it-swarm-ja.com

棒状のエンターキーが付いたキーボードを何と呼びますか?

私はプログラマーであり、タッチタイピストです。そのため、使用するキーが期待どおりの場所にあるときに、最もよく入力します。多分私はアメリカ人で、Appleコンピューターでほとんどの仕事をしているため、キーボードにはEnterキーのすぐ上にバックスラッシュ/パイプキー、棒状のEnterキーがあると思います。棒状のバックスペースキー:

棒状のリターンキーを備えたデル製キーボード:

Dell keyboard with bar-shaped return key

残念ながら、新しい(Apple以外の)機器を注文すると、完全に異なるL字型のリターンキー、一番上の行に配置されたバックスラッシュ/パイプキー、および小さいバックスペースキーが付いたキーボードを受け取ることがよくあります。

L字型のリターンキーを備えたゲートウェイキーボード:

Gateway keyboard with L-shaped return key

このようなキーボードは私を狂わせるので、できる限り避けたいと思います。しかし、ここに問題があります。私が好むキーボードレイアウトを何と呼ぶか​​わからないため、コンピューターの仕様を読み取ることができず、「良い」キーボードが含まれているかどうかを知ることができません。

このタイプのキーボードに特別な用語がないと、キーボードの画像を調べて、リターンキーの形状を探すことに専念します。それでもマーケティング資料に「良い」キーボードが表示されることがありますが、実際に注文が届くと、「悪い」キーボードが含まれています。 (ちなみに、L字型のReturnキーが好きな人もいると思います。そのようなキーボードを「悪い」と言っても失礼なことではありませんが、私の個人的なニーズに照らして評価すると、そういうものです。)

それらはすべてQWERTYキーボードですが、必要なものを指定するキーボードレイアウト名はありますか?

34
Daniel Griscom

画像のゲートウェイキーボード は、間違いなくイギリス/イギリスのキーボードレイアウトではありません(他で述べたように)答え)、これは異なる記号位置だけでなく、異なるキー形状も持っています。その Enter ↵ キーはのようにミラーリングされたのL字型で、ISO、UK、ドイツ語のキーボードのようにを180度回転したものではありません。 Backwards-Lレイアウト があり、棒状バージョンは ANSIレイアウト

All Enter key shapes

後方L字型

A "backwards-Lshaped"(または単に "L-shaped")リターンキーはISOとANSIの和集合です Return キー。キーは、サイズが大きいためにBig-ass Enterと呼ばれることが多く、東アジアの多くのキーボードで見られるため、Asian Enterと呼ばれます。

ISOやANSIのReturnキーよりも正確にヒットする方が簡単であることが示されている研究があります。

ただし、後方L字型のReturnキーを使用すると、\キーを再配置する必要があります。 backspace または right shift キー。

多くの人がJ字型のエンターキーとも呼んでいます。これがそのレイアウトの実際のUSキーボードです

Backwards-L enter with smaller shift

記号のキーが完全に異なるイギリスのものと比較して

UK keyboard

単列を見ると Enter キー、それはUS-ANSIレイアウトです。 IBMは、間にキーを追加したときにひどく苦しみました Left-Shift そして Z Selectric IIIでは、ほとんどの人が使い慣れている拡張レイアウトの設計になると、誰かがSelectric IIIの愚かさを認識し、\キーに対応するために大きなEnterキーを半分にカットすることを提案しました。

ISOキーボードでは、Enterキーは通常、ANSI Enterのサイズに\キーを加えたサイズであり、MSがWindowsキーで下の行を混乱させる前に、\がしばしばCtrlとAltの間の単一のスペース位置。の導入以来 Windows キー、ISOキーボード上の\の配置がさまよっています。場合によっては、\の横にくるように、Enterキーが下部で狭められています。時々、Backspaceキーが半分になり、\=の横にくるようになります。最後で最も望ましくない配置は、その間のますます煩わしい位置に戻っています Left-Shift そして Z

L型の「Enter」キーと通常の(1行の高さ)「Enter」キーの利点は何ですか?

IIRCの過去(15〜20年以上前など)には、標準のUSキーボードレイアウトを使用する国(ベトナム)で、後方LのEnterキーを常に見ました。ほとんどのキーボードでは、バックスラッシュはの左側に置かれます R-Shift 最初の画像のようにキーを押します。キーが小さすぎないため、タイピングエクスペリエンスが向上します。他のいくつかでは、それはバックスペースの左側に移動され、テキストラベルのない小さな正方形のバックスラッシュキーになり、下の画像のようなシンボルのみになります。そして、ラップトップがより一般的になると、デスクトップキーボードはそのようなANSI長方形のEnterキーに変わり始めました。

私自身の歴史の少し:私は1995-1997年頃に思い出しました。叔父の家に行って、いくつかの宇宙船のシューティングゲームをプレイしているときに、同じ名前のキーが2つあることに気付きました。  (上記の大規模なキーボードで確認できます)。上の方(バックスペースであることがわかります)を押して左に動くかどうかを確認しましたが、突然、はるかに強力な武器を手に入れ、レベル5に簡単に合格しました。

インターネットで検索しているときに、バックスラッシュが R-Shift キー。バックスラッシュをタイプするのが難しいので、誰もこれのファンになるとは思わない。

Keyboard with backslash on the right of R-Shift

参考までにAppleはそのようなキーボードを後方Lレイアウトで作成しました

Apple keyboard with backwards-L layout

レイアウト間の詳細な比較はこちらです

layout comparison

一般的な機械式コンピューターのキーボードレイアウトの比較。それらに存在しないキーはすべて、ピンク(英数字)および濃い灰色(修飾子)で強調表示されます。省略される場合があるキーは、アウトラインが途切れて表示されます。 ABNTレイアウトの104番目のキーはテンキーセクションにあるため、表示されないことに注意してください。左から右、上から下:

  • 101キーボード、北米、アジア、オセアニアで一般的
  • 101代替、アジアとロシアで一般的
  • 102キーボード、ヨーロッパ、ラテンアメリカで一般的
  • 韓国で使用される103キーボード
  • ブラジルで使用される104キーボード
  • 106キーボード、日本で使用

https://en.wikipedia.org/wiki/Keyboard_layout#Mechanical_layouts

2番目のバージョンはアジアとロシアで一般的です。これは、私が過去にそれらを頻繁に見た理由を説明しています

また、さまざまなタイプの Enter ↵Microsoft Keyboard Layout Creator を開いた場合のキー

MKLC Enter key

参考文献

16
phuclv

どうやら 'バー'形状のリターンキーはUSレイアウトで、逆のL形状のリターンキーはUK/ISOレイアウトです -特定の場合逆L字型のリターンキーを要求すると、おそらくISOレイアウトキーボードを要求できます。棒状のエンターキーは[〜#〜] ansi [〜#〜]レイアウトです(OPのコメントによる)。

私の経験では、米国のレイアウトはラップトップではるかに多くより一般的です(ただし、イギリスのレイアウトのThinkpadがあります)、英国以外のほとんどの英語のデスクトップキーボードバースタイルのエンターキーがあるようです。

33
Journeyman Geek