it-swarm-ja.com

KDE:kglobalaccel5が起動しないようにする

kglobalaccel5、キーボードショートカットサービスは、クラッシュを続け、セッション全体を停止します。どうやら、それはかなり長い間不安定でした。ショートカットは本当に必要ないので、プロセスを強制終了すると修正されるようです。

ただし、ログイン時に自動的に生成され、ログイン後に再生成されます。完全に無効にする方法はありますか?

Updateそれはdbusサービスのようです:

# cat /usr/share/dbus-1/services/org.kde.kglobalaccel.service
[D-BUS Service]
Name=org.kde.kglobalaccel
Exec=/usr/bin/kglobalaccel5

オフにする方法はまだわかりません。しかし、ログインしてから殺し始めたので、クラッシュは発生しませんでした。

それが実行されている間、それは以下を見つけることができました:

# pstree -s -p $pid
systemd(1)───systemd(1872)───kglobalaccel5(9450)─┬─{kglobalaccel5}(9451)
                                                 └─{kglobalaccel5}(9452)
# systemctl status 9450 | grep kglobal
               ├─dbus\x2d:1.2\x2dorg.kde.kglobalaccel.slice
               │ └─dbus-:[email protected]
               │   └─9450 /usr/bin/kglobalaccel5

Fedora 31, KDE

同等のバックトレースを持つバグレポート: https://bugs.archlinux.org/task/6328

参照としてのバグレポートの1つ: https://bugs.kde.org/show_bug.cgi?id=409448


「ボーナス質問」は、バグが原因でクラッシュしない場合、根本的な問題を修正することです。

クラッシュした後、私はまた見つけます:This application failed to start because no Qt platform plugin could be initialized. Reinstalling the application may fix this problemhttps://bugs.archlinux.org/task/6328 のように。ただし、これはXorgもクラッシュし、「予期された」環境がなくなったためだと確信しています。通常のレイを「起動」しますが、しばらくすると、通常はマウスのクリックと同時にクラッシュします。

1
rudib

Dbusサービスファイルの名前を変更することでうまくいったようです。しかし、更新とKDEとの相互作用に関して、この方法がどれほど安全かはわかりません。しかし、もうクラッシュはありません。

# mv /usr/share/dbus-1/services/org.kde.kglobalaccel.service /usr/share/dbus-1/services/org.kde.kglobalaccel.service.disable
1
rudib

これはそれを行うようです:

systemctl --user stop 'dbus\x2d:1.2\x2dorg.kde.kglobalaccel.slice'

または、「無効」または「マスク」して永続的にします。

0
Hagal