it-swarm-ja.com

タッチターゲット間の間隔は、マイクロソフトによる不必要な推奨事項ですか?

最近のMicrosoft IE10ブログ投稿では、一般的な タッチフレンドリーサイトを構築するためのガイドライン がタッチターゲットの2つのルールを示唆しています。

  • 目標サイズ
  • ターゲット間のマージン

enter image description here

AppleのiOSガイダンス はタッチターゲットサイズのみを提案します。

タップ可能なUI要素の快適な最小サイズは44 x 44ポイントです。

タッチターゲット間のスペースのMSガイダンスは相互作用には不要であり、不要な境界線のあるブロック状のインターフェイスが生じるようです。つまり、「ターゲット間の」距離はほとんど常に視覚的なマージンに変換されます。どちらかというとスタイルガイダンスのようです。

このブロックノイズは、WindowsPhone/Metroスタイルで見られます。

enter image description here

タッチターゲット間の間隔は不必要な推奨事項ですか?-タッチターゲットが十分なサイズである限り(一般的なタッチインターフェイスガイダンスの場合、必ずしもMetro固有ではありません)

8
Luke Charde

いずれにせよ、研究を見たことがないということから始めなければなりません。

ガイドラインと要件の比較

ガイドラインを参照するとき、タッチターゲット間の間隔が不必要な要件であるかどうかを尋ねていることに注意してください。これら2つの違いはかなり重要です。 Microsoftは、ターゲットをそのように配置する必要があると述べていないと思います。彼らはおそらく、それぞれの状況が独特であることを認識しています。ガイドラインはそれだけだと思います-推奨事項です。適切な間隔が彼らのMetroスタイルの鍵であることに私は同意しますが、ここではそれは別々に感じられます。

タッチターゲット分離の理由

タッチターゲット間の最小距離を提案する主な理由は、ユーザーがタッチして誤ったアクションを呼び出すのを防ぐためです。これは、[保存]や[キャンセル]などのボタンが隣り合っている場合に非常に重要になります。アクションは正反対です。間違ったアクションを呼び出すと、ワークフローに悪影響を与える可能性があります。これは私が信じている基本的な人間工学です。

また、タッチターゲットが推奨される最小サイズの場合は、ターゲットを分離することの推奨がより重要になります(「ニアミス」の可能性が高いため)。ギャップはすべてのサイズに適したガイドラインですが、誰かが44ピクセルの正方形よりも200ピクセルの正方形を見逃す可能性は低くなります。 (@KitGroseの優れた点に感謝します。)

このサイトについて考えてみてください。私がこれを書き終えると、私の答えを投稿するためのボタンがあり、リンクのすぐ隣にすべての私の書き込みを破棄します。少しの間、両方がボタンであったと想像してください。 2つのアクションが接近しているほど、誤ったアクションを誤って呼び出すリスクが高くなります。

キーとなるボタン間の間隔の良い例は、物理的なキーボードです。すべてのキーが1つのフラットサービス上にあり、それらを分割するための色付きの境界線のみがあり、物理的な障壁やマージンがない場合、それらの操作は簡単ではありません。

タッチターゲットが近すぎる場合の別の例 here を読んでください。

さまざまなスタイル設定の方法でこれを実現する方法は他にもあることは間違いなく同意しますが、Microsoftのガイドラインは、調査に基づいた一般的な推奨事項であると思います。

ガイドラインへの記載

コメントで、それがガイドラインの一部である必要があるかどうか疑問に思っていると述べています。状況によってはターゲット間の間隔が重要であると私は思いますが、それ以外の状況では必要ないかもしれません。したがって、(要件ではなく)ガイドラインを作成している場合は、追加しても問題ありませんが、推奨事項として作成する必要があります。

10
GotDibbs

Microsoftに同意します。iPhoneの非常に良い例は、画面がロックされているときに使用できる音楽コントロールです。私はこれらをジムや散歩によく使用しますが、残念ながら次へ/前へボタンと再生ボタンはサイズが小さく、画面の小さな領域に非常に接近しています。ときどき、ポッドキャストの途中で誤ってprev関数にアクセスして、スクラバー経由で自分がいた場所を見つけなければならないことがあります。 Appleこれらのコントロールの間にスペースがある場合、これはそれほど起こりません。

7
Macdara Butler