it-swarm-ja.com

ルーターの静的IPアドレスを見つける方法は?

Linksys WRT54GSルーターのファームウェアをdd-wrtからopen-wrtに変更しようとしたときに、私はそれをブリックしました。ブリックを解除するには、ftp転送を実行できる必要があります。

問題は、DHCPアドレス指定を使用しておらず、デフォルトのIPアドレスである192.168.1.1を使用できないことです。ブリックされる前に設定されたIPアドレスを使用する必要があります。

問題は、その番号が何であったかを忘れてしまったことです。

それを見つけることができるプログラムやスクリプトはありますか?

4
tony_sid

Dd-wrt.com wikiにはページがあります ルーターIPの取得 。 arpコマンドを使用するように指示されています。そのページから:

それでも応答がない場合は、IPアドレスがデフォルトから変更されている可能性があります。他のすべてのマシンをルーターから切断し、コマンドウィンドウでarpを実行して、IPアドレスを確認します。

arp -a

ルーターがコンピューターとは異なるサブネット上にある場合でも、ルーターから応答を受信する必要があります。応答を受け取った場合、出力にはルーターのIPアドレスが表示されます。ルーターのIPアドレスを見つけたら、上記のようにルーターのサブネットと一致するようにコンピューターのIPアドレスを変更します。これで、ルーターにpingして応答を受信できるようになります。


Dd-wrt.com wikiには、状況に合ったように思われる完全なガイドもあります。 不良フラッシュから回復

対象となる最初のルーターはWRT54G/GL/GSですが、ルーターの詳細に入る前に、次のように述べています。
ルーターがブリックされているかどうかを判断するには、孔雀のスレッドの注6の手順に注意深く従ってください:
Peacock Thread-FAQ:知っておくべきことすべて!本当に!!


将来リンクが機能しなくなった場合に備えて、Peacock Thread-FAQから私の回答に貼り付けますが、投稿全体に多くの良い情報があります。このセクションから始める必要があるようです:

具体的には、ブリックがあり、jtagを使用する(またはシリアルケーブルを使用する)必要があるかどうかを確認する手順は次のとおりです:

Pingする標準のIPアドレスと、成功しなかった場合にリセットする方法が示されています。

ピーコックスレッド-FAQは次のように始まります。
簡単に検索できるように、これを孔雀の糸と呼びました。たくさんの情報が入っているので、よく読んでください。
....
このスレッドの情報ISスレッドの投稿日に関係なく最新。この投稿は常に変更されています。

リセットする方法は投稿のメモ1にあります。フォーラムで投稿を確認する必要があります(私はポスターで、ここのリンク以上のものに問題がないかどうか確認しています)。

幸運を。


投稿の作成者から情報をここにコピーすることを許可されたので、下部にある手順6を使用してルーターがブリックされていることを確認した場合、注1で説明されているようにハードリセットを行う必要があります。

ハードリセット後、WRT54GSの特定の手順を 不良フラッシュから回復する ポストから続行できます。

ピーコックスレッド-FAQ:あなたが知る必要があるすべて!本当に!!
著者:Murrkf
注1:ハードリセットを実行する前後 DD-WRTファームウェアバージョンを変更します。

これは、リセットボタンを押して完了したと言うことを意味するものではありません。これは、30-30-30リセットを実行することを意味します。 30-30-30リセットを行うには、ルーターの電源を入れた状態でリセットボタンを押す必要があります。ルーターの電源を入れたまま30秒間押し続けます。それを保持したまま、電源コードを30秒間引きます。そのままにして、電源をルーターに接続し、リセットボタンをさらに30秒間押し続けます。ボタンを離さずに90秒間押し続けます。

ハードリセットは通常、ストックファームウェアでは機能しません。

注:WRT54GS v1.1、GS v2、およびGS2.1モデルは、ハードリセット後、どのように実行されてもブリックする可能性があります。このスレッドとVulcanの投稿の解決策を参照してください: http://www.dd-wrt.com/phpBB2/viewtopic.php?t=45024

注:WRT320Nのリセットボタンに問題があります。 WPSボタンを使用してnvramを消去する方法については、次の投稿を参照してください。 http://www.dd-wrt.com/phpBB2/viewtopic.php?t=63004

注2:Asus RT-N16リセットボタンは、ファームウェア復元モードにします。このルーターをリセットする方法については、RT-N16wikiを参照してください。

DD-WRT IS INSTALLEDの場合、これを行った後、192.168.1.1でルーターにログインしようとしたときに、dd-wrtwebguiからパスワードの変更を求められていない場合(自動再構成パスワードが導入された2008年6月14日の9707より新しいdd-wrtビルドでハードリセットを実行していると仮定して)ハードリセットが正しく行われていません。

ハードリセットの失敗とフラッシュ後の待機の失敗は、不必要なdd-wrtの痛みの世界につながる2つの最も一般的なNOOBエラーです!これはマイナーなオプションのステップではありません。ファームウェアはNvramに情報を書き込みます。この手順により、その情報がクリアされます。正しくクリアしないと、古いファームウェアの一部が新しいファームウェアに存在するため、正しく動作しない可能性があります。角を切らないでください。アップグレード前にそれを行うことは非常に重要です。ハードリセットは、アップグレード後だけのものではありません。

ハードリセットでは、ルーターからdd-wrtは削除されません。


ルーターがリセットされたので、 不良フラッシュからの回復 投稿からWRT54GSの特定の手順を続行できます。

ルータの前面にあるLEDディスプレイは、使用しているブリックのタイプとその回復方法を判別する最良の方法です。少なくともこれをチェックして、ルーターを不必要に開かないようにする必要があります。

Webインターフェイスが使用できなくなったら、最初にルーターの電源を切り(電源ジャックを取り外します)、機器からすべてのネットワークケーブルを取り外します。数秒後、WRT54Gを再起動します。ここで、LEDの点滅に注意してください。

  1. 電源LEDが非常に速く点滅します。他のLEDを点灯せずに、2分以上点滅し続ける場合は、欠陥のあるブートローダーが存在します。ただし、192.168.1.1(ルーターIP)にpingを実行できる場合は、TFTP回復を試すことができます。それ以外の場合は、ルーターを開いて、以下のJTAG回復方法を使用する必要があります。
  2. 電源LEDが非常に速く点滅し、数秒後にDMZ LEDが約5秒間点灯します。この場合、ブートローダーは無傷で、カーネル(ファームウェア)のみに欠陥があります。この場合、 TFTPを介してファームウェアを再フラッシュした場合、イーサネットケーブルで回復する可能性があります(以下のTFTPを参照)。
  3. 電源LEDは非常に速く点滅し、約20秒後に永久に点灯しますが、DMZ LEDは点灯しませんでした。この場合、ブートローダーとカーネル(ファームウェア)はそのままで、ルータがロックされています。これは、NVRAMに誤った値または破損した値が存在する場合に発生する可能性があります。NVRAMをクリアするだけで問題が解決します。

オプション1:JTAGリカバリ方法を使用する
オプション2:TFTP経由でファームウェアを再フラッシュした場合、おそらくイーサネットケーブルで回復します
オプション3は、ハードリセットを実行することで修正されます。


オプション1:TFTPを使用したリカバリ

すでにDD-WRTがインストールされて機能していて、ルーターファームウェアに戻したいためにこのページを表示している場合は、最初にDD-WRTを解除する必要があることに注意してください。

ルーターにtelnetで接続し、以下を実行します。

mtd erase linux(これは私のBuffalo WHR-HP-GNをブロックしました!mtd erase linuxを実行しないでください!)

(注:24preSP2を搭載したWNDR3300、YMMVでのみテスト済み)

起動中、ルーターはtftp経由の一時的なファームウェアのアップロードを受け入れるために一時停止します。 Linksys WRT54Gルーターでは、「W54G」ヘッダーを含むイメージをフラッシュする必要があります(Linksysおよびmini_wrt54gイメージ)

192.168.1.1へのpingが機能しない場合は、コンピューターのIPアドレスを確認し、ルーターIPのサブネットにIPアドレスが割り当てられていることを確認してください。簡単にするために、「192.168.1.x」が適切であると想定できます。適切なIPがない場合は、DHCPサーバーが機能していない可能性があります。したがって、IPを手動で192.168.1.77のようなものに設定し、ゲートウェイとして192.168.1.1を使用してから、ルーターへのpingを再試行してください。最後に、ルーターに別のIPが割り当てられていないことを確認するために、ネットワークスキャナーを使用してネットワーク(小規模なネットワーク)をスキャンすることをお勧めします。

コマンドウィンドウで継続的なpingを実行して、ルーターの電源を入れます。

ping -t -w 2 192.168.1.1

-w 2パラメーターは、ping応答のタイムアウトを強制的に低くします。これにより、ブリックルーターからの応答の取得が容易になります。

192.168.1.1からの少なくともいくつかの応答が表示されます。確認するために、これを数回行います。もしそうなら、あなたは簡単な回復の良いチャンスがあります。それでも応答がない場合は、IPアドレスが192.168.1.1以外の可能性があります。ルーターのIPアドレスを取得してみてください。特に、以前のファームウェアでboot_wait変数がオンに設定されている場合、ルータは起動中に通常よりもさらに長く一時停止して、リカバリフラッシュを受け入れます。あなたがする必要があるのは、この時間枠の間にTFTPを介してそれにファームウェアを提供することです。

PC、ファームウェアファイル、およびTFTPソフトウェアを準備し、電源を入れて、電源を入れた直後(またはping応答が表示されたらすぐに)TFTPセッションを開始するタイミングを試してください。何度も(少なくとも10回)試してみると、大騒ぎせずにルーターを救出できるでしょう。

ルータから「InvalidPassword」プロンプトが表示された場合、ブートローダーはTFTPイメージを受け入れず、ファームウェアはTFTPアップロードを拒否しています。ルータの電源を入れている間、リセットボタンを押し続けることにより、ブートローダーにTFTPアップロードを受け入れるように強制できます。また、PCとルータの間にスイッチまたはハブがあり、ルータの電源が再投入されたときにリンク状態を維持することで、成功率を向上させることができます。

DrayTekルーターツール-OSX/Windows:このプログラムは、ボタンを押すだけで、これらの厄介なTFTPコマンドをすべて実行します。ここからDrayTekルーターツールをダウンロードしてインストールし、指示に従ってください: ftp://ftp.draytek.com/tools/Router_Tools/

  1. 'Draytek Firmware Upgrade'を実行します。
  2. * .binファイルを指定します。
  3. ルーターを接続して送信ボタンを押します。「送信できません」というメッセージが表示された場合は、[OK]をクリックしてもう一度送信してください。ルーターと同じサブネット上に手動のIPアドレスがあり、ルーターがping可能である限り、最終的に通過するはずです(1分以上送信できない場合はルーターを再起動してください)。
  4. 送信が成功すると、ファイルが送信されるときに進行状況バーが表示されます。
  5. 約2分待つと、ルーターにアクセスできるようになります。

Windows:MicrosoftWindowsにはTFTPクライアントが含まれています。 Windows Vistaでは、[プログラムと機能]で有効にする必要があります。 TFTPを使用すると、転送に関するすべての情報が初期セットアップ中に指定されます。標準のFTPと比較して、クライアント/サーバーの相互作用はほとんどありません。

ルータがpingで応答しない場合、または電源ランプが点滅している場合は、最初にarp -sコマンドを使用します。

このコマンドを使用すると、デバイスの一意のMAC(または物理アドレス)にIPアドレスを付加できます。 MACアドレスは、デバイスの底面に貼り付けられたラベルに表示されており、12桁の16進数で、abbccddeeffのように見えます。この番号は、aa-bb-cc-dd-ee-ffのように入力する必要があります。ダッシュは数字のペアを区切ります。

最初にインストールするファームウェアのサイズは3MB未満である必要があることに注意してください。その後、ルーターのWEBインターフェースを使用して、より大きなファームウェアをインストールすることができます。ただし、いくつかの例外があります。 WRT54GLのLinksysデフォルトファームウェアは3.2MBで、TFTPで動作します。

次の例では、ルーターのIPアドレスが192.168.1.1であると想定しています。

始める前に、次のことを確認してください。

  1. LAN上にIPアドレス192.168.1.1のコンピューター(またはデバイス)がありません。
  2. お使いのコンピューターのIPセグメント1には、192.168.1.xxxというアドレスがあります。
  3. ネットワークケーブルがルーターに正しく接続されている。

Microsoft Windowsを使用してルーターをフラッシュするには:

  1. コマンドプロンプトを開きます。
  2. このブートに使用する元のLinksysファームウェア、またはインストールするDD-WRTファームウェアを含むディレクトリに移動します。サイズは3 MB未満である必要があります(この例では、ファームウェアファイル名がcode.binであると想定しています)。
  3. 次に、次のコマンドを入力します。

    arp -s 192.168.1.1 aa-bb-cc-dd-ee-ff ping 192.168.1.1 tftp -i 192.168.1.1 PUT code.bin code.bin

Pingからの正しい応答は、電源ランプが点滅していても、ルータがまだ生きていることを意味します。

Tftpプログラムは、アップロード中にステータスの更新を提供しません。最後に「転送に成功しました」または失敗メッセージを返します。転送には15秒以上かかる場合があります。その間、LANステータスLEDは電源LEDとほぼ同じ速度で点滅します。辛抱強く、終了するまで中断しないでください。

ファームウェアがアップロードされた後、電源ライトの点滅が停止するまで、約3分待ちます。この時点で、ルーターは動作しているはずです。

OS X:OS Xには、以下で説明するTFTPクライアントが含まれていますが、その成功率は、「無効なパスワード!!!」を受け取った場合は特に異なります。エラー。ただし、MacTechnologiesのMacTFTPクライアントは最初の試みで動作しました。通常は「admin」のデフォルトであるパスワードを指定して、転送が完了するのを待ってください。

Linux:ほとんどのLinuxディストリビューションには、tftpクライアントが含まれているか、パッケージに含まれています。この例ではatftpを使用しています。

atftp --option "mode octet" --verbose -p -l code.bin 192.168.1.1

OS XおよびLinuxユーザーの場合、ターミナルウィンドウを開いて、次のコマンドを入力することをお勧めします。

tftp 192.168.1.1
binary
rexmt 1
timeout 60
trace

結局のところ、そのタイプ(ただし、まだEnterキーを押さないでください)

put firmwarefile.bin

ルーターを接続し、すぐにEnterキーを押します。

次に、ルーターに電源を入れます。 tftpクライアントは、ルーターが応答するまで、ファームウェアのアップロードを継続的に再試行します。うまくいけば、ルータが短時間起動し、ファームウェアのアップグレードを送信できるようになります。約2分後、ルーターはリセットされ、新しいファームウェアで動作可能になります。

PUTが完了すると、ファームウェアがフラッシュされている間、ルーターは2〜3分間pingを停止します。パニックにならないでください。これは正常です。 pingの受信を再開すると、ファームウェアがフラッシュされ、ルーターに再びアクセスできるようになります。ルータを再度設定する前に、デフォルトにリセットする必要があります。

Linksys WRT54 GL:

Linksys wrt54 GLユーザーは、dd-wrtファームウェアを使用してtftpでフラッシュしても結果が得られない場合は、www.linksys.comのオリジナルのLinksysファームウェアを試す価値があります。それが機能する場合は、ハードリセットを行ってください。 dd-wrtでフラッシュを続行できます。標準ファームウェアバージョンを使用するには、最初にMINIバージョンを使用する必要があります。

ノート:

  • -iは、バイナリ転送モードを指定します。これを指定しないと、転送は失敗します。
  • コマンドを開始してから、ルータの電源を入れます。それが完了するまで、転送の兆候はありません。
  • 10Mbps半二重モードを使用している場合、このコマンドによるアップロードは約5.7kB/sとかなり遅いため、最大3MBの画像をアップロードするのに約10分かかります。 100Mbps全二重モードを使用している場合は、はるかに高速になります。転送が完了したら、画像がフラッシュに書き込まれるまで2〜3分待ちます。
  • TFTPが機能しない場合は、ネットワークアダプタを10 Mbps半二重に変更してみてください。
  • これらの手順を正しく実行した場合、ルーターは最終的に再起動し、場合によっては電源を入れ直す必要があります(ただし、電源を入れ直した場合は、プラグを抜く前にフラッシュ書き込みが発生したことを確認するために少なくとも10分待ちます) )。
  • 60ドルも無駄にしておらず、ルーターが再び機能していることをお楽しみください。

既知のTFTPの問題

タイムアウトが発生しました接続要求が失敗しました
ルーターにpingを実行してみてください。 pingがある場合は、電源コードを取り外してルーターを再起動し、少なくとも10〜20秒待ってから再試行します。 pingがない場合、ルーターに到達できません。正しいIPおよびネットワーク構成があるかどうかを確認してください。再起動しても問題が解決せず、常にこのエラーが発生する場合は、JTAGメソッドを続行する必要があります。

アクセス拒否の接続要求が失敗しました
ルーターが接続を拒否しています。ルーターはネットワーク上でアクセスできます。ルーターを再起動してネットワークインターフェイスを修復するか、いくつかのチュートリアルに従って、IPアドレスを192.168.1.9に変更してみてください。

サーバーコードパターンのエラーが正しくありません
場合によっては、ミニDD-WRT画像(または他の画像)のアップロードが機能しません。このエラーが発生した場合、ルーターは.BINファームウェアを認識できません(.BINファームウェアがあることを確認してください)。代わりに、最新のデフォルトのLinksysファームウェアをTFTPで転送してみてください。これで、Web GUIにアクセスして、ルーターを再度フラッシュできるようになります。


オプション2:JTAGケーブルによるリカバリ

ここでjtagwikiを読んでください: http://www.dd-wrt.com/wiki/index.php/Category:Jtag

ルーターがpingを実行できない場合は、JTAGケーブルを使用する以外にできることはほとんどありません。ピン配置については、OpenWRTwikiを参照してください。次に、HairyDairyMaidDebrickユーティリティをダウンロードします。または...新しいルーターモデルを含む更新されたTJTAGプログラムを試してください。

  1. 上記のリンクされたピン配置に従ってJTAGケーブルをはんだ付けします。
  2. 12ピンヘッダーをルーターのPCB=にはんだ付けします。
  3. giveio.sysのコピーgiveio.sysとloaddrv.exeを{windows}\system32\drivers(通常はC:\ windows\system32\drivers)にインストールする
  4. system32ディレクトリのloaddrv.exeをダブルクリックします。これは重要。
  5. ユーティリティのパスにファイル名giveio.sysを追加します
  6. ロードボタンとスタートボタンを押すと、両方とも成功を確認するはずです。これが起こらない場合は、それ以上先に進まず、戻ってこれを修正してください。
  7. lPT1ポートで割り込みが有効になっていることを確認します-デバイスマネージャ> LPT1>プロパティ>ポート設定に移動し、[このポートに割り当てられた割り込みを使用する]をオンにします
  8. コマンドプロンプトcdからHairy Dairyディレクトリに移動し、wrt54g.exeを実行してオプションのリストを取得します。
  9. ケーブル、プラグインを確認してルーターの電源を入れ、wrt54gを実行します-probeonly
  10. その後、CPUタイプを検出します。そうでない場合は、ケーブルを確認してください。
  11. 最後に、NVRAMを消去します(問題の通常の原因)wrt54g
    • 消去:nvram
  12. それが機能しなかった場合は、カーネル(ファームウェア)を消去します。wrt54g-erase:kernel次に、TFTP経由でカーネルを再フラッシュします。
  13. それでも運がない場合は、CFEを消去する必要がありますが、ルーターモデル用のcfe.binが機能していることを確認してください。 wrt54g -erase:cfeその後、CFEを再フラッシュする必要があります:wrt54g -flash:cfe

部分的なリストはここにありますCFEコレクションプロジェクト

KERNELまたはWHOLEFLASHのフラッシュは、このユーティリティを介してJTAGを使用すると非常に時間がかかります。 CFEファイルとNVRAMファイルをフラッシュしてから、通常のTFTP方式を使用してイーサネット経由でカーネルをフラッシュすることをお勧めします。

注:フラッシュ消去ステップ中にJTAG書き込みプログラムがハングしている場合は、電源を確認してください。フラッシュを書き込む動作は読み取りよりも多くの電力を消費するため、限界電源はプローブと読み取りをサポートする場合がありますが、書き込みでは失敗します。あるケースでは、14V DC電源で32VACリップルがありました。元のフラッシュ障害と呼ばれる限界電源だと思います。

CFE.BINファイルがない場合は、ここでそれらのリポジトリを見つけることができます。これらはすべて、ハードウェアと一致しないMACアドレスを持っています。 The Bitsum Wikiから入手できるCFE編集ツール「IMGTOOL_NVRAM」を使用して、CFEをアップロードする前にet0macaddrとil0macaddrを設定します。 et0macaddrは、外側に印刷されたアドレスです。 il0macaddrは同じアドレスに1を加えたものです。例:プリンターのアドレスが00:90:4d:83:00:01の場合、et0macaddrは00:90:4d:83:00:01で、il0macaddrは00:90:4d:83:00:02です。


ピーコックスレッド-FAQ:あなたが知る必要があるすべて!本当に!!
著者:Murrkf
注6:ルーターはブリックされていますか?

A bricked router is a router that you can no longer communicate with through 
wireless or wired connections. It will give no response. Just because a router 
doesn't seem to be fully working, doesn't mean it is bricked. Most of the time 
when we refer to a bricked router, we mean that it is not responding to a 
wired connection and needs a jtag or serial cable to fix it.

A brick will normally not respond to pings at all. Often, all the lan lights and the 
power light are lit when a router is bricked, even those with no cable in the lan 
port. If you can get your router to respond to pings, there is hope.

When pinging the router:

If reply has TTL of 100, the bootloader (CFE) is responding. This is the best time 
to start the TFTP transfer. In most cases you should be able to flash dd-wrt 
firmware if you are getting any ttl=100 responses, as long as you flash at the 
start of these ping responses. See note 11 about how to flash. Timing can be tricky.

If reply has TTL of 64, the operating system firmware 
(i.e. Linux, dd-wrt) is responding.
The good news here is that there IS operating system firmware on your router.

Routers with boot wait enabled will give you a few ping responses of ttl=100, while 
the operating system is loading, prior to changing to ttl=64. This enables you to 
flash firmware at bootup with tftp if you wish to.

If there is no operating system firmware (dd-wrt) on the router (flash of firmware 
did not take for some reason), you will only get ttl=100 from the bootloader.

If you get "destination Host unreachable", you likely have your computer on a 
different sub-network than the one you are trying to ping. Check to make sure 
that you have your computer set to the same static IP subnet (eg.192.168.1.10) 
as the address you are trying to ping.

If you only get "request timeout" responses, and you are pinging properly to the 
correct  IP of the router from the same subnet,this is not good 
(router might be bricked) but we can still try TFTP just in case. Here's what to do:

Try to ping at ALL the IP addresses that your router has ever had. Make sure that 
you set the IP on your computer to the same first three octets of the IP you are 
trying to ping. Usually, you will set the IP of the computer to 192.168.1.8. 
Then, at your command Prompt, ping -t 192.168.1.1. Watch and report the results,
if you have a problem.

Be SURE to check your power supply and make sure it is the correct one for your
router. We often see that people have used the wrong power supply and then find
their router doesn't work. Also, power supplies fail, and if the capacitors are weak 
the power supply might seem fine when the router is not under load but often the 
supply won't work right at reboot, right when you need it to function properly.
If you have another power supply, try both.

具体的には、ブリックがあり、jtagを使用する(またはシリアルケーブルを使用する)必要があるかどうかを確認する手順は次のとおりです:

a. Make sure your computer hardware, especially your lan cable are working properly. Make sure your network adapter is working.ルーターの電源を確認してください。

b. Disable all virus protection and firewalls on the computer. Also, disable any
wireless cards.
c. Connect one computer to the router with a cable. Have no other connections to
the router except one computer and one cable to that computer.
d. Set your computer IP address to 192.168.1.10 (if that is the same subnet as the
router is supposed to be at).
e. Try to ping the router using the command "ping -t 192.168.1.1" (presuming that
192.168.1.1 is the address your router was set to.) See if there are ANY
responses. (There WILL be A response...you are looking for a ttl= response)
f. If there are no ttl= responses, do a hard reset on your router. Make sure you get
this right. (See note 1.) This should set your router back to dd-wrt defaults. Check
to see what the dd-wrt default is for your router. Usually this is 192.168.1.1. Some
routers are 192.168.10.1 and some are 192.168.1.245. You then need to redo
steps d. and g. using the new ip address. Make sure if the subnet has changed, your
have changed your computer to match the subnet.
h. Start continuous pings to your router again. Note the responses. If they are not
ttl=64, you have a problem. While the pings are continuing, power cycle your
router. (This means unplug it, count to 30, and plug it back in). Watch the lights 
and wait until they come back on or for any changes. This could take a minute. 
Carefully watch for any ttl= responses during this time.
i. If there are no ttl= responses, do a hard reset on your router, while the pings
continue. Again. watch for any ping responses. If you get none, you likely need to
jtag or use one of the recovery methods listed below in this note. Your router is
bricked.

If you get a few ping responses of ttl=100, or even 1, that is the CFE saying "Send
me a firmware! NOW!" But you have to hit it with a tftp right then, when the ping
responses start. See note 11 (below) and repeat the procedure that got your a
ttl=100 response then try to get the tftp timing right.
Some routers can be bricked even if they do give some ttl=100 responses to pings,
but this is less common. Some routers can be bricked if the lights are not all lit, 
but again, this is not common. However, if the lights are all lit, and you cannot 
get a ping response, the router is definitely bricked. You can try the alternate 
recovery methods below, but if none work and you can't tftp, you must use 
serial recovery or jtag to fix it. 
(See the Links to the Wiki articles on these, below).

しないでくださいPIN短いルーター。

It can cause harm that cannot be fixed. A bricked router can almost always be
fixed with serial or jtag if there is a jtag terminal in the router. However a router
with hardware damage cannot be recovered. Pin shorting often causes hardware
damage.

If someone has sent you to note 6 of the peacock thread, it is because they are
asking you to post the exact message you get from your initial ping attempt, the
message you get during and after a power cycle, and the message you get when
pinging during and after a hard reset. Be sure to post this information in your
thread. You will ALWAYS get a message/response when you try to ping;(see the
first paragraph for note 6, above) be sure to post exactly what those responses
are. Also post what each light in the front of the router is doing, and whether
something is plugged into any LAN port. We also need to know what you did to
brick your router - wrong build? Failed to wait? What? Finally we will need to know
what operating system you are using on your computer to assess the message
you get. POST ALL THIS INFORMATION IF YOU WANT USEFUL ASSISTANCE


Here is a link on how to put your router in management mode, that has saved
some people who thought that their router is bricked:
http://www.dd-wrt.com/phpBB2/viewtopic.php?t=47536

EKO has posted this for the Linksys 610N (Not sure if it works for other Linksys
routers too?)
http://www.dd-wrt.com/phpBB2/viewtopic.php?t=54286

As an alternative to serial or jtag, some recent version routers can be fixed by this
method. It is worth a try before you solder:
http://www.dd-wrt.com/phpBB2/viewtopic.php?t=63444&start=15

If you need to jtag, here is a link to the wiki article on jtag:
http://www.dd-wrt.com/wiki/index.php/JTAG

You can do some router recovery with a serial adapter IF you have a working CFE
on the router. This is the preferred method if you flashed the wrong firmware but
have not deleted the cfe with a jtag cable. See this wiki article on serial recovery:
http://www.dd-wrt.com/wiki/index.php/Serial_Recovery
7
codewaggle

nmap を使用してローカルネットワークをスキャンします。

5
Tom O'Connor

http://www.angryip.org/w/Home でネットワークをスキャンします

2
Brian Adkins

それがファームウェアの問題に役立つかどうかはわかりませんが、IPをデフォルトに戻すために工場出荷時のデフォルトにリセットしようとしましたか(リセットボタンを30秒間押すなど)?

2
laurent

特別なコマンドを使用せずにこれをテストする別の方法で、ネットワークにアクセスできる場合は、 http://whatsmyrouterip.com/ にアクセスして、ルーターのネットワークを調べます。それがping /リクエストにまったく応答しないかもしれないので、それがレンガのルーターでうまくいくかどうかわかりません...

1
MaZZly

これはLinuxユーザーに有効です。私はあなたがWindowsでそれをどのように行うかわかりません:

まず、現在のIPアドレスを取得します。

$ ifconfig | grep inet
inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
inet addr:192.168.1.4  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::9eb7:dff:fef1:3565/64 Scope:Link

っていうことは 192.168.1.4。したがって、ルーターのIPはおそらく192.168.1 - 255

次に、試してみることができます nmap

$ nmap 192.168.1.1-154

Starting Nmap 6.40 ( http://nmap.org ) at 2014-06-12 04:00 CEST
Nmap scan report for 192.168.1.1
Host is up (0.012s latency).
Not shown: 994 closed ports
PORT      STATE SERVICE
23/tcp    open  telnet
53/tcp    open  domain
80/tcp    open  http
5000/tcp  open  upnp
8200/tcp  open  trivnet1
20005/tcp open  btx

Nmap scan report for 192.168.1.5
Host is up (0.0056s latency).
Not shown: 999 closed ports
PORT      STATE    SERVICE
27355/tcp filtered unknown

Nmap scan report for 192.168.1.6
Host is up (0.00019s latency).
Not shown: 997 closed ports
PORT    STATE SERVICE
80/tcp  open  http
139/tcp open  netbios-ssn
445/tcp open  Microsoft-ds

Nmap scan report for 192.168.1.8
Host is up (0.012s latency).
All 1000 scanned ports on 192.168.1.8 are closed

Nmap scan report for 192.168.1.9
Host is up (0.0047s latency).
Not shown: 976 closed ports
PORT      STATE    SERVICE
22/tcp    open     ssh
42/tcp    filtered nameserver
49/tcp    filtered tacacs
106/tcp   filtered pop3pw
843/tcp   filtered unknown
901/tcp   filtered samba-swat
903/tcp   filtered iss-console-mgr
1066/tcp  filtered fpo-fns
1067/tcp  filtered instl_boots
1169/tcp  filtered tripwire
2009/tcp  filtered news
4005/tcp  filtered pxc-pin
4242/tcp  open     vrml-multi-use
6007/tcp  filtered X11:7
7002/tcp  filtered afs3-prserver
8873/tcp  filtered dxspider
10629/tcp filtered unknown
19101/tcp filtered unknown
19842/tcp filtered unknown
27356/tcp filtered unknown
45100/tcp filtered unknown
50002/tcp filtered iiimsf
50006/tcp filtered unknown
62078/tcp open     iphone-sync

Nmap scan report for 192.168.1.10
Host is up (0.072s latency).
Not shown: 999 closed ports
PORT      STATE SERVICE
62078/tcp open  iphone-sync

Nmap done: 154 IP addresses (6 hosts up) scanned in 164.14 seconds

この場合、 192.168.1.1はルーターです。

0
Martin Thoma