it-swarm-ja.com

システムで実際に使用されているxorg.conf.dを理解する方法

Ubuntu17.04で実行している場合locate xorg.conf.d | grep d$、これが私が得るものです:

/etc/X11/xorg.conf.d
/usr/share/X11/xorg.conf.d

このようなフォルダが2つあるのは正常ですか、それとも直前に行ったディストリビューションのアップグレードの副作用ですか?

これは、2つのうち、システムによって実際に使用されるフォルダーです。構成ファイルを追加する必要がありますが、どちらに追加するかわかりません。

4
Andrea Araldo

による man xorg.conf

When the Xorg server is started by the “root” user, the config directory search locations are as follows:

    /etc/X11/<cmdline> 
    /usr/etc/X11/<cmdline> 
    /etc/X11/xorg.conf.d 
    /usr/etc/X11/xorg.conf.d

where <cmdline> is the path specified with the −configdir command line option (which may be absolute or relative).
Finally, configuration files will also be searched for in directories reserved for system use. These are to separate configuration files from the vendor or 3rd party packages from those of local administration. These files are found in the following directories:

    /usr/share/X11/xorg.conf.d 

そう /etc/X11/xorg.conf.dは構成を配置する場所であり、/usr/share/X11/xorg.conf.dは、ソフトウェアが構成ファイルを配置する場所です。

4
pim