it-swarm-ja.com

再接続できるXserver

screenのようなものを探していますが、Xは?

「X--reconnectremote_server:11」のようなことをして、以前に実行されていたすべてのプログラムがまだそこにある状態で、既存のXセッションに再接続したときの状況を想像します。

このようなものはありますか?プラットフォーム:Linux。

5
user7385

Xvnc!現在、ヘッドレスホームサーバーでXvncサーバーを実行しています。サーバーを正しく実行するためにログインマネージャーの設定を編集する必要がありましたが、それは機能し、1)ユーザーログインプロンプトと2)再接続可能なセッションの両方を提供します。グラフィックハードウェアへの直接アクセスを提供しないので、ハードウェアアクセラレーションを利用できず、XDMCPまたはローカルコンソールログインも提供しません(私の知る限りでは)。ただし、リモート専用のXサーバーには理想的です。

典型的なUbuntuデスクトップインストールでは、GNOMEには再接続可能なリモートデスクトップを提供するVinoと呼ばれるVNCサーバーが事前構成されていますが、アクティブ化するにはコンソールにログインする必要があります(Vinoはgdmで実行されないため、実行されません)ログインプロンプトを提供します)。 GNOMEの「リモートデスクトップ」設定でVinoを有効にできます。

典型的なX/XDMCPセッションはこの機能を提供しませんが、 NoMachine NX もあなたが探しているものを有効にするかもしれません。 x11vncを使用して、すでに実行中のリモートXセッション(Vinoと同様)にアクセスすることもできます。

3
quack quixote

間違いなく、マニュアルページからの抜粋であるxpraが必要です。

   xpra - viewer for remote, persistent X applications

   Xpra is a tool which allows you to run X programs — usually on a remote Host — and then direct their display to your local machine, disconnect from these pro‐
   grams, and reconnect from the same or another machine, all without losing any state.  It differs from standard X forwarding in that  it  allows  disconnection
   and  reconnection  without  disrupting  the forwarded application; it differs from VNC and similar remote display technologies in that xpra is rootless: i.e.,
   applications forwarded by xpra appear on your desktop as normal windows managed by your window manager, rather than being all "trapped  in  a  box  together".
   Xpra  also  uses  a  custom  protocol that is self-tuning and relatively latency-insensitive, and thus is usable over network connections that are too slow or
   unreliable for standard X forwarding.
3
amized