it-swarm-ja.com

3秒間操作がないと、USBマウスが停止するのはなぜですか?

接続、カーソル移動、ホイール停止後3秒後にマウス下部のLEDが消灯します。いずれかのボタンを押したり、USBデバイスを再接続またはリセットしたりすると、さらに3秒間再開されます(ボタンを押して再開した場合、このイベントはXに進みません)。

これは、USBポートのいずれかを使用している場合に発生します。このマウスは、Linuxを搭載した他のコンピューターで正常に動作します。以前はうまく機能していました。

なぜそれが起こるのですか?それを修正する方法は?

更新:ラップトップがバッテリーに接続されている場合にのみ発生します。

回答:これは、laptop-mode-toolsによって行われる省電力が原因です。省電力を一時的にオフにするには、

for i in /sys/bus/usb/devices/*/power/control; do echo on > $i; done
13
Vi.

これはラップトップモードに関連する非常に古い質問ですが、解決策を投稿します。

Ubuntu 14.04では/etc/laptop-mode/conf.d/usb-autosuspend.confを編集し、この行をブラックリストusbhidに変更しました。

# The list of USB driver types that should not use autosuspend.  The driver
# type is given by "DRIVER=..." in a USB device's uevent file.
# Example: AUTOSUSPEND_USBID_BLACKLIST="usbhid usb-storage"
## Old value: AUTOSUSPEND_USBTYPE_BLACKLIST=""
AUTOSUSPEND_USBTYPE_BLACKLIST="usbhid"

Ubuntu 12.04では、/etc/laptop-mode/conf.d/runtime-pm.confを編集し、この行をブラックリストusbhidに変更する必要があります。

# The list of device driver types that should use autosuspend.  The driver
# type is given by "DRIVER=..." in a device's uevent file.
# Example: AUTOSUSPEND_DEVTYPE_WHITELIST="usbhid usb-storage"
## Old value: AUTOSUSPEND_RUNTIME_DEVTYPE_WHITELIST=""
AUTOSUSPEND_RUNTIME_DEVTYPE_WHITELIST="usbhid"

usb-storageをブラックリストに登録することもできます!また、IDでデバイスをブラックリストに登録することもできます(Ubuntu 12.04ではAUTOSUSPEND_RUNTIME_DEVID_WHITELIST、Ubuntu 14.04ではAUTOSUSPEND_USBID_BLACKLIST)。

次に、変更を有効にするためにラップトップモードを再起動する必要があります。

Sudo /etc/init.d/laptop-mode restart

そして、マウスを再接続します。マウスが再び停止することはありません。

これは、職場(ubuntu 12.04)と自宅(ubuntu 14.04)で機能します。

それが役に立てば幸い :)

5
OscarGarcia

私は完璧な解決策を持っています!

場合

for i in /sys/bus/usb/devices/*/power/control; do echo on > $i; done

あなたのために働きますが、一度だけ、編集/etc/laptop-mode/conf.d/usb-autosuspend.conf 交換する :

CONTROL_USB_AUTOSUSPEND="auto"

沿って

CONTROL_USB_AUTOSUSPEND=0

わたしにはできる。

11
Léo

これは、バッテリーを節約するために、ワイヤレスになった後のすべてのマウスの通常の動作です。サードパーティのソフトウェアが同梱されている場合は、調整できます。

0
siesta