it-swarm-ja.com

カーネル> 2.6.32-20が起動しない(ルートファイルシステムが存在しない)

私のノートブックの1つはCompaq nc4200(モバイルインテル915GM Express)です。 2.6.32-20を超えるすべてのUbuntuカーネルは、そのマシンで起動しません。代わりに、エラーメッセージが表示されます。

error: unexpectedly disconnected from boot status daemon
Begin: Waiting for root file system ...

グーグルで検索したところ、Debian BTSで Bug#574755 が見つかりました。この場合、プリマスにはいくつかのバグがありました。 i915 modeset=1/etc/initramfs-tools/modulesに追加してみました。これにより、起動画面が完全に欠落しました。出力がなくなった。次に、私はplymouth-packageを削除しようとしました。それをパージした後、私は再び同じメッセージを受け取りました。

もう少し掘り下げました。私の観点からは、これはある種のファイルシステムである必要があります。ブートからの出力:

Begin: Running /scripts/init-premount ... done.
Begin: Mounting root file system ... Begin: Running /scripts/local-top ... done.
Begin: Waiting for root file system ...`

しばらくするとタイムアウトが発生し、BusyBox Shellが表示されます。

Gave up waiting for root device. Common problems:
 - Boot args (cat /proc/cmdline)
   - Check rootdelay= (did the system wait long enough?)
   - Check root= (did the system wait for the right device?)
 - Missing modules (cat /proc/modules; ls /dev)
ALERT! r/dev/disk/by-uuid/(UUID-of-my-sda1) does not exist. Dropping to a Shell!

BusyBox v1.19.3 (Ubuntu 1:1.10.3-7ubuntu1.1) built-in Shell (ash)
Enter 'help' for a lost of built-in commands.
(initramfs)

今私はアイデアがありません。その原因は何ですか?この問題を解決するにはどうすればよいですか?

2
qbi

UUIDを使用する代わりに、古い表記/ dev/sdxnを使用してみましたか?.

1
Javier Rivera

それでもこの問題が発生する場合:1.ランチパッドに移動してバグを報告します。 A newバグ。既存のバグに「私も」を追加しないでください。 2. freenode上の#ubuntu-kernelに移動します(これはircサーバー上のircチャネルです)。 Ubuntuカーネルチームは、月曜日から金曜日まで、ほぼ24時間、1日24時間待機しています。ポップインしないで質問してください。すぐに回答が得られない場合は、接続を解除してください。あなたが辛抱強いなら、誰かの注意を引くことができ、彼らは助けようとします。本当に、彼らは怖い人ではありません:-)

3
Brad Figg

ドライブが十分に速くオンラインにならず、準備ができる前にカーネルがドライブをあきらめている可能性があります。これを回避するためにこれをテストする方法があります。

以下の手順では、Ubuntu 9.10以降を実行していることを前提としています。以前のリリースを実行している場合は、以下の編集の実行手順について https://help.ubuntu.com/community/GrubHowto を確認できます。

システムを再起動するときに、起動するカーネルを選択します(システムの起動中にShiftキーを押しながらGRUBブートローダーメニューを表示しますが、セットアップによって異なります)。次に[E]キーを押して起動オプションを編集します。

「kernel」で始まる行までスクロールし、カーソルを行の最後に移動します。その行の終わりに、スペースと「rootdelay = 60」を追加します。これにより、カーネルがドライブの準備ができるまで最大60秒待機するようになります。次にControl-Xを押して起動します。

すべてがうまくいけば、システムは起動します。この場合、変更をデフォルトのブートオプションに追加することで、変更を永続的にすることができます。これを行うには、ターミナル(アプリケーション-アクセサリ-ターミナル)を開き、次のように入力します。

Sudo gedit /etc/default/grub

次のような行を見つけます。

GRUB_CMDLINE_LINUX=""

そしてそれを

GRUB_CMDLINE_LINUX="rootdelay=60"

最後に、実行します

Sudo update-grub

変更が適切に反映されるようにします。

ブートローダーで利用可能なオプションの詳細については、 https://help.ubuntu.com/community/Grub2 を参照してください。 ( https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/linux/+bug/482327 に、特定のハードウェアのこの遅延に関するバグレポートがあります。)

0
fader