it-swarm-ja.com

/var/log/lightdm/lightdm.logタイムスタンプを変更する方法

/var/log/lightdm/lightdm.logのタイムスタンプ形式を変更する方法はありますか?このような行があります

[+391362.52s] DEBUG: Greeter closed communication channel
[+391362.52s] DEBUG: Session pid=19196: Exited with return value 0

そして、私は次のようなものが欲しいです:

 Aug 21 00:25:01 DEBUG: Greeter closed communication channel
 Aug 21 00:25:01 DEBUG: Session pid=19196: Exited with return value 0

ありがとう

1
heroedeleyenda

Lightdmログファイルをsystemdジャーナルにパイプすることで、必要なタイプの時間形式を取得できます。これは、Daniel Aleksandersenによる ブログ投稿 から取得したソリューションの適応バージョンです。同じアイデアについての別の議論が見つかります here 。私はRaspbianとlightdmで試してみましたが、それは魅力のように機能しました。

次のように、既存のlightdm.serviceファイルを次のように変更します。

# /lib/systemd/system/lightdm.service

[Unit]
Description=Light Display Manager
Documentation=man:lightdm(1)
After=systemd-user-sessions.service

[Service]
# temporary safety check until all DMs are converted to correct
# display-manager.service symlink handling
ExecStartPre=/bin/sh -c '[ "$(cat /etc/X11/default-display-manager 2>/dev/null)" = "/usr/sbin/lightdm" ]'
ExecStart=/usr/sbin/lightdm
Restart=always
BusName=org.freedesktop.DisplayManager

# /etc/systemd/system/lightdm.service.d/pipelog.conf

[Service]
ExecStartPost=/bin/sh -c 'tail -n 20 "/var/log/lightdm/lightdm.log" | systemd-cat -t "lightdm" '

次に、システムを更新すると(たとえば、再起動することにより)、journalctlコマンドを使用してlightdmログエントリにアクセスできます。たとえば、journalctl -t lightdmを試すと、相対時間のタイムスタンプと絶対ローカル時間の両方が出力されます。

1
yesno