it-swarm-ja.com

IPでのスラッシュとそれに続く数字の意味は何ですか?

IPアドレスが10.39.25.151/24のように示されている場合、/ 24はどういう意味ですか?

11
StackOverflowed

IPのサブネットマスクを示します。

IPには32ビットがあり、スラッシュの後の数字は、ネットワーク部分がどこで終わり、ホスト部分が始まるかを示します。

バイナリ形式で記述されたIP 10.39.25.151は次のようになります。

00001010001001110001100110010111

そして/ 24は、最初の24ビットがネットワーク指定に使用され、最後の8ビットがそのネットワーク内のさまざまなホストに使用されることを示しています。

/ 24は、ネットワーク上のホストが最後の8ビットだけ異なるIPを持つことができることを意味します。したがって、10.39.25.1〜10.39.25.255の範囲のIPがあり、最後の.255 IPがネットワークのブロードキャストアドレスとして使用されます。

サブネットマスクとその機能の詳細については、これらの2つのリンクを参照してください。

https://support.Microsoft.com/en-us/kb/164015

https://www.iplocation.net/subnet-mask

/ 24は、255.255.255.0のサブネットマスク、またはバイナリオクテットを示します。

11111111.11111111.11111111.00000000

サブネットマスクは、IPアドレスをマスクし、IPアドレスをネットワークアドレスとホストアドレスに分割する32ビットの数値です。サブネットマスクは、ネットワークビットをすべて「1」に設定し、ホストビットをすべて「0」に設定することによって作成されます。特定のネットワーク内では、2つのホストアドレスが特別な目的のために予約されており、ホストに割り当てることはできません。 「0」アドレスにはネットワークアドレスが割り当てられ、「255」にはブロードキャストアドレスが割り当てられており、ホストに割り当てることはできません。

14
rAlen

スラッシュの後の数字は、ネットワークのサイズを示します。

具体的には、スラッシュの後の数字は、ゼロに設定される最初のビットの前に、ネットマスクの1つの値が1に設定されているビットの数を指定します。ネットワークのサイズを指定するこのスタイルは、最も正式には「CIDR表記」と呼ばれ、「スラッシュ表記」と呼ばれることもあります。

したがって、192.0.2.0/24は、ネットマスクが11111111111111111111111100000000のネットワーク(または「サブネットワーク」、別名「サブネット」)を指します(ネットマスクはアドレスの長さと一致します。IPv4アドレスには32ビットアドレスがあるため、IPv4は32ビットを使用しますネットマスク。IPv6アドレスには128ビットのアドレスがあるため、IPv6は128ビットのネットマスクを使用します。

つまり、24ビットはネットワークIDの指定に使用され、8ビットはホストの識別に使用されます。バイナリには2つの可能な値があり、2の8乗は256であるため、そのネットワークには256のアドレスが存在できます。したがって、192.0.2.0/24ネットワークは、192.0.2.0から192.0.2.255までになります。

同様に、192.0.2.0/29ネットワークは、192.0.2.0から192.0.2.7に移行します。 (29ビットはサブネットを識別するために予約されているため、アドレス用に3ビットが残されます。2の3乗は8です。)

補足:これらのアドレスはすべてサブネットの一部です。 IPv4では、「ブロードキャストパケット」をサポートする可能性のあるさまざまな機器との互換性のために、最初と最後のアドレスが「使用不可」であるIPv4標準に基づいて、すべてが「使用可能」ではありません。最後のアドレスは、通常「ブロードキャストアドレス」と呼ばれます。通常、最初のアドレスは「ネットワークID」と呼ばれますが、ネットワークIDが使用不可であると宣言された技術的な理由は、最初のアドレスでブロードキャストした一部の機器との互換性の歴史的懸念によるものです。

さまざまなサブネットサイズをもっと楽しく見るには、VLSMチャートを見てください。

/ 24が非常に一般的である理由は、IPv4アドレスがオクテットで書き出される傾向があるためです。/24を使用すると、ネットワークビットとホストビットを24ビットの後に分割でき、最終的に3番目のオクテットの後になります。そのため、デバイスが特定のネットワークの一部なのか別のネットワークなのかを、人々はかなり簡単に(しかもエラーが発生しにくい)わかります。

3
TOOGAM