it-swarm-ja.com

Windows 10 ISOには、エディションを変更するためのEI.CFGファイルがありますか?

Windows 7とWindows 8の両方のISOイメージには、ファイルei.cfg変更して、ユーザーがWindowsの任意のエディションをインストールできるようにすることができます。

Windows 10オペレーティングシステムを構成の異なる複数のマシンにインストールするので、帯域幅と時間を節約するために実行する必要があるダウンロードの数を最小限に抑えたいと思います。

したがって、Windows 10 ISOにもWindowsエディションを変更するためのこのファイルがあるかどうかを知りたいです(ei.cfg)または、それぞれを個別にダウンロードする必要があります。

6
Alex Essilfie

Windows 10にはWindows 7やWindows 8のようなei.cfgファイルがないことがわかりましたが、Microsoftは32ビットと64ビットの2つの「すべてのエディション」バージョンを提供しています。また、ディスクのレイアウトにより、両方の「すべてのエディション」ディスクの32ビットバージョンと64ビットバージョンの両方を組み合わせて「ユニバーサルインストールディスク」を作成することが可能です。

32ビットまたは64ビットのすべてのエディションのディスクを入手してから、ユニバーサルインストールディスクを入手する方法を以下に説明します

Windows 10 All Editionsディスクをダウンロードする方法

  1. Wiindows 7またはWindows 8以外のオペレーティングシステム(OSX、Linux、Android、Windows XPなど)でWebブラウザーを実行している場合は、 https://www.Microsoft.com/en-us/software-downloadにアクセスしてください。/windows10ISO
    ブラウザがサポートしている場合、リンクをクリックする前に、オペレーティングシステムを誤って報告するようにユーザーエージェントを変更することもできます。
  2. ダウンロードするエディション(Windows 10、Windows 10 KN、Windows 10 N、Windows 10単一言語)を選択し、確認をクリックします。
  3. ダウンロードする言語を選択し、clckConfirmを選択します。

これで、32ビットまたは64ビットバージョンのWindows 10をダウンロードするための2つのボタンが表示されます。リンクは24時間有効で、その後期限切れになります。

Windows 10ユニバーサルインストールディスクを作成する方法

  1. 上記のように、32ビット版と64ビット版の両方のWindows 10をダウンロードします。
  2. こちら からディスクレイアウトをダウンロードします。
  3. Win10MultiIsoBase.Zipファイルを任意の場所に抽出します。
  4. 32ビットISOのコンテンツをx86フォルダーに、64ビットISOのコンテンツをx64フォルダーに抽出することにより、Windows 10 ISOイメージのコンテンツを抽出したファイルとマージします。
  5. ImgBurn を使用して、マージされたデータでISOイメージを作成します。
    次の手順に従って、イメージを起動可能にすることを忘れないでください。
    • Advancedタブを選択し、次にBootable Discタブを選択します。
    • Make Image Bootableチェックボックスをオンにします。
    • このファイル をダウンロードし、ブートイメージとして使用します。
    • プラットフォームIDとして80x86を選択します。
    • 開発者IDとしてMicrosoft IMAPIv2を入力します。
    • Load Segmentとして07C0を入力します。
    • ロードするセクターとして8を入力します。
  6. オプションで、ISOをディスクに書き込みます。 DVDを使用する必要がありますDL生成されるイメージファイルは4.7 GBを超えるため、ダウンロードを完了してISOを調べたところ、ei.cfgがないことがわかりましたファイル。

ISOイメージをダウンロードする方法を見つけるための DOOManiac 、およびWindows 10 Multi-ISOベースレイアウトのための Danial B の功績です。



元の投稿:

ダウンロードを完了してISOを調べたところ、ei.cfgファイルがないことがわかりました。

「ユニバーサル」インストール機能を実現する方法をまだ探しています。見つかったらこの回答を更新します。

13
Alex Essilfie

この質問が尋ねられてからWindows 10ビルド10586(2015年11月の場合はバージョン1511、またはしきい値2とも呼ばれます)が出てきたので、最新の回答を書きます。

短い答えはノーです。デフォルトでは、ei.cfg.isoはありません。

Windows 10 Homeと32ビットおよび64ビットのProを含むオールインワンの.isoが必要な場合は、2015年11月のアップデートとともにリリースされた更新済みのメディア作成ツールを使用すると、これはかなり簡単です。


1)準備

2つのオプションがあります。 「テンプレート」から始める場合は、1.1)テンプレートのダウンロードに進みます。最初から開始したい場合は、1.2)最初から開始してください

1.1)テンプレートのダウンロード

  1. これに移動します OneDriveフォルダー
  2. 「Windows10AIO」を右クリックして、「ダウンロード」をクリックしますVirusTotal rating
  3. ダウンロードしたアーカイブをC:ドライブに抽出します。空のisoフォルダ、programsフォルダ、Windows10AIOおよびC:を含むei.cfgドライブにoscdimg.exeフォルダが作成されます。
  4. C:\Windows10AIO\programs\7-Zipフォルダーから7-Zip(または同様のプログラム)をまだインストールしていない場合はインストールします(32ビットシステムでこのガイドを使用している場合は7z[version].exeを、64ビットシステムでは7z[version]-x64.exeを使用してください)。

1.2)ゼロから

  1. Windows10AIOドライブにC:というフォルダーを作成します(つまりC:\Windows10AIO)。
  2. そのフォルダに、isoという名前のフォルダを作成します(つまりC:\Windows10AIO\iso)。
  3. そのウェブサイト から7-Zipをダウンロードしてインストールします(すでにインストールされている.isoファイルを抽出できるプログラムがない場合)。
  4. ここ からWindows 10 Media Creationツールをダウンロードし、C:\Windows10AIO\programs\Windows 10 Media Creation toolに保存します(programsおよびWindows 10 Media Creation toolフォルダーを最初に作成します)。
  5. Windows 10アセスメント&デプロイメントキット (WADK)をダウンロードしてインストールします(必要なのはデプロイメントツールだけなので、インストール中は他のチェックを外します)。
  6. oscdimg.exeC:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\AMD64\OscdimgからC:\Windows10AIOにコピーします。
  7. Rufusのポータブルバージョン(執筆時点ではrufus-2.6p.exe)を here からダウンロードし、C:\Windows10AIO\programs\Rufusに保存します。
  8. メモ帳を開き、次のテキストを入力します。

     [チャネル] 
    小売
    
  9. このファイルをei.cfgからC:\Windows10AIOとして保存します。保存するときは、[ファイルの種類:]が[すべてのファイル(*。*)]に設定されていることを確認してください。


2).isoのダウンロード

  1. MediaCreationTool.exeを実行して、ライセンスに同意します。
  2. 「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択し、「次へ」をクリックします。
  3. オンになっている場合は、[このPCの推奨オプションを使用する]のチェックを外します。
    1. 希望する言語を選択します。
    2. [エディション]の横にある[Windows 10]が選択されていることを確認します(Windows Media Playerが不要/必要でない場合は、[Windows 10 N]を選択します)。
      Windows 10とWindows 10 Proのどちらかを選択できないことに気付くかもしれません。これは、どちらもデフォルトで.isoに含まれているためです。
    3. アーキテクチャには「両方」を選択します。
  4. 「次へ」をクリックします。
  5. 「ISOファイル」を選択し、「次へ」をクリックします。
  6. .isoC:\Windows10AIO\isoWindows10.isoとして保存します。
  7. メディア作成ツールがWindows 10のインストールファイルをダウンロードして確認し、それらから.isoを作成している間に別のことを行います(進行状況画面とパーセンテージの監視が本当に好きな場合を除きます)。
  8. 「完了」をクリックします。

3)ei.cfg.isoに追加する

  1. エクスプローラーでC:\Windows10AIO\isoに移動し、Windows10.isoを右クリックして[7-Zip]> [ここに抽出]を選択します。別の解凍プログラムがインストールされている場合は、それを使用してWindows10.isoC:\Windows10AIO\isoに抽出します。
  2. すべてが抽出されたら、Windows10.isoを削除します。
  3. これで、C:\Windows10AIO\isoに4つのフォルダー(bootefix64およびx86)、および4つのファイル(autorun.infbootmgrbootmgr.efiおよびsetup.exe)が存在するはずです。
  4. ei.cfgC:\Windows10AIOからC:\Windows10AIO\iso\x64\sourcesおよびC:\Windows10AIO\iso\x86\sourcesにコピーします。
  5. ファイルエクスプローラーでC:\Windows10AIOに移動し、 Shift キーを押し、空のスペースで右クリックします。 「ここにコマンドウィンドウを開く」をクリックします。
  6. 表示されるコマンドプロンプトで、これを入力(またはコピーして貼り付け)して、 Enter

    oscdimg -lWindows10AIO -m -o -u2 -udfver102 -bootdata:2#p0、e、bC:\ Windows10AIO\iso\boot\etfsboot.com#pEF、e、bC:\ Windows10AIO\iso\efi\Microsoft\boot\efisys.bin C:\ Windows10AIO\iso C:\ Windows10AIO\Windows10AIO.iso
  7. これで、Windows10AIO.isoC:\Windows10AIOファイルができます。

4)起動可能なUSB/DVDの作成

起動可能なWindows 10インストールUSBスティックを作成する場合は、4.1)USBに従ってください。
ブータブルDVDを作成する場合は、4.2)DVDに従ってください。
どちらもやりたくない場合は、これでこのガイドは終了です。

4.1)USB

  1. USBスティックを差し込みます(8 GB以上である必要があります)。
  2. rufus-2.6p.exeからC:\Windows10AIO\programs\Rufusを開始します。
  3. 次のように設定を変更します。
    • デバイス:差し込んだUSBスティック。
    • フォーマットオプション
      • を使用して起動可能なディスクを作成します:ISOイメージ。
      • ドロップダウンボックスの横にあるボタンをクリックして、C:\Windows10AIO\Windows10AIO.isoを選択します。
    • パーティション構成とターゲットシステムタイプ
      • Windows 10をすべてインストールするコンピューターにUEFI BIOSがある場合は「GPTパーティションスキーム」、Windows 10をすべてインストールするコンピューターの場合は「BIOSまたはUEFI-CSMのMBRパーティションスキーム」レガシーBIOS(pre-UEFI)を持っているか、UEFIとBIOSを持っているものがある。
    • 他の設定はそのままにしておきます。
  4. 適切なUSBスティックが選択されていることを再確認し、重要なものがないことを確認します。
    USBスティックはWindows 10インストールメディアにする際にフォーマットされるため、存在する場合、これがすべてをバックアップする最後のチャンスです。
  5. 「開始」をクリックして、ルーファスが終了するまで待ちます。
  6. エボラ!オールインワンの起動可能なWindows 10 USBスティックを作成しました。

4.2)DVD

  1. 2層DVDをディスクトレイに挿入します。
  2. C:\Windows10AIOに移動し、Windows10AIO.isoを右クリックします。
  3. 「ディスクイメージの書き込み」を選択します。
  4. 正しいディスク書き込み用ドライブが選択されていることを確認し、オプションで[書き込み後にディスクを確認する]を選択して、[書き込み]をクリックします。
  5. エボラ!オールインワンの起動可能なWindows 10 DVDを作成しました。

  • oscdimg.exeの詳細については、 このページ 。を確認してください。
    • このページ の例は、私の回答のoscdimgコマンドラインオプションの基礎として使用されました。
  • ei.cfgの詳細については、 このページ を確認してください。

免責事項

  • Windows Media Creationツールとoscdimg.exeの著作権はMicrosoftにあります。
    私はマイクロソフトとは提携していません。また、会社またはその従業員とも提携しているとは主張していません。
  • Rufus – Copyright Pete Batard/Akeo。
    私は彼または彼のウェブサイトとは関係ありません。
  • 7-Zip –著作権Igor Pavlov。
    私は彼または彼のウェブサイトとは関係ありません。
5
nidunc

AIO isoを作成するには、各バージョンのinstall.wimファイルをキャプチャして追加する必要があります。ただし、そのAIOでOSをアップグレードすることはできません。

アップグレードは、対応するバージョンのWindowsでのみ実行できます。

たとえば、Windows 8.1 Proを使用している場合、Windows 10 Proインストールファイルがある場合でも、AIOではなくWindows 10 Proインストールディスク/ isoを使用してアップグレードを実行できます。

しかし、AIOはうまく機能し、ei.cfgは必要ありません。

各バージョン(W10ホームとW10 Proは32ビットと64ビットの両方)を仮想マシンにインストールし、oobeモードでいくつかのカスタマイズ(OEMのように)を行い、次にそれぞれをdismを含むinstall.wimファイルにキャプチャして追加しました。それらを1つのinstall.wimファイルにまとめます。

次に、Windows 10ホームの64ビットisoバージョンのソースフォルダーに入れます(プロも動作しています)。

もちろん、仮想マシン/ oobe/dismの使い方がわからない場合は、学ぶか、他の人がインターネット上でen AIOをリリースするのを待つ必要があります。

0
ABCGuy