it-swarm-ja.com

EclipseFPプラグインを使用してHaskellをコンパイルするようにEclipseを構成する

手順 に従って、EclipseFPプラグインをEclipseセットアップにインストールしました(Windows 7 32ビットの場合)。次に、Eclipseヘルプドキュメントの指示に従って、Hello Worldプロジェクトを正常に作成しました。

しかし、何が悪いのかはわかりませんが、何かがおかしいとはかなり確信しています。まず、Haskell Editorでファイルを明示的に開いたとしても、構文の強調表示はありません。次に、実行を押すと、[コンソール]タブでGHCiコンソールが起動します。これは実際にはかなり便利ですが、ファイルを実行せず、コンパイルしてロードするだけなので、正しく聞こえません。さらに、適度に大きなHaskellファイルを開いても、アウトラインビューは空です。

最後になりましたが、プロジェクトは当初、Haskellの実装が構成されていないと報告しました。私は設定に入り(これはどこでも必要であるとは説明されていませんが)、Haskellプラットフォームインストールのbinディレクトリを指すGHC実装を手動で追加しました。しかし、私が知る限り、これは効果がありませんでした。

11
dimo414

EclipseFPは アクティブにメンテナンスされなくなった ;ご自身の責任で使用してください。


メーリングリストでEclipseFPの開発者から多くの多大な支援を受けた後、現在の(2.0.2)バージョンのEclipseFPをインストールするための一連の手順をまとめました。あなたは 私の電子メールを読んでください しかし以下は指示です-それは長いですが、見た目ほど難しくはなく、結果はかなり素晴らしいです:

  1. GHC/GHCiをインストール-しかし、あなたはすでにそれを行っていますよね?
  2. インストール Eclipse 3.5 +Eclipseをまだ入手していない場合(なぜですか?!)ダウンロードしてください-IDE for Java開発者は、Javaと一緒に使用する場合、またはEclipseClassicと一緒に使用する場合。 「インストール」は、Eclipseフォルダーをどこかに抽出し、Eclipse実行可能ファイルを起動するだけで構成され、実際にインストールするものはありません。ワークスペースを選択するように求められます。設定がない場合は、ユーザーフォルダまたはドキュメントフォルダを選択することをお勧めします。
  3. インストール EclipseFPプラグインEclipseで、[ヘルプ]> [新しいソフトウェアのインストール]に移動し、[作業]にhttp://eclipsefp.sf.net/updatesを貼り付けます。フィールド-Enterキーを押します。下のボックスに「関数型プログラミング」が表示されます。しばらくすると表示されますが、表示されない場合はキャンセルして再試行してください。 「関数型プログラミング」を展開し、2.x.xHaskellサポートプラグインを確認します。残りの手順に従うと、EclipseFPがインストールされ、Eclipseを再起動するように求められます。
  4. Cabalの更新待っている間に、コマンドプロンプトウィンドウ(Win Vista/7のスタートバーにcmdと入力)またはターミナルを起動し、 'cabalと入力します。更新'。これにより、EclipseFPを機能させるためにHaskellが必要とするパッケージが更新されます。
  5. EclipseFPの構成[ウィンドウ]> [設定]に移動し、[Haskell]セクションを展開します。 「Haskellの実装」をクリックし、「追加」をクリックします。適切な名前(私は「HaskellPlatform」と呼んでいます)を入力し、GHCインストールのbinディレクトリを参照します。Windowsでは「C:\ ProgramFiles\HaskellPlatform\2010.2.0.0\bin」のようになります。以下のバージョンとライブラリフォルダの項目にデータが入力されます。[OK]をクリックします。 [OK]をクリックしてこれらの設定を保存し、設定ウィンドウを再度開きます。 「ScionandCabal」に移動し、右側の「Autodetect」をクリックします。インストールされているCabal実装のリストに項目を追加する必要がありますが、追加されない場合は、[追加]をクリックして、「Cabal」のような名前を付け、Windowsでは「C:\」のようなCabal実行可能ファイルへのパスを指定します。 Program Files\Haskell Platform\2010.2.0.0\lib\extralibs\bin\cabal.exe "。 [OK]をクリックし、右側の[再構築]をクリックして、構文の強調表示とファイル解析を処理する「Scionサーバー」を構築するようにEclipseFPに指示します。オプションで、[エディター]で[行番号を表示する]をオンにし、[印刷マージンを表示する]をオフにすると、エディターペインの見栄えが良くなると思います。次に、[OK]をクリックして設定を終了します。
  6. Scionサーバーを構築する理論的には、設定ウィンドウを終了すると、EclipseFPはScionサーバーを構築するために多くの作業を開始します。そうでない場合は、Eclipseを終了して再起動するだけで、再起動するとビルドが開始されます。運が良ければ、これは数分間実行されてから実行されますが、Haskell/Cabalのバージョン管理システムの厄介な性質のために問題が発生する可能性があります。失敗した場合は、「cabal update」を再度実行するか、「cabal installnetwork-2.3」のようなものを実行してみてください。network-2.3はパッケージであり、ビルドスクリプトが正しく報告されていません。 Scionサーバーが構築されると、基本的にすべての準備が整います。 Eclipseをもう一度再起動してください。
  7. Haskellプロジェクトを作成するこれがまだ行われていない場合はHaskellパースペクティブに切り替えます-右上隅にある[パースペクティブを開く]アイコンをクリックし、そうでない場合は[その他]をクリックしますリストにHaskellが表示されていない場合は、ポップアップからHaskellを選択します。次に、[ファイル]> [新規]> [Haskelプロジェクト](または[プロジェクト]を選択して[Haskellプロジェクト]を選択)に移動し、プロジェクトを作成します。最初のHaskellファイルを作成するには、プロジェクトのsrc flolderを右クリックし、「新規」>「Haskellモジュール」を選択します。これによりHaskellファイルが作成され、それを使って何でもできます。ファイルを実行するには、上部にある[実行]ボタン(緑色の円、白い三角形)をクリックします。これにより、下の[コンソール]タブで基本的なGHCiターミナルが起動し、ファイルにエラーがある場合は「Prelude>」、正常にコンパイルされた場合は「MODULENAME>」というプロンプトが表示されます。これを外部GHCiターミナルのように使用して、:tのようなコマンドを実行したり、モジュールの関数呼び出しを行ったりすることができます。
  8. ファイルの実行方法の構成最後に、ファイルの保存時にファイルを自動的に再読み込みするようにEclipseFPに指示し、関数を実行することをお勧めします。 (たとえば「main」)ファイルがリロードされた後。これを行うには、実行ボタンの横にある下矢印をクリックして、[構成の実行]を選択します。必要なファイルの左側にある構成をクリックしてから、[自動化]タブをクリックします。一日中「:r」と入力する必要がない場合は「保存時にパッケージをリロード」にチェックを入れ、「main」のような関数名を入力し、「リロード後にコマンドを再実行」にチェックを入れるとコマンドが自動的に実行されます。
19
dimo414

EclipseFPプラグイン2015-05-14以降は維持されていません そして最近のバージョンのEclipseでは動作しないようです。

1
Kaveh