it-swarm-ja.com

電源マネージャーの通知が絶え間なく繰り返される...電源の問題?

ラップトップを接続しました。

Xfceパワーマネージャーは、「バッテリーが充電中です」、「バッテリーが完全に充電されています」、「バッテリーが完全に充電されています」、「バッテリーが完全に充電されています」、「バッテリーが充電されています」、「完全充電済み」...など.

これはこれまでに起こったことはありません。最も可能性の高い説明は、電力が低下し続ける原因となるいくつかの短絡があるということです。接続の緩みや電源の問題を認識していません。今まで座ったことのないカフェに座っています。はっきりとは言えません。

しかし、電源が接続している外部CD-ROMに問題を引き起こしているようで、検出されましたが、アクセスできません。

$ dmesg | grep -A8 CD-ROM

[489746.787279] scsi 6:0:0:0: CD-ROM            HL-DT-ST DVDRAM GSA-E50N  WE01 PQ: 0 ANSI: 0 
[489746.791566] sr 6:0:0:0: Power-on or device reset occurred 
[489746.798278] sr 6:0:0:0: [sr0] scsi3-mmc drive: 24x/24x writer dvd-ram cd/rw xa/form2 cdda tray 
[489746.798282] cdrom: Uniform CD-ROM driver Revision: 3.20
[489746.799011] sr 6:0:0:0: Attached scsi CD-ROM sr0 
[489746.799143] sr 6:0:0:0: Attached scsi generic sg2 type 5 
[497069.177613] usb 1-1.2: USB disconnect, device number 8 

... 

[507992.493503] scsi 6:0:0:0: CD-ROM            HL-DT-ST DVDRAM GSA-E50N  WE01 PQ: 0 ANSI: 0 
[507992.497192] sr 6:0:0:0: Power-on or device reset occurred 

... 

[508992.012175] scsi 6:0:0:0: CD-ROM            HL-DT-ST DVDRAM GSA-E50N  WE01 PQ: 0 ANSI: 0 
[508992.020448] sr 6:0:0:0: [sr0] scsi3-mmc drive: 24x/24x writer dvd-ram cd/rw xa/form2 cdda tray 
[508992.020684] sr 6:0:0:0: Attached scsi CD-ROM sr0 
[508992.020829] sr 6:0:0:0: Attached scsi generic sg2 type 5 

... 

[509302.497990] scsi 6:0:0:0: CD-ROM            HL-DT-ST DVDRAM GSA-E50N  WE01 PQ: 0 ANSI: 0 
[509302.501631] sr 6:0:0:0: Power-on or device reset occurred

どうすれば問題を診断できますか?

更新:

私はその特定のカフェのその特定の場所に戻っていません。そして、問題は繰り返されたことがありません。私は前にそれを持っていませんでした。それ以来、私はそれを持っていません。したがって、電源に問題があるように見えます。その場合、Nathaniel M. Beaverによるコメントで与えられた一時的な修正により、問題が解決されます。

1
markling

通知を無効にしたいだけの場合は、これでうまくいきます。

$ xfconf-query --channel xfce4-power-manager --property /xfce4-power-manager/general-notification --set false

GUIを使用してこれを行うこともできます [外観]の下の[通知を表示する]チェックボックスを切り替えます。

Xfce Power Manager Power manager settings

外観

通知の表示をチェックすることにより、プラグの抜き差しやバッテリーの低下などのイベントの情報ポップアップを有効にします。

https://docs.xfce.org/xfce/xfce4-power-manager/1.4/preferences

バッテリー低下の警告を含むすべての通知が無効になることに注意してください。

当時、バッテリー容量の減少と 充電しきい値 の相互作用に関係があるのではないかと思いました。リチウムイオン電池は時間の経過とともに容量を失うため、電池の寿命のある時点で、充電しきい値がエッジで正しくなり、容量が範囲外になるほど低下するまで通知が急増します。バッテリーの最後のフル充電は、設計容量の95.10%でした。

$ acpitool -B
  Battery #1     : present
    Remaining capacity : unknown, 98.58%, 00:02:27
    Design capacity    : 5200 mA
    Last full capacity : 4945 mA, 95.10% of design capacity
    Capacity loss      : 4.904%
    Present rate       : 1707 mA
    Charging state     : Charging
    Battery type       : Li-ion 
    Model number       : 45N1005
    Serial number      : 35581

これは疑わしいことに95%に近いように見えました。

XFCEバグトラッカーには修正について説明している バグレポート があります。

注:120秒の「フラップタイマー」を実装しました。これは、バッテリーの満充電/充電/放電に関する通知の1つが発生するたびにリセットされ、他のタイプの通知は通常どおり表示されます。

また、フラッピングが停止するとシステムが安定する最後の充電状態が表示されない場合があります。タイマーが設定されてからフラッピングが停止した場合、通知が抑制されるたびにイベントコールバックタイマーを設定して、最終的に「最終状態」を表示するのは簡単です。

(これを見つけるのは少し難しかったです。 Bugzillaのrobots.txtは検索エンジンによるインデックス作成を許可していません 。)

リンクされたパッチ は、問題が本質的に単なる「デバウンス」問題であり、充電が99%から100%の間でバウンスすることを示しています。

充電/放電通知のフラッピング防止

ラップトップにフラッピング抑制を追加しました。これは、99%から100%の間で継続的に戻り、1分間に何度も通知が発生するまで、充電/放電/完全充電のメッセージで画面をスパムします。

https://github.com/acidtonic/xfce4-power-manager/commit/d26e066d687e521836f56d7e2b9c6dc1d79c15a9

残念ながら、パッチの日付は2017年であり、XFCEメンテナはまだそれをマージしていません。念のため、 公式のgitリポジトリ を確認しました。

バグレポートは2016年に公開されましたが、これは最近の問題ではないことに注意してください。後世のために、このバグを時系列で説明している人々を見つけることができた例を次に示します。

2010年のArch Linuxフォーラム投稿

Xfceに問題があります。私はArchをIBMt61にインストールしましたが、すべてがうまく機能しているようです。

現在、ラップトップが接続されている場合、「バッテリーが充電中」のバブル/チップが右隅で点滅し続けます。また、このラップトップでは、xfce4-power-managerに向かうと、ふたが閉じて電源ボタンのオプションが灰色で表示されます。

2012年のUbuntuフォーラム投稿

電源マネージャー/バッテリーは、ラップトップのバッテリーが充電中であることを通知する通知をポップアップし続け、1秒後に完全に充電されたことを通知します。しかし、私は電源を抜いておらず、Ubuntuでこの問題が発生したことはありません。

2015年のDebianバグレポート

xfce4-power-manager:バッテリー充電/バッテリーフルポップアップメッセージの無限ループ

[。 。 。 ]

パッケージ:xfce4-power-manager

バージョン:1.4.1-2

[。 。 。 ]

  • 何が原因でしたか?

システムにログインします。

  • この行動の結果はどうでしたか?

バッテリーがいっぱいです/バッテリーが充電中ですポップアップが繰り返し吐き気を繰り返します

  • 代わりにどのような結果を期待しましたか?

私はA/C電源を使用しているので、バッテリーは充電されたままになります。

2016年のManjaro Linux投稿

まず、Manjaro xfce 16.06CD2を使用します。

電源マネージャーが表示されます。バッテリーが充電中です>> <<バッテリーが完全に充電されています。

この2つの通知は、バッテリーがいっぱいになると継続して表示されます。しかし、私のバッテリーはボトルなので、電力供給から切り離すことができません。

2016年のXFCEバグトラッカーに関するバグレポート

バッテリー充電/完全充電通知スパム

[。 。 。 ]

1.4.4および1.6.0にバグが表示されます:xubuntu 15.10を搭載したラップトップ(lenovo thinkpad X230)が最近発生し始めており、何が変更の原因かわかりません。

バッテリーを接続すると、バッテリーが完全に充電されます。電源マネージャーに「バッテリーが完全に充電されました」という通知が表示され、すぐに「バッテリーが充電されています」という通知が表示されます。毎秒。

2018年のReddit投稿(r/thinkpad)

ACとバッテリー電源の間のT410サイクルを100%で接続しましたか?

このT410をeBayで入手しました...

i5-520m、nVidiaグラフィックス、6 GB RAM、255 GB SSD、9セルバッテリー(オリジナル、約2時間持続)、90W充電器

...しかし、それは力に問題があります。これは、バッテリーが100%まで充電され、放電を開始してから、数秒ごとに完全に充電されるようなものです。 Xfce電源マネージャーは、現在のステータスを毎秒通知します:「バッテリーは充電中です」>「バッテリーは完全に充電されています」。 Ubuntuのバグかもしれないと思いましたが、スリープ状態でも動作します(背面のバッテリーLEDも同じように数秒ごとに点滅します)。バッテリーまたは電源装置の交換を懇願していますか?ソフトウェアで修正できますか?電源マネージャーの通知を無効にすることもできますが、それはバンドエイドのように感じます。

2019年からのManjaro Linuxの投稿

バッテリーの充電が終了した後、Power Managerが数秒ごとに「バッテリーが完全に充電されました」と「バッテリーが充電されています」と常に通知するのは正常ですか?

他に問題がある場合に備えて通知をオフにする前に、何も問題がないことを再確認したかっただけです。ありがとう。

1