つの提案は、gdm3がWaylandセッションを開始しようとしていたことです。 Waylandを無効にする修正を試みました( gdm3はubuntu 18.04で起動しません )、助けはありません。これらの投稿は、gdm3を機能させる方法があることを示唆していますが、代わりにlightdmを使用することを推奨する投稿もあります。

そこで、ディスプレイマネージャーをlightdmに変更しました。しかし、その後もgrubの後に死の黒い画面が表示され、nomodesetの設定をgrubに設定したり、nouveauに制限を適用したりすることに関するアドバイスを見つけました。何度もいじくり回した後、システムはログインウィンドウに到達します。しかし、その後2つの問題が発生しました。ビデオはサスペンド後に再開せず(ただし、SSHでログインできます)、外部モニターは検出されませんでした(おそらく、モード設定の手順がすべてなかったためです)。

モード設定がおそらく外部モニターを無視していることを認識していないので、nvidiaドライバーを再インストールしました(どういうわけかPKCSの重要な問題が解決することを期待しています)。その結果、起動時に黒い画面が表示されましたが、Alt-Ctl-F2はVTを許可していたため、dmesgを見ることができました。

何度も再起動した後、ついに古いカーネル4.18.0-10を試してみることにしました。その後、lightdmが起動します。サスペンドは機能します。外部モニターを動作させるために、grub configに入れたnomodesettingのすべてを削除(およびupdate-grubを再実行)する必要がありました。また、nvidiaファイル/lib/modprobe.d/nvidia-kms.confでは、元に戻す必要がありました

# This file was generated by nvidia-prime
# Set value to 0 to disable modesetting
options nvidia-drm modeset=1

そして、initramfsを実行する必要がありました。

ビデオの問題に関する多くのサイトや投稿を見つけましたが、役に立つアドバイスを提供するかもしれませんが、カーネル4.18.0.11.12で私を助けてくれたものはありませんでした。私は数日かけてそれらの修正を追いかけましたが、古いカーネルを最初にテストしたばかりでした。

カーネルの更新が発生し、黒い画面またはその他のビデオの問題が発生し始めた場合、通常の方法でこれらの問題を解決しようと少し我慢してください。古いカーネルを実行して動作するかどうかを確認し、動作する場合はそれを使用し、新しいカーネルの問題が専門家によって機能するまで満足してください。

私が学んだ唯一の「ビデオ修正」は-絶対に確かに-貴重なのは/ etc/environmentから2行を削除することです。これらの行がそこにどのように挿入されたかはわかりませんが、以前のバージョンのUbuntuで発生しました(gnome-wobbly-windowsのようなパッケージまたは2017年の画面の破損を修正するための手作業による)。 CLUTTERについての/ etc/environmentの最後の2行はコメントアウトする(または完全に削除する)必要があります:

PATH="/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/usr/games:/usr/local/games"
## CLUTTER_Paint=disable-clipped-redraws:disable-culling
## CLUTTER_VBLANK=True

この変更を行わないと、nvidiaドライバーを使用したUbuntu Gnomeデスクトップ内のビデオが断片化され、途切れ途切れになります。私の知る限り、これらの2行は古いUbuntu(17.10の場合もあります)の特殊効果パッケージによって挿入されたもので、XFCE4ではなくGnomeのみで多くの問題を引き起こしていました。この問題はGnomeでのみ発生したため、Nvidiaの問題ではないことがわかりました。 ( buntu 18.04のグラフィックの問題-ぼやけたテキスト+画面のちらつき

新しいカーネルでのトラブルシューティングについて:もう一度試してみますが、試してみるのが有用かどうか、またそれを行うための最良の方法は何かについて誰かにアドバイスしてもらいたいです。

2
pauljohn32

Gdmの「ブラックスクリーン」問題を修正する方法が1つあります。 Nvidia Linuxフォーラムの投稿をご覧ください: https://devtalk.nvidia.com/default/topic/1044730/linux/x-displays-in-a-small-section-of-screen-something- in-my-grub-setup-wrong-

基本的な問題を理解する前に、いくつかの変更を加えました。 gdmパッケージは、ある時点で、誤ったユーザー番号でユーザーgdmを作成し、/ home/gdmにユーザーのホームフォルダーを作成しました。これを修正するには、gdmパッケージを強制的に削除してから、/ etc/passwdおよび/ etc/groupからgdmユーザーを手動で削除する必要がありました。その後、再インストール時に、uidが1000未満で、/ home/gdmに新しいフォルダーがない新しいgdmユーザーを取得しました。その変更は、それ自体で問題を修正する可能性があります。 (/ etc/passwd内の)ユーザーIDが1000を超える場合、確実に黒い画面が表示されます。

ただし、他の変更を加えました。最新のUbuntuカーネルでは、再開時の死の黒い画面が中断するのを防ぐために、次のブート要素が必要であると確信しています。

それは私がとったステップの詳細です。/etc/default/grubファイルに次のようなブロックがあります。

GRUB_DEFAULT=0
GRUB_TIMEOUT_STYLE=menu
## GRUB_TIMEOUT=0
GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -i -s 2> /dev/null || echo Debian`
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="nosplash"
GRUB_CMDLINE_LINUX="nouveau.blacklist=1 acpi_rev_override=1 acpi_osi=Linux  nouveau.modeset=0 pcie_aspm=force drm.vblankoffdelay=1 scsi_mod.use_blk_mq=1 nouveau.runpm=0 mem_sleep_default=deep"

これを必要とするカーネルバグがあります(Nvidiaフォーラムによる)。

第二に、/ etc/default /では、設定することが提案されていました

[daemon]
WaylandEnable=false

これは、gdmがWaylandではなくX11を使用するように促すために必要でした。しかし、今日のテストの後、その設定があるかどうかにかかわらず、gdm3が起動することがわかりました。

第三に、nvidia-driver-410を実行しています。これはnvidia-driver-390またはnvidia-driver-415でも機能すると思います。しかし、gdmの修正が機能した後、代替ドライバーのプラグインを停止しました。

NvidiaドライバーはPPAからインストールされます。

$  cat graphics-drivers-ubuntu-ppa-cosmic.list
deb http://ppa.launchpad.net/graphics-drivers/ppa/ubuntu cosmic main
# deb-src http://ppa.launchpad.net/graphics-drivers/ppa/ubuntu cosmic main

EDIT 2018-12-07:この追加の変更について言及するのを忘れました:

/lib/modprobe/nvidia-kms.confで、kmsモード設定をオフにしました:

$ cat /lib/modprobe.d/nvidia-kms.conf
# This file was generated by nvidia-prime
# Set value to 0 to disable modesetting
options nvidia-drm modeset=0

これは、ノートパソコンの画面がX11ディスプレイで「いっぱい」になっていないという問題に対処するための重要なステップだったと思います。

2
pauljohn32