it-swarm-ja.com

Javaが更新されるたびにAsk.comツールバーがインストールされないようにするにはどうすればよいですか?

多くの人が痛いほど気付いているように、OracleはAsk.comの無用なインターネットブラウザツールバーとJavaインストールをバンドルするだけでなく、デフォルトでそのインストールを有効にし続けます。ツールバーに加えて、Askはブラウザでお気に入りの検索エンジンをAskに置き換えます。

さらに、Javaのインストールは実際にはこの無駄なジャンクをインストールすることをお勧めします。つまり、ITに精通していない人はチェックしてインストールするのが普通です。それを推薦しましたね?).

Ask Toolbarを削除しても怪我をさせるために、次回のJavaアップデートがあなたに当たったときには、すぐにまたそれを見ることができるでしょう。それはまた別の話です。

JavaをアップデートするときはいつでもAsk Toolbarをインストールするためにチェックマークを正しく削除しますが、家族や友人をサポートするときは、そうではないことは明らかです。

厄介なAsk.comツールバーがそもそもインストールされないようにするにはどうすればいいですか?

230
abstrask

PDATE 2016-02-21:以下の古いレジストリキーは、スポンサーを無効にするために使用されなくなったようです。 Java 7u65および8u11(Mac OS Xでは8u40)以降、Javaコントロールパネルから直接スポンサーオファーを無効にする サポートされている方法 があります。 Windowsの場合:

Control Panel → Java → Advanced → Miscellaneous (scroll to bottom) →Suppress sponsor offers when installing or updating Java

7u55(Mac OS Xでは8u40)以降、特別な引数を指定してJavaインストーラーを実行するコマンドラインからスポンサーオファーを無効にすることもできます。

jre-7u55-windows-i586-iftw.exe SPONSORS=0

プログラムでスポンサーを無効にする必要がある場合は、C:\ProgramData\Oracle\Java\java.settings.cfgに次の行を追加するだけで十分なようです(存在しない場合は新しいファイルを作成します)。

SPONSORS=0

この最後のメソッドは文書化もサポートもされていないことに注意してください、古いものと同じです!


PDATE 2016-02-21:以下は、スポンサーを無効にする古い方法です。7u65より下のJavaバージョンでのみ機能します。新しいJavaバージョンについては上記を参照してください。問題を少し掘り下げてみると、自動更新インストーラーでスポンサーのオファーを無効にするための隠しスイッチがあることがわかりました。

Windowsレジストリエディター(regedit.exe)で次のキーを開きます。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\JavaSoft
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\JavaSoft(Windows 64ビットでのみ使用可能)

そして、両方でSPONSORSという値の新しいString Value(タイプREG_SZ)を作成しますDISABLE(名前と値の両方must大文字にする)。

または、次のコードをコピーしてdisable_Java_sponsors.regというテキストファイルに貼り付け、ダブルクリックしてこれらの値をレジストリにインポートします。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\JavaSoft]
"SPONSORS"="DISABLE"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\JavaSoft]
"SPONSORS"="DISABLE"

このスイッチは、Ask.comツールバーのインストールとプロンプトを無効にするだけでなく、自動更新セットアップ/オンラインセットアップ(Googleツールバー、Yahooツールバー、McAfee何かなど)にバンドルされる可能性のあるすべてのスポンサーを無効にすることに注意してください。


別の方法として、新しい.REGファイルをダウンロードして名前を変更したり作成したりする必要はなく、次の2行をコピーして、昇格されたCMDプロンプトに貼り付けます。

reg add HKLM\SOFTWARE\JavaSoft /v "SPONSORS" /t REG_SZ /d "DISABLE" /f 
reg add HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\JavaSoft /v "SPONSORS" /t REG_SZ /d "DISABLE" /f
248
Danilo Roascio

編集2014-02-02:JavaRE 7u51では、Askツールバーは「Ask.com」ではなく「AskPartnerNetwork」という名前のサブフォルダにインストールされるようになりました。その点が何であるかについて疑いを抱いている可能性があります。一方、@ Danilo Roascioのレジストリ値はまだ守られており、以前と同じように機能します。

これは、単純なレジストリ修正が依然として最も単純で最良の解決策であることを強調しています。 Javaインストーラーが変更され、このレジストリ値が無視されるようになった場合でも、次のスクリプトを回避策として使用できます。Ask Toolbarのパスが更新されていることを確認してください。


Ask Toolbarが再びインストールされないようにする最も簡単な方法は、Ask Toolbarがインストールされるフォルダーを作成してアクセス許可を変更することです。

まず、Askツールバーが削除されたことを確認してください。次に、以下のコードをメモ帳にコピーし、それを.cmdファイルとして保存して、昇格したコマンドプロンプトで実行します。

REM Detect processor architecture
set proc_Arch=x64
if "%PROCESSOR_ARCHITECTURE%" == "x86" ( 
    if not defined PROCESSOR_ARCHITEW6432 set proc_Arch=x86
) 

REM Define Ask Toolbar path
if "%proc_Arch%" == "x86" set AskPath=%ProgramFiles%\Ask.com
if "%proc_Arch%" == "x64" set AskPath=%ProgramFiles(x86)%\Ask.com
set AskReadme=%AskPath%\..\Ask.com_ReadMe.txt
set AskRevert=%AskPath%\..\Ask.com_RestorePermissions.cmd

REM Create dummy Ask Toolbar folder
md "%AskPath%"

REM Add explanatory text file, as to why the dummy folder is there
echo The 'Ask.com' folder is has been created and write protected,> "%AskReadme%"
echo in order to prevent Ask.com Toolbar from being 'accidentally'>> "%AskReadme%"
echo installed, e.g. by Java.>> "%AskPath%\readme.txt">> "%AskReadme%"
echo.>> "%AskReadme%"
echo This has been done using ICACLS by denying write access to the>> "%AskReadme%"
echo EVERYONE security group.>> "%AskReadme%"
echo.>> "%AskReadme%"
echo To revert permissions run:>> "%AskReadme%"
echo %AskRevert%>> "%AskReadme%"

REM Create script to remove restrictions
echo icacls "%AskPath%" /remove:d *S-1-1-0> "%AskRevert%"

REM Deny everyone (SID: S-1-1-0) write access
icacls "%AskPath%" /deny *S-1-1-0:(OI)(CI)W

注意してください。ICACLSはWindows Vista以降に含まれています。 Windows XP/Server 2003用のICACLSは、Microsoft KB919240 からダウンロードすることも、 KB943043 から更新バージョンをダウンロードすることもできます。その後、あなたはそれをダウンロードするために電子メールでリンクを受け取ります。この目的のために、両方のバージョンは等しくうまくいくはずです。

私はチェックボックスをチェックしたままにしてもAskツールバーが実際にインストールされないことを、Java 1.7 update 13のインストーラで確認しました。

他のほとんどの種類のピギーバッククラップウェアをブロックするためにも、同様のアプローチが使用される可能性があります。

編集#1

Windowsエクスプローラの癖:アクセスが拒否されました

フォルダを開こうとすると、Windowsエクスプローラの動作が少し変になります。フォルダへの読み取りアクセス権がまだあるにもかかわらず、書き込みアクセス権のみが拒否されていても、Windowsエクスプローラはアクセスが拒否されたことを通知します。

あなたが単に読み取りアクセス権を単に最初に割り当てられているだけであるならこれは起こりません、しかしあなたがフォルダーに読み取り/書き込み許可を割り当てられてその後書き込みが拒否されたときアクセス。

権限を元に戻す

スクリプトが更新され、「お読みください」というテキストファイルと、制限を解除するためのスクリプトが追加されました。どちらも32ビットプログラムファイルフォルダに格納されています。

46
abstrask

https://ninite.com/ を使用してインストール/更新したいアプリをすべて選択し、ワンクリックでそれだけがインストールされますこれらのアプリは、JavaのAskツールバーのような余分なゴミを使わずに。システムに特定のアプリの最新バージョンがすでにインストールされている場合、Niniteはそのインストールをスキップします。また、毎回そのパッケージを再生成する必要はありません。同じ.exeを使用すると、常に最新のバージョンをインストールできます。ただ月に一度それを実行するようにあなたの友人/家族に言いなさい、そしてそれは彼らが常に最新であることを確認するでしょう。

更新:あるいは、 http://www.Oracle.com/technetwork/Java/javase/downloads/index.html からJREをインストールした場合AskまたはMcAfeeのツールバーは付属していません。 (その後の自動更新についてはよくわかりません)。

19
Mxx

別の方法は、ask.comドメインのDNS解決を防ぐことです。私はこれをテストし、私のネットワークのDNSキャッシュ/リゾルバ(Unbound)をask.comへの問い合わせを拒否するように設定し、次にaskツールバーボックスをチェックした状態でJavaを更新しました。結果はインストールなしでした。

この方法には、ask.comドメインが利用できなくなるという欠点があります(そのように考えると)。しかし、それはask.comの "感染した"システムが発見され(ユーザが検索の問題を抱えている可能性があるため)、駆除が可能になるというボーナスを持っています。

もう1つの利点は、各コンピュータに変更を加える必要がないことです。 DNSソリューションは、すべてのシステムに対して即時かつ同時に機能します。他のDNSキャッシュはブロックされなければならないことに注意してください - これはほとんどの制御された環境では非常に典型的です - ファイアウォールはポート53を通して外部DNSへの内部DNSキャッシュ/リゾルバを除くすべてからのアクセスを防ぎます。

12
user168261

2014年11月:オラクルがこれを明らかにしたので 、これに対する回答は古くなっています 。あるいは、少なくとも「正式な」解決策があると言えます。

まず第一に、Askツールバーは、Consumer版のJavaインストーラ(Java.comから取得するもの)のオプションとしてのみ含まれていますが、Corporate版のJavaインストーラ(Java.Sun.comから取得するもの)にはオプションがありません。だからAskの問題に関する問題は個人の個人的なタイプのユーザにとって "唯一の"問題でした。私もそれに悩まされてきたので、私は引用符に "only"を入れました。単に選択肢がなかったという理由だけで、それは企業のIT部門に存在していた議論ではありません。

さて、コンシューマ版のJavaインストーラに注目しましょう。

今日では、WindowsのコントロールパネルのJavaウィジェットにpermanentを選択して、Askについて尋ねられた場所や、以前にこのオプションを選択解除した場所。

enter image description here

あなたはこれを一度だけそしてそれから二度とする必要がないでしょう。私はまだコンシューマ版のJavaから完全にそれを削除することをOracleに望んでいたでしょうが、この解決策は少なくともあなたが一度だけ "no"と言う必要があることを意味します。

コマンドラインオプションもあります。詳しい情報 はこちら

10
thisisfun

興味のある方のために - グループポリシーに使用できる管理用テンプレート(x86用とx64用)を作成しました。これらはXPおよびWindows 7でテストされ動作しています。

この手順の詳細については、ここで をクリックしてください

グループポリシーでは、[表示]メニューの[フィルタ]をクリックし、[完全に管理できるポリシー設定のみを表示する]のチェックを外します。

次のファイルをtemplatenamex86。admとして保存し、グループポリシーにインポートします。

CLASS MACHINE

CATEGORY !!cat01

KEYNAME "Software\JavaSoft"
POLICY !!polname

  SUPPORTED !!supOSes
  EXPLAIN !!poldescr

    PART !!msg01 EDITTEXT REQUIRED DEFAULT "DISABLE"
    VALUENAME "SPONSORS"
    END PART 

END POLICY


END CATEGORY

[strings]
cat01="Java Update Sponsor Offers x86 Windows"
polname="Set Value"
supOSes="Windows 2000+"
poldescr="Enabling this policy and leaving this field reading "DISABLE" will remove sponsor offers during Java updates"
msg01="DISABLED = Sponsor Offers Disabled"

次のファイルをtemplatenamex64。admとして保存し、グループポリシーにインポートします。

CLASS MACHINE

CATEGORY !!cat01

KEYNAME "SOFTWARE\Wow6432Node\JavaSoft"
POLICY !!polname

  SUPPORTED !!supOSes
  EXPLAIN !!poldescr

    PART !!msg01 EDITTEXT REQUIRED DEFAULT "DISABLE"
    VALUENAME "SPONSORS"
    END PART 

END POLICY


END CATEGORY

[strings]
cat01="Java Update Sponsor Offers x64 Windows"
polname="Set Value"
supOSes="Windows 2000+"
poldescr="Enabling this policy and leaving this field reading "DISABLE" will remove sponsor offers during Java updates in 64-bit Windows"
msg01="DISABLED = Sponsor Offers Disabled"

今すぐグループポリシーに表示されます。 Group Policy

私はこの情報が他人にもこのゴミを彼らのネットワークから遠ざけるのに役立つことを願っています!

-マイク

6
Mike

これはコメントに記載されていましたが、答えのどれにも明確に説明されていません:

Java用のオフラインWindowsインストーラは、Askツールバーのインストールを促しません。 Java SE JREのインストーラへのリンク(SEまたはJREが何を意味するのかわからない場合は、これが必要なものです)は、現在次の場所にあります。

http://www.Oracle.com/technetwork/Java/javase/downloads/jre7-downloads-1880261.html

X86用のWindowsオフラインインストーラー(32ビットソフトウェア、ほとんどのブラウザーを含む)ははっきりとマークされています。 64ビットインストーラはオフライン専用のようです。

5
depquid

Chocolateyjavaruntime パッケージは、Askツールバーをインストールしないように見えます。私はそのパッケージと、残念ながら自動アップデータを実行してきましたが、この最初のソースからの更新後にAskツールバーがインストールされたのを見たことがありません。 Javaアップデータは元のインストールパラメータに準拠していると思われます。

ちなみに、ChocolateyはLinux用のapt-getのようなコマンドラインのWindowsアプリケーション/パッケージマネージャです。

3