it-swarm-ja.com

不良セクターのあるディスクからのより高速な回復

最近、異常なHDDからファイルにddを試しました。 dd if=/dev/sdb of=somefile bs=4096 conv=noerror,sync。私の問題は、ddが不良ブロックに遭遇したときに多くの時間を浪費することでした。私のユースケースでは、より高速な結果を得るために、データの損失を喜んで支払います。

エラー処理を速くする方法はありますか?多分カーネルTweak(ブロックを読み取るためのより少ない労力をHDDに伝える)?または別のプログラム?

13
Notinlist

まず、ソフトウェアで使用するために、ddrescueの代わりにddを使用してみます。

ddrescueには、限られた回数だけ再試行するスイッチがあります。また、ログファイルを使用できるため、どのブロックが不良であったかを記録します。後で再試行したい場合は、sameログファイルを使用して、ddrescueagainを異なるオプション(より多くの再試行など)を使用して、必要なブロックのみを再試行します。

使用例:

# ddrescue -n /dev/sda /dev/sdb rescue.log
# ddrescue -r1 /dev/sda /dev/sdb rescue.log

ddrescue情報ページから:

   -n, --no-scrape     
          Skip the scraping phase. Avoids spending a lot of time
          trying to rescue the most difficult parts of the file.

   -r, --retry-passes=<n>
          Exit after given number of retry passes. Defaults to 0.
          -1 means infinity. Every bad sector is tried only once 
          in each pass. To retry bad sectors detected on a previous
          run, you must specify a non-zero number of retry passes.

ddrescueを使用するためのその他のソースを以下に示します。


編集する

HDD自体に時間がかかりすぎる場合は、[〜#〜] tler [〜#〜][〜#〜] t [〜# 〜] ime [〜#〜] l [〜#〜] imited [〜#〜] e [〜#〜] rror [〜 #〜] r [〜#〜] ecovery)または[〜#〜] cctl [〜#〜][〜#〜] c [〜#〜] ommand [〜#〜] c [〜#〜] ompletion [〜#〜] t [〜#〜] ime [〜#〜] l [〜#〜] imit)。すべてのHDDに搭載されているわけではありませんが、HDDコントローラー自体の時間を制限するために使用できます。もちろん、このアプローチはddrecueの使用と組み合わせることができます。

Linuxにはsmartctlというツールがあります(smartmontoolsパッケージ内)。

現在の設定を確認するには(「無効」は時間を無制限にすることを意味しますが、これは望ましくありません)。

# smartctl -l scterc /dev/sda

これを固定値に設定するには(この例では5.0秒。0に設定するとTLERが無効になります):

# smartctl -l scterc,50,50 /dev/sda

TLERのソース: http://en.wikipedia.org/wiki/TLER

29
Slizzered

このソフトウェアを使用すると、他の方法では読み取り不可能なディスクから良い結果が得られました。

http://www.cgsecurity.org/wiki/TestDisk

この次のものもしっかりした回復ツールです。ファイルテーブルが壊れていたり、削除されていても、ファイルを取得できます。それはいまいましい優れた法医学ツールです。本当に整理されていない方法でダンプしますが、すべてのデータを移動できます。

http://www.cgsecurity.org/wiki/PhotoRec

2
fu9ar

ディスクをレスキューするための迅速かつ迅速なオプションとして、shスクリプトファイルを使用して、shでファイルを実行できます。この行が含まれています。Sudo ddrescuesleep 3をあと数回繰り返すだけです。スリープは、ドライブを数秒休止させるために使用されます。

#! /bin/sh -e 
Sudo ddrescue -d -r0 -e +0 -T 1s -n /dev/drivepartition file.img log.logfile 
sleep 3

上記で使用したオプション:

  • -r0:再試行なし
  • -e +0:最初のエラーで終了
  • -T 1s:1秒の読み取り失敗で終了
  • -d:直接I/O
  • -n:削り取りなし

オプション-Rを使用して、終了後に-Aを1回使用できます。これにより、すべてのエラーサイズが元に戻されて削除され、逆方向に再び開始されます。エラーを別の方法で読み取ることを意味します。

2
Dealazer

あなたのハードドライブのサイズとそれが持っている多くの不良ブロックに依存します。 DD a 1 tera health hdを使用してバックアップするには、通常20分かかります。不良ブロックで今朝回復したばかりで、2倍の時間がかかった。約30個の不良ブロックがある複製(ディスクのバックアップ)で問題が発生していました。私が最初に行ったことは、通常のFilezillaを使用してファイルをバックアップし、すべての適切なデータをバックアップすることです。 1つの大きなファイルが正しくコピーされていないことに気付きました(途中で停止して転送を再開します)。幸い、同じファイルの以前のバックアップがあります。ディスクを複製するには、次の手順を使用してディスク上の不良ブロックを見つける必要がありました。

まず、fdisk -lを使用して、HD情報を特定する問題のあるディスクを見つけます。

2つ目は、ディスクが/ dev/sdbだとすると、コマンドbadblocks -v/devを実行する必要があります/ sdbドライブ上のすべての不良ブロックを一覧表示します。幸いにもいくつかあります。不良ブロックが見つからない場合は、ドライブブロックに問題はなく、他の問題を解決する必要があります。私のブロックサイズは512なので、DDを実行するためにそのデフォルトの数を使用します

3番目の各ブロックは512サイズなので、bs = 512を設定します

いつものようにDDを定期的に実行するたびに、エラー後、データが破損して出力されます。それで、ページで説明されているようにパラメーターを使用します https://www.gnu.org/software/coreutils/manual/html_node/dd-invocation.html 「障害のあるディスク用」の部分を検索します。

dd if=/dev/sdb of=/dev/sda bs=512 conv=noerror,sync iflag=fullblock 

少し時間がかかりました。不良ブロックが発生するたびに、障害のあるドライブを叩いたような音がしました。それはブロックごとにコピーします、そして私のすべての悪いブロックを通して同じノイズを作りました。ノイズを発生させた回数は、別の不良ブロックが見つかり、表示エラーメッセージが表示されたためです。 'conv = noerror、sync'が行うことは、不正な読み取りにNULを埋め込むことですが、 'iflag = fullblock 'は短時間の読み取りに対応しますが、最後までデータを同期し続けます。破損はまったくなく、障害のあるブロックをコピーせず、空のNULで埋めます。

DDでのコピーが完了したら、その不良ファイルを置き換えるだけで、Filezillaを過去のバックアップから戻し、すべてが正常に機能しました。これが、障害のあるドライブをバックアップしようとする他のユーザーに役立つことを願っています。

注:私の悪いブロックはお互いにかなり近いところにあります。不良が検出されたグループで一度に約4ブロック。ブロックがディスク全体にある場合、いくつかのファイルが影響を受ける可能性があります。幸い、私の場合、大きなデータベースの4GBファイルのみが影響を受けました。

0
Luis H Cabrejo