it-swarm-ja.com

Solarisx86をLenovoにインストールしても何も起こりません

すべて、

プロジェクトをホストするためのDEVボックスを作成中ですが、Solaris11.1をLenovoデスクトップPCにインストールしたいと考えています。

PCの詳細:

Lenovo M92p Thinkcentre 3227
Intel Core i5 3rd Gen
4Gb Ram
500gb HDD (MBR Partition)

技術仕様

http://support.lenovo.com/en_GB/product-and-parts/detail.page?DocID=PD024409

現在、システムにはWindows7のOEMバージョンがインストールされています。


OracleからSolarisの最新のライブイメージをダウンロードし、Windows書き込みユーティリティを使用して書き込みました。

次に、UEFIモードを使用してDVDを起動すると、GRUBメニューに、Solarisインストールプロセスを開始するためのさまざまなオプションがすべて表示されます。

enter image description here

どのオプションを選択しても、インストールが黒い画面に表示され、OSのバージョンと著作権表示が表示されます。

テキストカーソルが点滅していません(クラッシュしましたか?)

私が得たものを示すこのスクリーンショットを見つけました(スクリーンショットはVMからのものであることに注意してください)

enter image description here

私がしたこと:

  • BIOSを最新バージョンにフラッシュしました
  • ライブUSBからソラリスを起動してみました
  • ソラリスISOイメージを再書き込み
  • それが進行するかどうかを確認するために1時間待ったが、それでも同じ画面
  • レガシーモードを使用して起動したDVD

私がやろうとしていること:

  • 別のISOバーナーユーティリティを使用する
  • LinuxがPCから起動できるかどうかをテストします

何か案は?

3
tomaytotomato

From Lenovo UEFIバグはWindowsとRHELのみが好きです

Lenovoは、ThinkcentreM92pデスクトップが関係するWindowsとRHELしか知らないようです。 EFIブートの問題の調査 の間、Matthew Garrettは、PCのファームウェアが実際にオペレーティングシステムの記述文字列をチェックし、リストにないオペレーティングシステムがブートするのを防ぐことを発見しました。

ギャレットはこう書いています:

すべてのUEFIブートエントリには説明文字列があります。これは、ファームウェアがユーザーにメニューを表示するときに使用されます。「ハードドライブ0」と「USBドライブ3」の代わりに、ファームウェアは「WindowsBootManager」と「FedoraLinux」をリストできます。ファームウェアがこれらの文字列を解析する理由はまったくありません。 ...説明文字列を「WindowsBootManager」と比較し、一致しない場合はエラーを返すように見える関数があります。奇妙なことに、「Red Hat Enterprise Linux」もチェックし、それも機能させます。 ...これは明らかに奇妙です。ベンダーは、OSが起動する前に、OSがWindowsであると主張しているかどうかを確認するための追加のコードを実際に作成したようです。その後、誰かがRHELの起動をテストし、それが機能しないことを発見したと思われます。そのチェックを外すのではなく、別のチェックを追加してRHELも起動させました。

したがって、LenovoではこのモデルにSolarisをインストールできないようです。
VMにインストールする必要がある場合があります。

4
harrymc

私は新品のZ170HD3Pでoiosopenindianaを使用しています。初期インストールは問題なく、オペレーティングシステムはほぼ完全に機能していました。ただし、Windows 10をパラレルディスクにインストールし、BIOSをF20に更新しました。説明どおりに停止します。ただし、Vbでの実行はUSBからうまく機能します。 VB経由でインストールしようとしましたが、アップロード先のEFIパーティションしか認識しません。ファームウェアF20のリロードやディスクのデータ移行クローン作成は試していません。

0
robert jones