it-swarm-ja.com

Chrome v35以降でChromeウェブストアから来ていない拡張機能を再度有効にする(セキュリティ強化)

Chrome v35アップデートによって無効にされた後に自分の拡張機能を再度有効にする方法を知っている人はいますか?
(私の場合は、ほとんどgreasemonkeyスクリプトなので、以前は単純な.jsファイルを拡張ウィンドウにドラッグアンドドロップしていました。)

今日Chromeを起動したとき、ChromeWebStore以外の拡張機能が無効になっているという警告が出ました。

より多くの情報がこの リンク に与えていました:

Chromeで無効になっている拡張機能

Chromeをより安全にするために1つ以上のChrome拡張機能が無効になっているため、この通知が表示されています。拡張機能はChromeウェブストアからのものではないか、あなたの許可なしにインストールされたものです。

保護のため、Chromeウェブストアから取得したChrome拡張機能のみを使用できます。

あなたの拡張機能のリストを見るには:

  1. ブラウザのツールバーでChromeメニューのChromeメニューをクリックします。
  2. ツールツールを選択します。
  3. 拡張機能を選択します。

無効にされている拡張機能はグレー表示されているため、再び有効にすることはできません。

私は私の拡張のために開発者モードをアクティブにすることによって私がまだそれらを可能にすることができることを望んでいましたが、それでもまだ運がありません。

Psこれは から重複したものではありません。ChromeウェブストアからではないChrome拡張機能を有効にする これはchrome v35アップデートに関連しています

104
AardVark71

拡張機能を実行する機能はプログラム的に無効にされているため、有効にするオプションは2つしかありません(または少なくとも有効にする予定はありません)。

あなたはまだあなたがまだこれらの拡張機能を のようにGoogle Chromeヘルプフォーラム で実行できるようにすることができるカナリアチャンネルまたは開発者チャンネルリリースからインストールを試みることができます。

Webストア以外の拡張機能を実行したい場合はどうすればよいですか。

上級ユーザーでも、引き続きDev&Canaryチャンネルを使用してあらゆる拡張機能を実行できます。これらのチャンネルは定期的に更新されており、現在開発中の機能やバグ修正が含まれている可能性があります。

あるいは、かなりの数の人々がTampermonkeyをインストールしてからユーザースクリプトの実行を許可すると聞いています。

一見の価値があるかもしれません。

38
Fazer87

再度有効にすることはできません。あなたはこれらの代替策のどれかを使用してこの問題を回避する必要があります(私は難易度のためにそれらをリストします):

他のChromium風ブラウザをインストールする

Chromiumはオープンソースなので、プロジェクトにはいくつかのフォークがあります。 Chromiumに制限があるかどうかはわかりませんが、他のプロジェクトにはないかもしれません。

Windows/OSXから完全に移行する

この制限は、OS全体のセキュリティ上の問題から、WindowsとOSXに適用されます。 Linuxビルドは影響を受けません。どのLinuxディストリビューションでも試してみることができます。

開発者モードルート

  1. Crxファイルをダウンロードして、お気に入りのデコンプレッサーを使用して拡張子を解凍します。あなたがそれを置いたディレクトリをメモしておいてください。
  2. 拡張ページを開き、「開発者モード」を有効にしてください。
  3. 「展開された拡張機能をロード...」をクリックしてください。
  4. 拡張機能を解凍したディレクトリを自分のディレクトリツリーで検索し、[OK]をクリックします。あなたの拡張子が "my extension"と呼ばれている場合は、 "my extension"ディレクトリを選択してください。

利点:他に何もインストールする必要はありません。デメリット:Chromeは起動するたびに拡張機能を無効にするように頼みます。

「開発者モードのルート」は、 AllMangasReaderフォーラムcapetoide のおかげです。

53
Braiam
25
Stan-O

私は、Googleフォーラムのここで説明されている手順とまったく同じ手順を使用しました。パーマリンク

https://productforums.google.com/d/msg/chrome/9NlMAr6uEVc/ambkrcKpi1cJ

基本的には、拡張機能IDをグループポリシーエディタに移動してホワイトリストに登録する必要があります。

2
John McDermott