it-swarm-ja.com

MS-DOSのインストール

Pentium III(32ビット)プロセッサを搭載した古いPCにMS-DOS6.2をクリーンインストールすることに興味があります。ただ楽しみのために。

MS-DOSのコピーを Microsoftダウンロードサイト から入手しました。

それは私が使用すべき正しいインストーラーですか? MS-DOSのインストールに関するステップバイステップガイドを教えてください。

7
yihangho

インストールがはるかに簡単になるかもしれません FreeDOS

コマンドに関しては、互換性があります。ただし、2003年にテストしたとき、一部のグラフィックは100%ではありませんでした。たとえば、古いバージョンのMS FlightSimulatorではグラフィックに少し問題がありました。しかし、ほとんどのことはFreeDOSで非常にうまく機能し、面倒ははるかに少なくなります。

14
jweede

私はMS-DOS6.22をVM with network、etal。

また、32ビット拡張、多くのアーカイバ、Webブラウザなどを備えています。

これらは私のVM設定: VBox Manager

そして、ここにいくつかのスクリーンショットがあります:

これは私のブートメニューです: MS DOS 6.22 boot options

これは、システムが起動したときです。 Command Prompt

これは、 Arachne (DOSブラウザ)から見た現在のスレッドです。 Arachne web browser for DOS ブラウザは実際にはグラフィカルですが、サポートするのは非常に古いバージョンのHTMLとCSSのみです。最新バージョンは2008年のものですが、それ以上の開発が見られないのは少し残念だと思います。

DOSを事前にVMにインストールし、ネットワークなどをテストすることをお勧めします。たとえば、wgetを使用すると、USBスティックなど、そのマシンにデータを簡単に取り込むことができます。 、はあまりサポートされていません。データをすばやくやり取りするために、netcat(nc)を使用します。

その上にWindows3.11をインストールできます。ネットワークなどでかなりうまく機能します。しばらくの間IE 5.0をインストールしていましたが、考えられないほど不安定だったので、最終的には削除しました。

Drivers

ネットワーク関連のものははるかに複雑です。 mTCP を参照することをお勧めします。これは大いに役立ちます。

setup.txtはたくさんあるので、設定はある程度実行可能ですが、誰かが助けを必要とする場合は、設定ファイルを別の場所に投稿できます。

マウスドライバをインストールすることをお勧めします。おそらくそれほど頻繁には必要ないでしょうが、 Arachne のように、マウスのサポートで非常にうまく機能するプログラムがいくつかあります。 CuteMouse を使用します。インストールなどはとても簡単です。

VMではなくマシンにインストールするので、おそらくCD-ROMのサポートが必要です。 computerhope.com から必要なすべてのドライバーを入手できます。

さて、あなたのコンピュータは、MS-DOS 6.22の時代にリモートで可能だったよりも多くのRAMを持っていると思いますが、DOSは大量のRAMを管理するようには設計されていませんでした。そのためのドライバをインストールすることをお勧めします。 [〜#〜] cwsdpmi [〜#〜] を使用します。インストールは少しです-まあ、DOSのような-しかし確かに管理可能です。これは、多くのドキュメントを備えた素晴らしいオープンソースドライバーです。

HX DOS Extender DOS 6.22で(ほとんど/一部の)Win32アプリケーションを実行してみましょう。動作が保証されているわけではありませんが、確かに提案します。コマンドラインアーカイバなどでうまく機能します。

インストールするのはお尻の痛みですが、 トランペット のコピーを入手することをお勧めします。これは一般的なTCP/IPスタックであり、一部のプログラムに必要です(TSR)。

SoundBlaster 16ドライバー 、私のVMで驚くほどうまく機能しますが、機能しないのはMIDIサポートです。ただし、それがなくても生活できます。 run.batは、autoexec.batとマージできますが、必要に応じて手動でサウンドをアクティブにします。

ツール

pingwgetncなどのほとんどのネットワークツールには、 mTCP が付属しています。ただし、 Arachne (上にスクロール)のようなものを追加することをお勧めします。

ここで、構成などのために多くのテキストファイルを編集します。これを行うには、DOS用のviのようなエディターをインストールできますが、実際にはかなり重く、ほとんどがやり過ぎです。 edit.com(それが聞こえるほど奇妙な)の最新バージョンを入手することをお勧めします。私のバージョンは1995年のバージョン2.0.026です(したがって、Windows 95日間で使用されていました)。 WindowsXPからコピーしただけです。 edit.com 2.0.026

さて、command.comと同じくらい「楽しい」ので、別のコマンドインタープリターを見てみたいと思うかもしれません。 4DOS を使用することをお勧めします。 cmd.exeまたはUNIXoidalシェルにさえ慣れている場合は、より快適になります。

OK、これは何かです。圧縮ツールとアーカイブツールがないとできませんでした。私はインターネット中の様々な場所からそれらのかなり多くを持っています。 wgetを取得すると、そのマシンにデータを配置するのがはるかに簡単になります。そのほとんどはアーカイブ/圧縮されているため、そのためのツールが必要です。それらは私のアーカイバです: directory with archivers 最も重要なものは次のとおりです。pkzip.exepkunzip.exetar.exeunrar.exe7za.exe など。

さらに、別のテキストエディタをお勧めします: Terse 。美人コンテストでは勝てませんが、edit.comが機能しない場合などは、優れた編集者になります。

サウンドデバイスドライバーをインストールした場合(「ドライバー」セクションを参照)、 Mpxplay を取得することをお勧めします。これは、多くのコンテナとコーデックをサポートする優れたオーディオプレーヤーです。 Mpxplay in action

先に進むこともできますが、おそらくlargest DOS 6.22にインストールしたいプログラムは(遊びのためだけであっても)Windows3.11です。それが特に有用だからではありませんが、それは「当時」の特定の不可欠な部分です。 Windows 3.11 for Work Groups ちょっとそれなしでは不完全だと感じますね...

ファイルマネージャ、代替のグラフィカルインターフェイスなど、ここではリストしませんが、Googleだけでさまざまなものがあります...

ファイル

独自のブートメニューを作成する場合、これはおそらく興味深いことです。サウンドドライバは、必要なときにいつでも手動でアクティブ化されます。

これが私のautoexec.batです:

@ECHO OFF
PATH C:\WINDOWS;C:\DOS;c:\trumpet
Prompt $p$g

SET TEMP=C:\DOS
SET BIND=PCNTND
SET MTCPCFG=C:\NET\TOOLS\TCP.CFG
SET WATTCP.CFG=C:\NET\TOOLS

SET PATH=%PATH%;C:\TERSE
SET PATH=%PATH%;C:\ARCHIVER
SET PATH=%PATH%;C:\HX\BIN
SET PATH=%PATH%;C:\NET\TOOLS
SET PATH=%PATH%;C:\FILEMAST

rem COMMON
C:\NET\NETBIND.COM
LH /L:0;1,3104 /S C:\DOS\CTMOUSE.EXE /R00

goto %config%

:normal
C:\CWSDPMI\BIN\CWSDPMI.EXE -p

call C:\WINDOWS\winpkt.bat C:\WINDOWS\
C:\DOS\SMARTDRV.EXE /X
C:\WINDOWS\MSCDEX.EXE /S /D:MSCD001
C:\DOS\DOSKEY.COM /REINSTALL /BUFSIZE=1024
C:\WINDOWS\net start
C:\WINDOWS\WINPKT 0x60
C:\4DOS\KSTACK.COM

mode con codepage prepare=((437) C:\DOS\EGA.CPI)
mode con codepage select=437
keyb us,437,C:\DOS\KEYBOARD.SYS

:savemem

そして、これが私のconfig.sysです:

DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE NOEMS
BUFFERS=30,0
FILES=30
DOS=UMB
LASTDRIVE=Z
FCBS=4,0

; vim: ft=config.sys

[menu]
menuitem=normal;Engage all drivers (Video, CDROM, Windows network, 32bit ext., etc.)
menuitem=savemem;Save memory (only Network, Mouse, 4DOS)
menudefault=normal,3

[normal]
DEVICE=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICE=C:\DOS\DISPLAY.SYS CON=(EGA,,2)
DEVICE=C:\DOS\OAKCDROM.SYS /D:MSCD001
DEVICE=C:\DOS\ANSI.SYS

[savemem]
DOS=HIGH

DEVICE=C:\NET\PROTMAN.DOS /I:\NET
DEVICE=C:\NET\DIS_PKT.DOS
DEVICE=C:\NET\PCNTND.DOS

; DEVICEHIGH=C:\WINDOWS\IFSHLP.SYS
STACKS=9,256

Shell=C:\4DOS\4DOS.COM C:\4DOS\ /P

私は想像もできませんでした。これは実際にはever興味があるanybodyです。

13
polemon

指定したリンクは、完全なMSDOS自体ではなく、「ステップアップ」ファイル(MSDOS6.2からMSDOS6.22)のダウンロードページに移動します。

実際、MSDOSはシステム要件であるため、最初にインストールする必要があります。

5
pavium

6.2(​​2)にhaveありますか?遊んでいるだけの場合(そうでない場合でも)、 MS-DOS 7.1 をインストールすることもできます。

数年前、DOS 7.1(Windows 98に付属のバージョン)の新しいコピーが出回っていました。これはMicrosoftからの公式リリースではなく、公式MS-DOS 6.22(最後の公式リリース)のDOS愛好家によって作成されたコンパイル+ MS-DOS 7.1からのコンポーネント(Windows 98から-MEには「7.11」があったと思います) )+いくつかのサードパーティツール。

それはたくさんの素晴らしい機能を持っています:

  • 長いファイル名
  • 大容量ドライブのディスクチェックの改善
  • サウンドカードのサポート
  • 多言語

何よりも、Windows XPをサポートし、インストーラーがそれを検出して回避できるため、実際に(正常に)MS-DOS 7.1をインストールできましたafterはすでにXPをインストールし、両方を正常にデュアルブートしました!それはあなたがそれをインストールすることができる起動可能なCDでさえ来ました。

それの合法性は実際には知られていない。 技術的に実際のMicrosoftファイルを使用する場合はは許可されるべきではないと思いますそれは無料(GPL)だと言っていますが、ループホールやサポートドキュメントなどを主張して指摘している人はたくさんいます。いずれにせよ、コピーを見つけるのはとても簡単です。たくさんあります ビデオ それをインストールする方法を示しています。

スプラッシュ画面: enter image description here

初期設定画面: enter image description here

1
mwalsher

元のMS-DOS6.22ディストリビューションでは、インストールまたはアップグレード手順を実行するSETUP.EXEが提供されていました(IIRC、しばらく経ちました)。ただし、次のユーティリティが含まれているMS-DOSブートフロッピーがある限り、実際には必要ありません。

  • FDISK
  • FORMAT
  • SYS
  • COMMAND.COMIO.SYSMSDOS.SYS

手順は次のとおりです。

  • MS-DOSフロッピーを起動します
  • FDISKを使用して、「最初の固定ディスク」上のすべてのパーティションを消去し、MS-DOS用の単一の起動可能なパーティションを作成します。
  • 再起動して、フロッピーを再度起動します。
  • 新しく作成したC:ボリュームをFORMATでフォーマットします
  • SYS C:を使用してブートセクタをインストールします
  • MSDOS.SYSIO.SYSをC:\にコピーする必要があると思います(SYSがそれを行ったかどうかはわかりません)、そして間違いなくCOMMAND.COMです。
  • 次に、基本的なC:\CONFIG.SYSを次のように作成する必要があります(ブートディスクにEDITが含まれているといいのですが、そうでない場合は、いつでもCOPY CON: {filename}を使用できます)。

DOS=HIGH,UMB

Shell=C:\COMMAND.COM /P

LASTDRIVE=Z

  • および基本的なC:\AUTOEXEC.BATと次のとおりです。

BREAK OFF

VERIFY OFF

Prompt $P$G

PATH C:\;C:\DOS

そして、それはあなたがベアボーンシステムをセットアップする方法とほとんど同じです。再起動すると、C:\>プロンプトが表示されます。 (ハードドライブにさらに空き容量がある場合は、この時点で残りのパーティションをFDISKできます。)ここから、C:\ DOSディレクトリを作成し、公式ディスクまたはその他のソースからすべてのDOSユーティリティをコピーします。公式ディスクではそれらのほとんどが圧縮されており、IIRCを抽出するにはEXPANDコマンドを使用する必要があります。次に、CD-ROMドライバーのインストールに取り組む必要があります(ドライバーをロードするにはCONFIG.SYSにDEVICEHIGH=lineを追加してから、AUTOEXEC.BATMSCDEXを実行する必要があります)およびHIMEM.SYSしたがって、1MBを超えるRAM 1を使用できます。

1
LawrenceC

TechnetとMSDNで見たことがありますが、誰もが無料であるとは思っていませんでした。これは6.1からのアップグレードであり、完全な無料ダウンロードではないと思います。

簡単にインストールするには、フロッピードライブと3つの空のフロッピーを備えたWindowsマシンが必要です。

ファイル「Setup.bat」を実行すると、セットアップがガイドされ、インストールディスクが作成されます。

最初のディスクをPentium3マシンに挿入し、Aドライブからセットアップを実行すると、インストールされます。

0
William Hilsum