it-swarm-ja.com

同じマウントでのみrsync再帰的

うまくいけば、この簡単な質問には簡単な答えがあります。

-rオプションを使用してrsyncを再帰的に実行しますが、別のマウントポイント(ファイルシステム)に移動しません。つまり、-mountオプションにfindコマンドを付けると、1つのマニュアルページでと表示されます。 。 -xdevの代替名。他のいくつかのバージョンのfindとの互換性のため。 "

21
danorton

-xxオプション:

-x、--one-file-system
これは、再帰的にファイルシステムの境界を越えないようにrsyncに指示します。これは、ユーザーが複数のファイルシステムからコピーするアイテムを指定する機能を制限するものではなく、ユーザーが指定した各ディレクトリの階層を通るrsyncの再帰と、削除中の受信側での類似の再帰です。また、rsyncは同じデバイスへのlqbindrqマウントを同じファイルシステム上にあるものとして扱うことに注意してください。

このオプションが繰り返される場合、rsyncはすべてのマウントポイントディレクトリをコピーから除外します。それ以外の場合は、検出される各マウントポイントに空のディレクトリが含まれます(マウントされたディレクトリの属性を使用するため、基になるマウントポイントディレクトリにアクセスできません)。

私が言う理由-xxは、太字のセクションが原因です(強調が追加されています)。

29
nerdwaller