it-swarm-ja.com

すべてのログインシナリオに環境変数を設定する

私はLinux(ubuntu)でMicrosoftのドットネットを使用していますが、それにはオートコールテレメトリがあります。私はそれを無効にしたいと思います 説明は言う

.NET Coreツールは、ユーザーエクスペリエンスの向上に役立つように使用状況データを収集します。データは匿名であり、コマンドライン引数は含まれていません。データはマイクロソフトによって収集され、コミュニティと共有されます。好みのシェルを使用してDOTNET_CLI_TELEMETRY_OPTOUT環境変数を「1」または「true」に設定することにより、テレメトリをオプトアウトできます。

読みました.profile.bashrc.bash_profile/etc/environmentなどは、読み込まれた場合でも、読み込まれたときに違いがあります。

だから私はどこに置くべきかわかりませんDOTNET_CLI_TELEMETRY_OPTOUT=1?デスクトップなしでログインするか、デスクトップでログインするか、リモートでSSHでログインするか、端末を起動するか、端末を端末から起動するかに関係なく、常にロードする親端末など.

どのファイル(または複数のファイル)に配置する必要がありますか?そして、どのようにすればすべてのユーザーに対してそれを実行できますか?

2
lonix

タグの1つにあるようにUbuntuを使用している場合は、次のディレクトリが作成されます。

/etc/profile.d

rootとして、内部にファイルを作成します。呼びましょう

dotnet_optout.sh

テキストエディタで開き、次のように入力します。

#!/bin/sh

DOTNET_CLI_TELEMETRY_OPTOUT=1
export DOTNET_CLI_TELEMETRY_OPTOUT

Uodate:ファイルを実行可能にする必要はありません。それは私の初期のLinux時代の習慣の力にすぎません。ただし、害を及ぼすことはありません。

その後、ログアウトして再度ログインできます。

bash

これにより、/etc/profile.d/dotnet_optout.shをソースとする新しいシェルセッションが開始されます

完了したら確認するには、次のように入力します。

echo $DOTNET_CLI_TELEMETRY_OPTOUT

1の出力が表示されます。

要するに、bash(または/etc/profileをソースとするshのようなシェル)を使用しているすべての人が実行可能なスクリプトは、そのディレクトリ内に置くと、すべての環境に影響します。

他のシェルを使用するユーザーがいる場合、構成は同様ですが、異なる構成ファイルを更新する必要があります。

3
Nasir Riley