it-swarm-ja.com

DP / USB-Cを介したデスクトップの外部モニターとしてのラップトップ?

したがって、Windows10の「ProjecttoThis PC」Miracastのものを使用すると、ラップトップをデスクトップの3番目のモニターとして使用できます。ただし、これは遅延であり、最高品質ではなく、アクティブな接続が必要です。 2つのシステム間を有線で接続した場合、効果ははるかに良くなります。

デスクトップの1050 TiにはDisplayPort出力があり、ラップトップには複数のThunderbolt 3対応USB-Cポートがあります。理論的には、これを使用してデスクトップからラップトップにビデオを出力し、ラップトップのディスプレイにビデオを転置するだけで、低遅延の接続を作成できます。

このようなものが存在するかどうか(またはこれにリモートで類似したものがポップアップしたかどうか)はわかりません。誰かアイデアはありますか?

3
Isaac Corbrey

理論的には、これを使用してデスクトップからラップトップにビデオを出力し、ラップトップのディスプレイにビデオを転置するだけで、低遅延の接続を作成できます。

理論的にはこれは可能ですが、ラップトップに2つの専用ハードウェアが必要になります。(1)グラフィックカードに信号を送信させる代わりに、受信 DisplayPort信号を送信する機能、および(2)受信したデータをディスプレイにオーバーレイする機能。

私はラップトップでそのようなハードウェアについて聞いたことがありません。 Appleは実際にはハードウェアの詳細を提供していないので、ハードウェアがそれを実行できたとしても(可能性は低いですが)、そのためのドライバーを作成することはできません。

だから、それはうまくいきません。

1
dirkt

私のラップトップには、複数のThunderbolt3対応のUSB-Cポートがあります。理論的には、これを使用してデスクトップからラップトップにビデオを出力できます

いいえ、DPをラップトップのUSBに出力することはできません。ほとんどの場合、ラップトップUSBはUSBホストであり、第2に、USBポートは多機能TB/DP/USBポートであってもDP信号を「入力」できず、DPは出力です。ただし、仮想ディスプレイカードはUSB経由で出力でき、特殊なUSBディスプレイに表示できます。

ラップトップを「USBディスプレイ」に変えるには、ラップトップがUSBデバイスであり、特別なデバイスである必要があります。 XPS 9370がDRPモード(以前はOTGと呼ばれていました)をサポートしているかどうかはわかりませんが、サポートできる場合でも、画像レンダリング機能を備えたAVクラスのUSBデバイスを実装する必要があります。ノートパソコンの画面での画像のレンダリングは比較的簡単なはずですが、標準のOTGデバイスコントローラーでのAVクラスの実装には非常に疑問があります。いくつかを参照してください 詳細 ここに。

2
Ale..chenski

主にUSB-Cを使用する必要がある場合は、USB Graphics Controller Driver(WDDM)が必要になります。 Fresco Logicのソリューションを試してください: LCI Proxy driver(Github) 。または、 SB経由のDisplayLink の従来のオプションを使用します。

結果が必要で、Wi-Fiが非常に満足している場合、問題の完全な解決策SPACEDESKアプリ です。

Spacedeskは、同様のソリューションをすべてリストアップしました(類似製品を参照)。

1
IGRIG