it-swarm-ja.com

Python、GIR、GTK3を使用したインジケーターの作成

インジケーターを使用する必要があるアプリケーションを作成しています。過去にPyGTKとGTK2を使用してこれを実行しました。このドキュメントを参照として使用します: https://wiki.ubuntu.com/DesktopExperienceTeam/ApplicationIndicators#Python_version

ただし、それはPyGTKおよびGTK2でのみ機能します。それ以来、状況は変化しており、それがどのように機能するかを学ぶために、良いドキュメント、チュートリアル、または良い例を見つける必要があります。

また、前述のドキュメントでまったく説明されていないことの1つは、インジケーターにサブメニューを追加する方法です。同じツールを使用してカテゴリインジケータを統合する方法と同様に、誰かがこれに何らかの光を当てることができることを願っています。

ありがとう。

18

This は、gtk3の試用コードであり、 GPaste のインジケーターを作成するappindicatorです。

基本的に、

from gi.repository import AppIndicator3 as AppIndicator

パッケージgir1.2-appindicator3で提供されるgtk3アプリケーションにappindicatorを使用するため。

こちらが AppIndicator のドキュメントです。

pygtk はGtk3で廃止される予定です。 GObject-Introspection PythonでGtk3アプリケーションを開発するためのルートを通過する必要があります。 PyGObject documentation を参照できます。の代わりに

import pygtk, gtk, gdk, gobject, pango  

など

from gi.repository import Gtk, Gdk, Pango, GObject  

動作するコードを調べるには、 Kazam を表示できます。これはgtk2からgtk3に移動し、 appindicator を使用します。

パッケージgir1.2-appindicatorもあります。これはpython-appindicatorを使用するのと同じように見えますが、両方ともgtk2アプリケーションの使用法を提供します。

from gi.repository import AppIndicator

OR

import appindicator

このブログ投稿 にもいくつかの情報があります。

19
sagarchalise

これは、設定ウィンドウ、メインウィンドウ、アプリインジケーターを備えた愚かなシンプルなscaffoldアプリケーションです。

#!/usr/bin/env python3.3

from gi.repository import Gtk
from gi.repository import AppIndicator3 as appindicator

class MyIndicator:
  def __init__(self, root):
    self.app = root
    self.ind = appindicator.Indicator.new(
                self.app.name,
                "indicator-messages",
                appindicator.IndicatorCategory.APPLICATION_STATUS)
    self.ind.set_status (appindicator.IndicatorStatus.ACTIVE)
    self.menu = Gtk.Menu()
    item = Gtk.MenuItem()
    item.set_label("Main Window")
    item.connect("activate", self.app.main_win.cb_show, '')
    self.menu.append(item)

    item = Gtk.MenuItem()
    item.set_label("Configuration")
    item.connect("activate", self.app.conf_win.cb_show, '')
    self.menu.append(item)

    item = Gtk.MenuItem()
    item.set_label("Exit")
    item.connect("activate", self.cb_exit, '')
    self.menu.append(item)

    self.menu.show_all()
    self.ind.set_menu(self.menu)

  def cb_exit(self, w, data):
     Gtk.main_quit()

class MyConfigWin(Gtk.Window):
  def __init__(self, root):
    super().__init__()
    self.app = root
    self.set_title(self.app.name + ' Config Window')

  def cb_show(self, w, data):
    self.show()

class MyMainWin(Gtk.Window):
  def __init__(self, root):
    super().__init__()
    self.app = root
    self.set_title(self.app.name)

  def cb_show(self, w, data):
    self.show()

class MyApp(Gtk.Application):
  def __init__(self, app_name):
    super().__init__()
    self.name = app_name
    self.main_win = MyMainWin(self)
    self.conf_win = MyConfigWin(self)
    self.indicator = MyIndicator(self)

  def run(self):
    Gtk.main()

if __== '__main__':
  app = MyApp('Scaffold')
  app.run()
10
RobotHumans

誰かが便利だと思うかもしれないので、Python、GIR、GTK3を使用して最小限のアプリインジケーターを作成しました。/proc/cpuinfoからCPU速度を数秒ごとに読み取り、表示します。

こちらをご覧ください: https://bitbucket.org/cpbotha/indicator-cpuspeed/src

9
Charl Botha

CPU温度の読み取りの例を次に示します。スクリプトディレクトリにtemp-icon.png/svgという名前のアイコンをコピーします

from gi.repository import Gtk, GLib
from gi.repository import AppIndicator3 as appindicator
import os

def cb_exit(w, data):
   Gtk.main_quit()

def cb_readcputemp(ind_app):
# get CPU temp
   fileh = open(
      '/sys/devices/platform/thinkpad_hwmon/subsystem/devices/coretemp.0/temp1_input',
    'r')
  ind_app.set_label(fileh.read(2), '')
  fileh.close()
  return 1


ind_app = appindicator.Indicator.new_with_path (
  "cputemp-indicator",
   "temp-icon",
   appindicator.IndicatorCategory.APPLICATION_STATUS,
    os.path.dirname(os.path.realpath(__file__)))
ind_app.set_status (appindicator.IndicatorStatus.ACTIVE)

# create a menu
menu = Gtk.Menu()
menu_items = Gtk.MenuItem("Exit")
menu.append(menu_items)
menu_items.connect("activate", cb_exit, '')
menu_items.show()
ind_app.set_menu(menu)
GLib.timeout_add(500, cb_readcputemp, ind_app)
Gtk.main()
8
Srivatsa Kanchi