it-swarm-ja.com

起動時にラップトップモニターを無効にしますか?

Ubuntu(グラフィカルデスクトップなし)を搭載したラップトップを使用してすべての作業を行っています。解像度はひどい、1024x576かそれに類似したものです。だから私は私のラップトップのふたを閉じて外付けモニターに差し込むだけですが、外付けのものはフルサイズまで伸びているようには見えません。

これは、ラップトップの蓋が閉じている場合でも、ラップトップのモニターが常に有効になっているためです。その結果、外部モニターがフルサイズを想定することはなく、1024x576より高い解像度を使用するようにGRUBを設定すると、外部画面はそれを無視します。

GRUBでノートパソコンの画面を無効にしたり、プライマリ画面として使用する画面を指定したりする方法はありますか? Googleを試しましたが、何も表示されません。

(コンピューターは、役立つとすれば、Lenovo S10eです。)

6
Joshua Merriman

私はなんとか問題の修正を見つけました。これを/etc/default/grubファイルに追加しただけです。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="<default paramaters> video=LVDS-1:d"

次に、良いol 'fashin update-grubを行いました。

これにより、起動時にラップトップのLCD=が無効になり、外付けモニターが自動的に解像度を設定できるようになり、問題なく動作しました。

9
Joshua Merriman

Ifカーネルでi915ドライバーが有効になっている場合、以下(ArchLinux Wikiから引用し、次にnouveau wikiから引用)が役立つ場合があります。

基本的に、dオプション(以下のパラメーター形式を参照)を使用してvideo=...パラメーターをgrubに追加し、内部モニター(<conn>オプションに必要な名前になっている可能性がある名前)を無効にして試すことができますカーネルの起動時に使用可能なオプションを表示する必要があるシステムログから検索します。ディストリビューションに/var/log/dmesgがある場合は、以前の起動からの情報がまだ利用できる場合があります。grep i915 /var/log/dmesg*を試して投稿してください。ここに。

https://wiki.archlinux.org/index.php/Kernel_Mode_Setting

カーネルコマンドラインでモードを強制できます。残念ながら、コマンドラインオプションのビデオは、DRMケースでは不十分に文書化されています。それを使用する方法についてのビットとピースはで見つけることができます

http://cgit.freedesktop.org/nouveau/linux-2.6/tree/Documentation/fb/modedb.txt
http://cgit.freedesktop.org/nouveau/linux-2.6/tree/drivers/gpu/drm/drm_fb_helper.c

形式は次のとおりです。

video=<conn>:<xres>x<yres>[M][R][-<bpp>][@<refresh>][i][m][eDd]

<conn>: Connector, e.g. DVI-I-1, see your kernel log.
<xres> x <yres>: resolution
M: compute a CVT mode?
R: reduced blanking?
-<bpp>: color depth
@<refresh>: refresh rate
i: interlaced (non-CVT mode)
m: margins?
e: output forced to on
d: output forced to off
D: digital output forced to on (e.g. DVI-I connector) 

たとえば、「ビデオ」を数回使用して、複数の出力のモードをオーバーライドして、DVIを85 Hzで1024x768に強制し、TV出力をオフにすることができます。

video=DVI-I-1:[email protected] video=TV-1:d

7
zagrimsan

私が残したコメントは私を 検索グーグル に導きました、そしてあなたが言ったように、私がたくさんの結果を得たので、問題はそれほど珍しいようには見えませんでした(それであなたはちょっと怠惰すぎたかもしれません: )))

それにもかかわらず、 this リンクは、トリックを実行する可能性のあるbashスクリプトを示しています。

#!/bin/sh
echo "Turn on: 1\nTurn off: 2"
read option
if [ $option = 1 ];
then xrandr --output DFP2 --auto --left-of DFP1
Elif [ $option = 2 ];
then xrandr --output DFP2 --off
fi

リンクのコメントとして、DFP1およびDFP2はシステムによって変わる可能性があるため、最初にxrandrをクエリすると、現在使用しているディスプレイの名前が表示されます。次に、必要に応じてスクリプトを調整します。

起動時にこれを実行できると思いますので、私が言ったように、必要に応じて適応してください。

0