it-swarm-ja.com

GNOME 3から「プリンターが追加されました」という通知を削除する

GNOMEデスクトップを使用して、Ubuntu 17.04にアップグレードしました。突然、OSDポップアップとして「プリンターが追加されました」という通知が表示され始めました-約2分ごとに!本当に気が散ります。

誰でも、ソースでそれらを停止する方法、または少なくともOSD通知からそれらをフィルタリングする方法を知っていますか?

34
Ian Dickinson

特定している問題は、私の場合と同じように見えます。つまり、OSの再起動時に、システムは自動検出/自動インストールプロセスを実行し、通知ウィンドウ(OSD、または画面上に表示)。それでも、定期的にこのプロセスは、まだ未知の理由で繰り返されているようです。

新しい17.04ドライバーレスプリンタードライバー検出ロジックのどこかで、何かが壊れているように思えます。言えることは、問題のプリンターの欠落しているICCファイルでcolordデーモンが失敗し、CUPSがプリンタードライバーを「再インストール」したいため、「プリンターがインストールされました」OSDメッセージが繰り返し表示されることです。おそらく手がかりとして、「ドライバーレス」プリンタードライバーをインストールすると、対応するICCが正しくインストールされます。

私自身の場合、CUPSがこの自動すべてのプロセスを完全に開始することを防ぐことで問題を解決しました。このようにして、プリンターを一度インストールすると、「プリンターが追加されました」OSDメッセージが再び表示されることはありません。

ソリューション:

  • /etc/cups/cups-browsed.confを編集し、BrowseRemoteProtocols CUPS dnssd行をBrowseRemoteProtocols noneに変更します

  • ターミナルservice cups restartからCUPSを再起動します

これは、プリンタがLAN上にあり、マシンに直接接続されていないことを前提としています。プリンターがローカル(物理的に接続されている)の場合、代わりにBrowseProtocolsを編集(テストなし)することができます。

CUPSサービスの再起動またはマシンの再起動により、「プリンターが追加された」問題が解決するはずです。自動検出機能が無効になったため、プリンターを手動で追加する必要があることに注意してください。

CUPSリファレンス: https://www.systutorials.com/docs/linux/man/5-cups-browsed.conf/

リッチ

32
richbl

だから私は解決策を見つけたと思った(実際にはFedoraForums経由で):

# Finding the schemas of interest:
$ gsettings list-schemas | grep -i notif

# Listing the values to target:
$ gsettings list-keys org.gnome.settings-daemon.plugins.print-notifications

# Changing the value:
$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.print-notifications active false

ソース http://www.fedoraforum.org/forum/showthread.php?t=29705

残念ながら、短い休止にもかかわらず、私はまだOSD通知を受け取っています。

15
Ian Dickinson