it-swarm-ja.com

Alt Grキーの機能は何ですか?

私はどこかで読んだ Alt Gr 一部のレイアウトで見つかったキーは、 CtrlAlt

ただし、この組み合わせは何に使用できますか?を使用して文書化されたショートカットはありますか CtrlAlt

28
Sparx

IBMは、このキーを「代替グラフィック」と名付けました。これは、 CTRLALT、しかし CTRLALT の代わりとして実装されました ALT GR Windowsで。これは、通常予想されるキーとは異なる入力を可能にするキー修飾子(CTRLまたはSHIFTなど)です。

キーボードと場所の設定に応じて、アルファベットキー(ほとんどの場合は母音)と組み合わせて使用​​すると、発音区別符号付きの文字と、一部のキーに印刷されている3番目の記号、たとえば€(ALT GR4)または¦(ALT GR`)英国のキーボードに表示されます。大陸ヨーロッパのキーボードには、一般に、それらの言語で使用されるさまざまな種類の発音区別符号付きの文字に対応する追加の記号が印刷された、より多くのキーがあります。

詳細については、AltGrキーを参照してください。

27
James

一部のキーボードでは、いくつかの代替の組み合わせが可能です。一部のキーボードでは、セント記号またはユーロ記号を使用できます-ウィキペディアには、Alt Grを使用した 組み合わせのかなり包括的なリスト があります。

ただし、US/Windowsキーマップを使用すると、ほとんどの場合何も実行されません。

9
Journeyman Geek

また、Ctrl + alt + delを実行する必要があるアクセシビリティが必要なユーザーにとっても便利です。片手で試してみてください。

4
Bonus

Alt grはポーランド語のようないくつかの言語に必要です:

Alt Gra

Alt Grs

Alt Grshiftn

4
Antyradek

このように実装されていると確信しています。

KBDLLHOOKSTRUCTからvkCodeをテストして、何が得られるかを確認できます。

herehere 、およびwww.pinvoke.net/default.aspx/Constants/WM.htmlからマップされた列挙型リスト

これは次のようになります。

_using System.Windows.Forms;
_

isAltGr ? (Keys) (1 << 19) : Keys.None

_private static Keys BuildKeyData(Keys virtualKeyCode) => virtualKeyCode | (IsDownControl ? Keys.Control : Keys.None) | (IsDownShift ? Keys.Shift : Keys.None) | (IsDownAlt ? Keys.Alt : Keys.None) | (IsAltGr ? (Keys) (1 << 19) : Keys.None);
private static bool IsDownControl => IsKeyPressed((ushort)VirtualKeys.LeftControl) || IsKeyPressed((ushort)VirtualKeys.RightControl);
private static bool IsDownShift => IsKeyPressed((ushort)VirtualKeys.LeftShift) || IsKeyPressed((ushort)VirtualKeys.RightShift);
private static bool IsDownAlt => IsKeyPressed((ushort)VirtualKeys.LeftMenu) || IsKeyPressed((ushort)VirtualKeys.RightMenu) || IsKeyPressed((ushort)VirtualKeys.Menu);
private static bool IsAltGr => IsDownControl && IsDownAlt;
_
1
Latency

デフォルトのドイツ語キーボードでの重要なAlt + Grキーの組み合わせは次のとおりです。

  • @ ... AltGr + Q(OS Xキーボードで同じキーを押すと、アプリケーションが閉じます)
  • €... AltGr + E
  • {... AltGr + 7
  • [... AltGr + 8
  • ] ... AltGr + 9
  • } ... AltGr + 0
  • \ ... AltGr +ß
  • 〜... AltGr + +
  • | ... AltGr + <
  • µ ... AltGr + M
0
Mike L.