it-swarm-ja.com

EmacsでのMercurialの使用

Emacs内からMercurialを操作する方法はたくさんあるようです。 (重要な場合は、Ubuntu12.10でEmacs24.1.1とMercurial2.5.2を使用しています。)次の可能性を見つけました。

  1. 使用する - Mercurial.el 、Mercurialパッケージで提供されます。これはXEmacsで開発されたもので、バージョン22.3以降、vc-modeはMercurialを直接サポートしているため、GNU Emacsではあまり役に立たない可能性があると言われています。
  2. Emacs vc-mode 。ただし、リンク先のページには、Emacsバージョン23.2.1以降、プッシュおよびプル操作が機能していないと記載されています。これを少し試してみましたが、他の機能は問題なく機能しているように見えましたが、実際にリポジトリにプッシュしたり、リポジトリからプルしたりする方法がわかりませんでした。
  3. Mercurialなどの分散バージョン管理システムにより適していると主張する別のEmacsモードであるDVC。
  4. モンキー、これについては何も知らない。
  5. aHg。数年前に一度試してみて使用をやめましたが、その理由は覚えていません。

私はコマンドラインからMercurialを使用してきましたが、これをEmacsワークフローに統合できるようにしたいと思っています。私はその可能性に圧倒されており、各ソリューションで何が機能し、何が機能しないのかわかりません。

Emacs内からMercurialを使用する最良の方法は何ですか?

3
MTS

私は Monky に最も満足していますが、それでも、Magitに精通している場合は、少しがっかりするかもしれません。 histeditプラグインを使用して、プッシュする前にgitのリベースと履歴編集を模倣することに慣れていると、さらに残念になります。

Monkyを使用する前は、 aHg にかなり満足していました。使用してからしばらく経ちますが、私の好みはb/cで、psvnに似ていて、svnを操作するのに最適なモードでした。積極的に開発されているため、履歴の編集、ブランチのリベース、アップストリームのプッシュなどに役立つ機能が増えている可能性があります。

現在の開発にもかかわらず、私はモンキーを好みます。

1
elarson

M-x eshellからプルとプッシュを行うvc-modeに非常に満足しています。他のバージョン管理システムと同じインターフェースを持つことを楽しんだ。

0
legoscia