it-swarm-ja.com

Azure VM(OpenLogic CentOS 6.3):カーネルヘッダーなし

Windows Azure(Openlogic CentOS 6.3-1つの事前定義されたイメージ)でVM)をセットアップしました。

問題は、kernel-headersパッケージが表示されず、インストールできないことです(yumでは問題ありません)。したがって、それに依存するものもインストールできません。

上記のタイプのAzureVMの既知の問題はありますか?

ありがとう。

5

OpenLogicの担当者は、このような場合、特定のパッケージを強制的にインストールするために、このようなものを実行する必要があることを確認しました。

Sudo yum --disableexcludes = main install kernel-headers-2.6.32-279.14.1.el6.openlogic.x86_64

これが、標準パッケージが「欠落している」(実際には、特定のリポジトリ/ yum設定によってインストールされない)と感じる他の人々に役立つことを願っています。

7

カーネルヘッダーパッケージは、すべてのSRPMSとともに、CentOS6.3ギャラリーイメージで提供される「openlogic」という名前のOpenLogicリポジトリで提供されます。

これらは、次のコマンドを使用してインストールできます。

$ Sudo yum --disableexcludes=main install kernel-headers-2.6.32-279.14.1.el6.openlogic.x86_64

リリースの観点からは、CentOS6.3はRHEL6.3のダウンストリームに存在するため、更新はその一般的なパスに従います。カーネル2.6.32-279で、Hyper-VおよびWindowsAzureの一部の機能を妨げるata_piixドライバーのバグが発見されました。このバグはアップストリームにパッチが適用され、後のカーネルストリームでリリースされました。ただし、これらの新しいカーネルは、RHEL6.4からCentOS6.4のカーネルストリームでのみ利用可能でした。 OpenLogicは、カーネル2.6.32-279で動作するように移植されたパッチを取得し、それらをカーネルに手動で適用しました。

OpenLogicは、パッケージの使用またはインストールを除外または防止する意図はありません。 yum構成で設定される「exclude = kernel- *」パラメーターは、エンドユーザーが提供されたパッチ適用済みカーネルを超えて無意識に更新し、既知のata_piixドライバーの問題を再導入するリスクを軽減するための一時的な修正としてのみ意図されています。これを行うと、WindowsAzureインスタンスが機能しなくなる可能性があります。

修正されたドライバーが最終的にメインリポジトリにフィルターダウンされるとすぐに、OpenLogicはカーネルの除外を削除します。

3

あなたがしようとすることができるのは、関連するインストールです kernel-headers-VERSION.el6.x86_64.rpm 別の信頼できるCentOSリポジトリソースからのパッケージ。

たとえば、必要なRPMパッケージを http://rpm.pbone.net/ で検索し、そこからrpm -ivh http:// pathを使用してダウンロードしてインストールします。 to.repo /kernel-headers-VERSION.el6.x86_64.rpm

0
Arturs Polis

Windows Azure OSイメージギャラリーでは、CentOSイメージにカーネルヘッダーパッケージが含まれていません。カーネルヘッダーパッケージが必要な場合は、独自のCentOSイメージVHDをローカルで作成し、必要なものをすべてインストールしてから、Azureにデプロイすることをお勧めします。 VHDがデプロイされたら、VHDからAzure VM)を作成します。これにより、ニーズが満たされます。

0
AvkashChauhan