it-swarm-ja.com

コマンドラインからxserverを強制終了します(init 3/5は機能しません)

Linux Mint 10を実行していますが、Linuxの他のバリアントでも同じ問題が発生しています。 Xサーバーがハングしたりエラーが発生したりした場合、通常は別のttyでルートプロンプトにドロップし、init 3(シングルユーザーモードにドロップする)を実行してからinit 5を実行してに戻ることができると調査中に言われました。デフォルトのグラフィカルセッション。

言うまでもなく、私は以前、複数のマシンの複数の構成でこれを試しましたが、役に立ちませんでした。これらの2つのコマンドを実行することで私が受け取る唯一のフィードバックは、停止してから再起動するVMWareサービス(カーネルモジュールから)のリストです。

注:startxを実行すると(init 3の前または後のいずれか)、xserverはまだ実行中であり、/tmp/.X0-lockを削除する必要があると言われます。それを試してみると、そのエラーメッセージは削除されますが、別のインスタンスが実行されているため、xserverを接続できないと主張しています。

Xserverを完全に強制終了するにはどうすればよいですか?プロセス名をkillallできますか?

2

LinuxMintはDebianに基づいています。 Debianでは、シングルユーザーの実行レベルは1です。 3は依然としてマルチユーザー実行レベルであるため、Xは実行を続行できます。したがって、実行レベル1に切り替える必要があります。init 1、デフォルトの実行レベル(2)で開始されたすべてのプロセスを停止します。次に、適切な実行レベルに再初期化できます。init 2

詳細については、 Debianランレベル を参照してください。

4
James Sumners

Xサーバーを強制終了する最も簡単な方法は、を押すことです。 Ctrl+Alt+Backspace

たとえば、Ubuntuでは、キーボードショートカットは「DontZap」と呼ばれ、 これらの手順 に従って再度有効にすることができます。 LinuxMintでも同じである必要があります。


startxを実行しないことをお勧めします。 init 3/init 5から独立しており、混乱を招きます。


最近では、pkillよりもkillallが優先されます。基本的に同じことをしますが、パートナーコマンドpgrepがあり、実行する前に何を殺すかを確認できます。

したがって、pgrep Xまたはpgrep Xorgを試してから、pgrepに強制終了するプログラムのみがリストされている場合は、pkill Xまたはpkill Xorgを実行してください。

私のUbuntuシステムで、私が見つけることができる最も信頼できるコマンドは次のとおりです。

pgrep -f '^/usr/bin/X '

つまり、を使用してすべてのXサーバーを強制終了できます

pkill -f '^/usr/bin/X '

(しかし、私はそれをテストしていません)。


最後に、/var/log/X.0.log~/.xsession-errorsを確認することを忘れないでください。たぶん、Xサーバーがハングする原因を突き止めることができます。

1
Mikel

Xorgまたはビデオドライバーを更新する場合:

  1. 押す Ctrl+Alt+F1
  2. ユーザーとしてログインする
  3. 次のコマンドを入力します。

    Sudo /etc/init.d/lightdm stop #or slim gdm mdm etc...
    #do stuff
    Sudo /etc/init.d/lightdm start #or slim gdm mdm etc...
    

(ディスプレイマネージャを停止すると、Xも停止します。)

0
tradetaxfree