it-swarm-ja.com

ブートパーティションのファイルシステム

Gdiskを使用して、ハードドライブにBIOSブートパーティションを作成しました。

$ Sudo gdisk /dev/sdb
Command (? for help): p
Disk /dev/sdb: 7821312 sectors, 3.7 GiB
Logical sector size: 512 bytes
Disk identifier (GUID): F7F2BE49-B8D8-4910-8E69-381DEBD954DC
Partition table holds up to 128 entries
First usable sector is 34, last usable sector is 7821278
Partitions will be aligned on 4-sector boundaries
Total free space is 2 sectors (1024 bytes)

Number  Start (sector)    End (sector)  Size       Code  Name
   1              36         7168035   3.4 GiB     EF02  BIOS boot partition
   2         7168036         7821278   319.0 MiB   8300  Linux filesystem

Command (? for help): q

このBIOSパーティションをマウントする必要があります。

$ Sudo mount /dev/sdb1 /mnt
mount: block device /dev/sdb1 is write-protected, mounting read-only
mount: you must specify the filesystem type

このBIOSパーティションをマウントするために使用する関連ファイルシステムタイプは何ですか?理由の説明は見つかりませんが、ext2で問題ないことをインターネットで読みました。

2
kaligne

BIOSブートパーティションにはファイルシステムが含まれていません。これは、MBRディスクではブートセクターの直後、最初のパーティションの開始前に配置されるGRUBコードを配置する場所です。GPTディスクでは、その領域は(より大きな)パーティションテーブルによって使用され、ブートローダーコードには使用できないため、ブートローダーコードは代わりに小さなパーティションに配置されます。

BIOSブートパーティションは非常に小さくする必要があります。メガバイトで十分です。ファイルシステム用に別の(より大きな)パーティションを作成します。


一部のシステムには、/bootディレクトリ用の個別のパーティションがあり、ブートローダーによって使用される他のファイルを含むファイルシステムが含まれていることに注意してください。 これはBIOSブートパーティションとは異なります。

  • /bootディレクトリには、ブートローダーコードとその構成の大部分が含まれています。これがGRUBが「ステージ2」と呼ぶものです。すべてのLinuxシステムにはこれらのファイルが必要です。
  • BIOSブートパーティションは、GPTディスクでレガシーMBRスタイルのブートを使用している場合にのみ適用できます。これは、ブートローダーが「ステージ2」ファイルを使用してパーティションをマウントするために使用する「ステージ1.5」コードを保持します。
  • EFIスタイルのブートを使用するシステムでは、BIOSブートパーティションはありません。代わりに、完全に異なる「ステージ1」ブートローダーを含むEFIシステムパーティションがあり、/bootをマウントして、中間段階として「ステージ1.5」を必要とせずに、「ステージ2」ファイルに独自にアクセスできます。
6
Wyzard